2017年 12月 10日 ( 1 )   

神戸の次は奈良   

2017年 12月 10日

神戸から中3週で奈良マラソン。実力的にはギリギリの範囲内だが、まあなんとかなるでしょうと…。
c0193648_09472461.jpg
例によって「いなぞう」ゼッケン。デザインからしてこちらが前だと思い込んでいたら、実は後ろ前だった…(笑)。
気づいたのがスタートして5㎞付近。なんか周りの人たちと違うなあと思って、シャツの首元をめくると「L」ってタグがついてた…(爆)。
その場で着替えて背中にゼッケンを背負おうかなとも思ったのだが、せっかくの名前入りゼッケンなので、恥ずかしいけどそのまま走ることにした。たぶんシャツの後ろ前なんて誰も気にしてないからね。気づく人がいるとしたら、同じペースで走り続けているランナーぐらいだろうし…。

というわけでレーススタート。

いちおう神戸で4時間15分を達成している以上、目標はサブ4。奈良はコースが厳しいことで知られるが、いまの感じなら行けるような気がしていた。入りの5㎞は混雑の中の走りで、29分。これは想定通りで、軽くウォーミングアップのつもり。このあとは順調に27分台のラップを刻む。25㎞までは完璧なサブ4ペースだ。

ったのだが…

天理教の教会本部でぜんざいをいただいたあたりから非常に体が重い。ハンガーノックというわけではないと思うのだが、エネルギー切れなのか、気持ちがポジティブな方向へ向かわない。要するに前半で実力以上に飛ばしすぎたということなのだろう。
そんな状態で30㎞手前の激坂を迎える。そら、あかんわな。この坂を歩いたら値打ちがないと自分に言い聞かせて、めちゃくちゃ遅いペースながら、なんとか走りきったが、そこで完全に足が終わっていた。

そこからの10㎞あまりは、ただの苦行でしかなかった。
ふくらはぎだけではなく、太ももやら脇腹まで、今まで経験のない部位まで痙攣し始める。三度目のフルマラソンで、初めてコース上を歩いたよ。給水で立ち止まることはあっても、コース上を歩かないというのが唯一の自慢だっのに…。

最後は残りの距離を数えて、ただただ終わりを待つ感じで、全然楽しくなかった。そんな中で、名前を呼んで励ましてくれた方々には感謝だ。後ろ前を気にせず、前にゼッケンをつけておいて良かったよ…(笑)。

ゴール付近で、3時間ちょいのタイムで早々にゴールした同僚と、応援に来てくれていた同僚の二人に励まされるものの余力はまったくなく、愛想をふりまく余裕もなかった。

ただ、そんな状態でもネットタイムで4時間26分26秒だったのは収穫か。
こうやって、サブ4.5で走り続けていれば、コンディション次第ではサブ4を達成できる日も来るのかな。少なくとも前半のペースを維持できなかったということは、現時点ではサブ4の実力はないということだ。それだけは、よ~く分かったよ。
とりあえずサブ4達成したかったら、筋トレやれっちゅうことやね…。

c0193648_09464771.jpg
このフィニッシャータオルは、今までもらったものの中で、質感もデザインも最も優れているんでないかな。
はてさて、来年のリベンジはあるのかなあ…。



[PR]

by ina-elise | 2017-12-10 17:17 | ランニング | Comments(2)