カキオコ考   

2012年 02月 05日

一回食べたぐらいで語ってたら、カキオコ通の失笑を買いそうですが、感想を述べるのに一回も百回も関係ありません。

と、開き直ったところで…


まず、カキよりオコの話から。
岡山のというか日生のお好み焼きは大阪と広島の折衷なんですね。これも一回(二軒)を食べ歩いただけで断言していいのか自信がありませんが、たぶん合ってると思います。
どういったらいいのかな、焼き方は広島風で具材と食感は大阪に近いという感じかな。

いわゆる大阪のお好み焼きとの違いは粉の量です。生地の味わいを楽しむのが大阪のお好み焼きで、野菜の甘みを楽しむのが広島のお好み焼きだと思うのね。オイラは、こてこての大阪人だから生地を味わいたい。広島焼きは人気の店をかなり食べ歩きましたが、結局どこも大差はなく、違いはソースの味だけではないのかな。
だから広島焼きはどれもあんまり美味いと思ったことがないのです。少なくとも広島でゼニを払って食ったお好み焼きより、我が家で焼くお好み焼きのほうが断然美味い。でも大阪には家より美味いお好み焼きを食わせる店はいくらでもあります。
ソースが決め手とはよく言うけど、それは素材の味を引き立たせるためのものであって、素材の味のなさを誤魔化すためのものではないでしょう。
ああ、広島人にケンカ売ってもた…(笑)。

って、いきなり脱線やん。

話を元にもどすと、カキオコでオコがホントに美味い店はどこなんだろうというのが、ただいまの興味なのです。昨日行った二軒でオコの味だけを比べるなら「ほり」のほうが美味かったです。一軒目で腹が減ってたこともあるかも知れないですけど…。

カキの美味さは絶品です。だったらオコが美味ければもっと美味しくなると思うのです。大阪風のふんわりさくさくの生地に、あの新鮮でぷりぷりのカキを包み込んで…。
ああ、想像しただけで涎がでます(笑)。

よく考えたら大阪には昔からカキ入りお好み焼きはあります。「カキオコ」と呼んでいないだけで…。
ただ、ガキの頃から食ってたカキ入りお好み焼きはカキそのものが大して美味くなかったのです。だからオイラはあんまり食べたことがない。


結論は大阪のお好み焼きに日生のカキを入れて焼くのが、オイラにとっては最高のカキオコということになりそうです。今度美味しいカキを日生か坂越で買ってきて、家でお好み焼きにして食ってみようかな。


せっかくの美味いカキをお好みなんかにしたらもったいないとか言って、ポン酢に七味で酒呑んでそうな気もするなあ…(爆)。


c0193648_093755.jpg

[PR]

by ina-elise | 2012-02-05 00:13 | グルメ | Comments(0)

<< こなれてきたのか… 狙い通り! >>