カテゴリ:グルメ( 30 )   

格闘   

2016年 05月 30日

朝のランニング中に、例の漁師からホットコール。巨タイやらなにやら釣れたらしい。もちろん、ありがたくいただく。

c0193648_014866.jpg


シンクが小さいのではない。70㎝超えの巨タイにイサキとチダイ。手前のイサキなどは、それなりのサイズなのだが、タイがデカ過ぎる。普通の家庭の台所で捌くサイズを超えてますな。捌きながら、魚専用のシンクと調理台がほしいなあと思ってみたり…。

格闘すること1時間あまり。なんとか本日分のラインナップを揃えることができた。ホントに疲れたよ。

c0193648_064334.jpg


大物のタイは素直にタイしゃぶにした。昆布とタイのあらで出汁をとったから美味かったよ。

c0193648_075379.jpg

鯛の子もイサキの真子とともにしゃぶしゃぶに。

で、本日いちばん評判が良かったのがこれ。

c0193648_09140.jpg


イサキのにぎり。
小振りのものを皮目だけ軽くあぶり、塩を添えてそのまま食べる。イサキに脂がのっているので、焼き霜にすることで、非常にバランスの良い味わいとなった。rinとinazumaがたいそう喜ぶので、追加でさらににぎることになった。料理する者としては、食べる人が喜んでくれるのがなによりだ。

c0193648_0135838.jpg


もちろん、イサキの刺身もいただいたのだが、今回はにぎりとタイしゃぶの旨味にかすんでしまった感があった。

まだ、イサキは残っているし、巨タイはアタマにカマに身も半分以上残っている。さらにチダイは手も加えていないので、明日はキズシに仕立てますか。まだまだしばらくは楽しめそうだ。

毎度のことながら、かじやんホントにアリガトね~♪
[PR]

by ina-elise | 2016-05-30 00:17 | グルメ | Comments(2)

マッサン   

2015年 02月 18日

激しくはまっているというほどではないが、時間が合えば必ず見ているマッサン。そろそろ佳境に入ってきたといっていいのかな。演出が過剰というか、あざとい気がするけど、最近のドラマはみんなこんなものか。
なによりエリー役のシャーロット・ケイト・フォックスが味のある演技をしていて非常によい。この人は、このあと日本で人気者になるだろう。

などと、ドラマの論評をする気などなかったのだった。


ドラマの中でマッサンがウイスキーのテイスティングをしているシーンを見ていると、美味しい本格的なウイスキーをストレートで呑みたくなったのね。

そこで、以前にテレビで見かけた、秩父に小さな蒸留所を構えるイチローズモルトというのを買ってみた。

c0193648_2241533.jpg


「MWR」というのは「ミズナラ・ウッド・リザーヴ」の略号だそうだ。ミズナラの樽で熟成させたピュア・モルトウイスキーといえばだいたい正しいのかな。

一時期、シングルモルトに凝って、あれこれ呑んでた時期があるのだが、なにぶん量を呑んでしまうタイプなので、こだわりだすといくらお金があっても足りなくなることに気付いてやめたの(笑)。
てなわけで、最近の家呑みウイスキーはブラックニッカだったから、それと比べると香りも味もコクもまったく違う。
まさに、ドラマの中でマッサンがよく言う「ピートを効かせた、スモーキィ・フレーバーのウイスキーなんじゃ(←見ている人は広島弁でどうぞ…笑)」なのだ。

せっかくだから「竹鶴17年」も買ってみて、呑み比べてみた。

c0193648_22552193.jpg


交互に呑むと味わいの違いがよく分かる。
それぞれに個性があって、どちらも美味しい。

でも、こんなことやってるとシングルモルトが呑みたくなるなあ…。
イチローズモルトにしてもニッカにしても、シングルモルトになると、ぐーんと値段が高くなるのよね。
誕生日にrinに買ってもらおうか…(爆)。

ああ、こんなん書いてると呑みたくなってきた。でも、ちょいと訳ありで、今週の日曜まで禁酒中なのだ。別に病気じゃないよ。
まあ、月曜に1週間分呑んだからいいだろう(爆)。
[PR]

by ina-elise | 2015-02-18 23:05 | グルメ | Comments(2)

寒チヌ   

2015年 01月 12日

有言実行の漁師からのいただきもの。
立派な寒チヌが2尾。

今日は刺身を中心にいただくことにした。

c0193648_22234584.jpg


寒チヌは脂が乗っていてホントに美味い。
美味いのは捌いているときから分かるのね。だって包丁に脂が巻いてきて、包丁を入れるたびに拭わないと上手く捌けないぐらいだもん。

で、フツーの刺身だけではなくて、焼き霜造りも作ってみた。
バーナーがあるから皮目を炙るのは簡単。
チヌは皮に力があるから、やや強めに火を入れてっと…。

これが大評判!

