いい湯・ば・ら♪   

2009年 09月 03日

夏の終わりに温泉でリフレッシュ♪
今回のチョイスは湯原温泉です。ちょっとした縁で安く泊まれる宿があったもので…。
rinを連れていては温泉に浸かるのもままならんだろうということで、ina父を増員。既に立派なジジイだけど、戦力にはなるでしょう(笑)。
孫の世話というと、喜んでついてきました。

いきなり宿を目指すのも味気ないので、早めに家を出て「ドイツの森」というところに寄ってみました。場所は岡山国際サーキットと湯郷温泉との中間地点から西へ20kmほど行ったあたりかな。当日は日曜だったので最も近い山陽道・山陽ICまで行き、そこから30分ほど県道を北上して到着。

c0193648_10211285.jpg


スキー場ぐらいの広大な敷地がいくつかのエリアに分けられていて、一日たっぷり過ごしても楽しそうなところでした。ドッグランもあるので、子連れと同じぐらい犬連れが訪れてましたね。
ウサギやヤギなどの動物たちと触れ合えるところもあって、子どもたちで賑わっておりました。でもね、rinは動物が怖いみたい。何を見せても「くぅわい、くぅわい!」と言ってしがみついてきます。だって綺麗なアゲハチョウでも逃げてくるんだから…(笑)。
ま、これも物事が正確に認識できている証拠だと肯定的に受け止めています。見たこともない生き物をワケも分からんままに無防備に触りに行くほうがよっぽどアタマが悪い(爆)。

そんなこんなで、ひとしきり遊んだあとは、いよいよ湯原温泉へ。
今回宿泊したのは「湯の蔵つるや」というお宿。部屋などの施設はそれなりですが、スタッフのもてなしは気持ちの良い宿でした。

c0193648_10291996.jpg


中庭の眺め。もとは酒蔵だったのを改装したそうです。

湯原温泉といえば、ゴルフ好きのオヤジがプレーのついでに寄るところぐらいに思ってましたが、なかなかどうして、良いお湯でした。見た目はあっさり系の重曹泉ですが、湯上り後もいつまでもポカポカと温かく、お肌もつるつるになります。子宝と美人の湯というのは本当ですね。

高速道路がすぐ近くまで通っているとはいえ、やや辺鄙な場所がらか適度にひなびた感じが漂っているのも好印象です。人が少なくてお湯が良いというのは温泉好きにはたまらんです。

湯原に来たからには「西の横綱」との称号を得るきっかけになった、混浴露天風呂「砂湯」に行かねばなりますまい。子連れで夜は危ないので朝飯前に一風呂浴びることにしました。

rinに掛け湯をしてやって、抱きかかえながら入ろうとしたら………
岩に足を滑らせて抱っこしたまま転倒。

大事な息子(自分のじゃないよ…笑)が岩に頭をぶつけないように身を挺して支えたつもり。でも、とっさのことでどうなったかは正確には分からない。ひたすら泣きじゃくるrin。とりあえず外傷はなさそう。いなぞうは擦り傷と打撲が全身のいたるところにありましたが、そのときは気づいてませんでした。

結局は湯には浸かれないまま撤収。見た目はなんともなくても脳内出血などしていたらどうしよう!? と気が気ではありません。この後しばらくは、ちょっと泣いたり、眠たそうにボーッとしていても気になる始末で、旅気分は吹き飛んでしまいました。ものの本によると「打撲後48時間は様子を見守るべし」とのこと。一応の目安の時間を過ぎて異常は見られないので大丈夫なのでしょう。それまではブログを書く気も起こらなかったのね。


そんなこんなで、まっすぐ帰るか? との考えも浮かびましたが、見た目は大丈夫そうなので予定通り蒜山高原へと。
涼しくて快適な道が続くところでしたね。エリーゼで走ればもっと楽しいだろうと思いながら運転しておりました。エリーゼで早朝に出発すればギリギリ日帰り圏内ですが、今度みんなで行ってみる? 行きたいという人が数名でもいれば検討してみましょう。

旅の最後の昼食は道の駅で情報をゲットしたこれ。

c0193648_1114052.jpg


ご当地グルメ「蒜山焼きそば」です。
普通の焼きそばとはソースが違うのです。イメージとしては鈴鹿名物「亀八食堂」の味噌ダレをもう少しあっさり目に仕立てたソースという感じでしょうか。とにかくビールか焼酎が飲みたくなる味です(爆)。
一人前500円(写真は3人前)というのは安い! もともとは余り物で作ったまかない料理のようですが、こういうのがホントに美味いのですよね♪
これはお薦めです。道の駅に地図が載ったチラシがあります。お店は何軒もあるみたいなので、みんなでハシゴするのもアリかも…。いなぞうたちが行った店はジモピーしか行かないような汚い店でした(笑)。


というわけで、今年の夏もホントに終わり。
早くも忙しい季節がまたまたやってきたのでありました。
[PR]

by ina-elise | 2009-09-03 11:17 | | Comments(6)

Commented by K4 at 2009-09-03 12:44 x
湯原温泉には、公衆浴場もあるので、たまに行きます。
湯原温泉の手前に足(たる)温泉というのがあって、倉敷から、自転車でたまに行きます。
でも、往復で160km以上になるので、気合いが必要ですけど・・・(笑
Commented by shiro at 2009-09-03 16:35 x
いろんな意味で奇遇ですのでコメント書いちゃいました。

土曜日に日帰りで友人とバイクで砂湯へ初めて行きました。
同じく湯に入った最初の一歩目の足場の岩の苔?に
足を滑らせて頭からダイブ。

どうやら、初めての人は頭からダイブして入浴するのが、
習わしの温泉のようです。
脱衣所の看板に書いてあったりして(爆
Commented by ina-elise at 2009-09-05 00:14
k4さん
下湯原ってとこですね。
あのあたりも走って気持ちの良いところだから、居るだろうなと思ってたらやっぱり居ましたローディ。
往復で160kmとなると、温泉効果はゼロですね(笑
Commented by ina-elise at 2009-09-05 00:17
shiroさん
ホント奇遇ですね(笑
一人だけならダイブで笑って済ませられるけど、子どもを抱えていると慌てました。
幸い被害はオイラの擦り傷とメガネの破損で済みました。
でも、まだ足の傷がズキズキと痛いのよね…。

奇遇なときだけでなく、ちょっとしたことでもコメント書いてくださいね♪
Commented by ひろ at 2009-09-06 01:28 x
ありゃま タイヘンでしたね
混浴は深夜にこっそり行かれるのがよいです。
蒜山は毎年ジンギスカンツーリングに楽しいところですが
焼きそばがアツイとは!
Commented by ina-elise at 2009-09-07 22:26
ひろさん
はい、タイヘンでした。
子どもが居ると何かと制約が多くてね…。

蒜山焼きそばアツイっすよ♪
チラシの情報では十軒ほどの店がラインナップされてました。
ぜひお試しあれ!

<< お知恵を拝借 心配事 >>