怒濤のハーフ2連戦   

2016年 12月 11日

先週は三木でハーフ、今週は亀岡。怒濤の2連戦なのである。

保津川の広い河川敷にクルマを停めて、シャトルバスで会場入り。三木もそうだったが、郊外の大会は、このスタイルがありがたい。やはり会場近くまでクルマで行けるというのは、何かと魅力的だ。

c0193648_16444084.jpg


京都を代表する、ゆるキャラたちもお出迎えしてくれた。

で、スタート。

先週が2時間をギリギリで切れなかったので、今日は2時間切りを目指してみる。気温も低くて走り頃だったので、タレるのを覚悟で序盤から1㎞5分30秒で突っ込んでみる。オイラにとって5分半は長距離を走れる限界のスピードに近い。
スタート直後から5㎞ほどダラダラと長い上りが続くが、帰りはここで楽が出来るはずと自分に言い聞かせて頑張る。頂上ゴールの山岳コースでもないかぎり、上りばかりのコースなんてないのだ。

序盤の5㎞を頑張れたのが、結果的には良かったのだが、ここから緩やかな下りでペースがさらに上がる。なんかゾーンに入った感じで、ペースをキロ5分まで上げてもしんどくない。これをランニングハイと言うのかどうか知らんが、はるかむか~し昔、オイラが高校生だった頃、これに似た状況を何度か経験したことを思い出す。その頃はペースももっと速かったけどね…。

なんやかんやで10㎞の通過が54分。これは行けるんでないの?。

最後はかなりキツくなったが、序盤に頑張って上った坂を一気に下って、キロ4分半まで上げてそのままゴール!

c0193648_1657673.jpg


なんと先週の自己ベストを更に10分以上更新できた。
ネットタイムで1時間49分台は嬉しいねえ…。

走る度にタイムを更新していくのは、エリーゼでサーキットを走り始めた頃と似ているなあ。それもはるか昔の話になってしまったけど…。

まあ、このタイムはいまの自分の限界に近いと思うので、ここからは相当トレーニングをしないとタイムを上げていくことは難しいだろう。とりあえずは、そのレベルまでは来たということで…。
これをキープしていれば、またどこかでブレークスルーがやってくるかも。

年内は、もう一発、宝塚ハーフがあるんだよなあ。無理しすぎない程度に頑張ってみよう。


そうそう、CLUB111忘年会ですが、残席は1となっております。


よろしくお願いします。
[PR]

by ina-elise | 2016-12-11 17:08 | ランニング | Comments(0)

<< 今年の締め 快走 >>