焼き霜を塩で食うのが最高とはinazumaの評。

明日は焼き霜を多めに作ってみよう。

でもって、本日の発見。
チヌの刺身に塩を少々つけて山葵と合わせて食べると甘味が増すのだ。
これホントに美味いですよ。
チヌを塩ワサビでどうぞ♪

たぶん鯛とかサワラとかでもいけると思う。

なんにしても、かじやん毎度ありがとう♪
今年も大漁を祈願しておりまする!


新年会のご案内はコチラ
http://inaelise.exblog.jp/23311834/
まだまだ参加者募集中です!


[PR]

by ina-elise | 2015-01-12 22:36 | グルメ | Comments(2)

天高く…その壱   

2014年 09月 16日

一週間以上も以前のことになるが、9月の第1週の土曜日に、電脳侍さんに誘われて天満まで馬肉を食いに出かけた。姫やら兄上にもお会いできて楽しかった。

c0193648_052717.jpg


「けとばし屋チャンピオン」という店。福島に本店があるらしい。
名前はけったいでも、お侍のアンテナに引っ掛かるだけのことはあって、極上の馬肉が食せた。

c0193648_0562891.jpg


c0193648_0564838.jpg


例によって食い物の写真は貧相なものしか撮れていないが、そこのところは諦めてくだされ(笑)。
一応、食う前は撮る気マンマンだったということだけは報告しておこう。
まあ、それだけ美味かったということで…。
馬も部位の呼び名は牛とほとんど同じだということは新たな発見だった。

スタッフの対応も心地よかったし、肉の美味さは文句なしだし、また行ってみようと思う。

そうそう、ビールがメチャ安いというのも特記すべき事柄か…。
店での呼び名は忘れたけどジョッキの特大(たぶん2ℓ以上入ってる)が800円ぐらいだったか。あれで日本酒のラインナップが揃っていたら、オイラとしては言うことなしなんだけど…。

なんやかんやで2時間ほどがあっという間にすぎ、腹いっぱいに♪

いやいや、ホントにいい店を教えてもらった。お侍さん、ありがとう♪
姫&兄上にもよろしく♪

でもってレポート遅れましてごめんなさい。
相変わらず忙しいのは忙しいのよ。
来年はビックリするぐらいヒマかも知らんけど…(謎爆)
[PR]

by ina-elise | 2014-09-16 01:09 | グルメ | Comments(9)

美味イカ   

2014年 08月 02日

先週の日曜のことになるが、例の漁師からイカをいただいた。
大小とりまぜて10パイほどだったか。
「サイズが小さくて…」とは漁師の言葉だが、味には関係ありませんぜ。

早速捌いて刺身とゲソは塩焼きに。

c0193648_17303547.jpg
c0193648_17304535.jpg


刺身は上手くひけてないけど…。

inazumaと二人で一口目を食べた瞬間に「美味~い♪」と同時に歓声を上げることになったのは、いとをかし。

二日目にはinazumaがちょいと工夫をして小さめのをイカ飯に仕立てておりましたな。画像がないのが残念だけど、これまた美味かったよ。

昨夜、凍らせておいた二枚を解凍して刺身でいただいて完食。

サバフグは貰った日に身欠きだけしておいたら、唐揚げにしたとかで、オイラの腹には入らなかったよ…。肝だけは日本酒とともにいただきましたけどね。

今回もすっかり堪能させていただいた。かじやん、ありがとね~♪

今週は7時すぎに家を出て、帰宅は11時ごろという忙し週間で、ブログを更新する気力ゼロだったため、レポートが遅れてごめんなさいね。
[PR]

by ina-elise | 2014-08-02 17:41 | グルメ | Comments(4)

南の島から贈り物   

2014年 07月 17日

暑い日が続きますな。空から感じる気配では、梅雨は明けているように思われるのだが、気圧配置は微妙…。
なんにしても蒸し暑いのはかなわん…。

そんな気だるい日が続く今日このごろ、嬉しい暑中見舞いが届いた。

石垣島に住む友人からの贈り物♪

c0193648_17351625.jpg

パイナップルだ!

去年も贈ってもらったのだが、みずみずしくてホントに美味しい。
早速、冷蔵庫で冷やして今夜いただくことにしよう。

キオ&マリアンヌ、ありがとね~♪
[PR]

by ina-elise | 2014-07-17 17:36 | グルメ | Comments(0)

新春グルメツアー   

2014年 01月 07日

このところ恒例となった、仕事仲間のオッサン四人による新春グルメツアー。
今年は和歌山の日高までクエを食いに行ってきた。

くろしおに乗って朝から呑みまくるというプランも捨てがたかったが、機動力を優先して移動手段はピカソ号。オッサン四人でも快適に移動できたのはさすが…。
燃費も良好で概ねみなさんの評価は高かった。

宿泊したのは橋本荘という宿。

ここ気に入った。今度は家族でも行くことにしよう。

予約を入れたのはクエフルコース“宴”という、クエのコースの中では最も豪華な料理。鍋や唐揚げ、造りはもちろん、内臓まで食い尽くす食いしん坊オヤジたちのためのプランである。

c0193648_2354616.jpg


c0193648_236136.jpg


いやあ食った食った…。

滋味あふれる上品な味はたまりませんなあ。

c0193648_2373779.jpg

これは帰る前に撮らせてもらった画像。
この日の宿泊客にふるまわれるものだ。グロテスクという人もいるかもしれないが、内臓まで食い尽くしたあとでは愛らしく見える…(笑)。
これで30キロほどの天然ものだ。小ぶりな養殖ものとは味が全然ちがうのね。


翌日は道成寺にお参り。

c0193648_23113030.jpg


でもって湯浅に立ち寄ってしらす丼なぞを食して帰ってきた。

しらす好きに朗報。
新しい冷凍技術が開発され、一年中いつでも生しらすが食えるようになったそうな。もちろんオイラたちも食ってきた。

そんなこんなで3時過ぎには新大阪駅で解散。
往復は運転手だったので呑めなかったが、それはまあよい。

気心の知れた仲間と旨いものを食い、ガハガハ笑い、ガブガブ呑む。
贅沢で幸せなひとときであった。
[PR]

by ina-elise | 2014-01-07 23:22 | グルメ | Comments(2)

三昧   

2013年 06月 25日

既に土曜日の話になるが、例の漁師から昼すぎにホットコール。台風が心配された週末ではあったが、無事に漁に出られたらしい。狙いは和歌山のイサキ。この時期のイサキは嵌れば大漁の予感はあったから、おおいに期待して待っていたところへのホットコールであった。

思った通り100尾以上釣れたらしい。

もちろんいただきますっ!

c0193648_23592410.jpg

イサキといえば塩焼きのイメージが強いけれども、実は刺身がメチャ美味いの♪
たぶんスーパーなどに出回らない(値段のせいなのか、鮮度のせいなのかは知らないけど)ので、イサキを刺身で食ったことがない人が多いだけで、イサキは刺身が一番美味いというのがオイラの感想。たぶん釣りを自分でする人なら異存はないはず…。

c0193648_081575.jpg

もちろん塩焼きでもいただいた。
絞りを絞りすぎて全体がボケた画像になってしまったが、味は間違いなく美味かったっす♪


我が家へ届いたのは20尾ほどだったから、近所の友達にも捌いて分けてあげ、それでも三日間十分に堪能できるだけの量だった。
今回の料理は定番通りで刺身と塩焼きと煮つけ。
rinも一人前に食うようになってきたから、油断してるとすぐになくなるのね…(笑)。


んでもって我が家に届いたのは、仲よく男の子と女の子が半々ぐらいだったので、白子と真子は別口で。
ふと思いついて、薄くオリーブオイルをひいて熱したフライパンで軽く熱を入れて醤油焼きにしてみたのだけど、これがまた絶品。
いつも以上に酒が進んでしまいましたがな…。

いずれにしても、かじやん毎度毎度ありがとね~♪
次回も楽しみに待っていまっする♪
[PR]

by ina-elise | 2013-06-25 00:22 | グルメ | Comments(4)

寒いときには香り高く温かく   

2012年 02月 21日

まだまだ寒い日が続きます。
そんなときには美味しいコーヒーでも…。

このところ通販で豆を買うときは「自家焙煎 珈琲工房ひぐち」をチョイスしています。

いままで楽天で出会ったなかでは最も良質の店だと思います。

品ぞろえが豊富なのが嬉しいし、ハンドピックも丁寧にされているようで、豆に対する扱いが丁寧なのがよいですね。それに、少量だけど、お薦めの豆をサンプルで同梱してくれたりするので、好みの幅を新しく広げるのに重宝するのも有難い。
お金を貰ってるわけでもないので、宣伝するつもりはさらさらありませんが、通販で買う場合はこれからもココを利用しようかと思っています。たぶんリピートしはじめて一年ぐらいは経ってると思います。


ただいまのところ、いちばんのお気に入りは「グァテマラ エルインヘルト ウノ」。
c0193648_175283.jpg


100gで千円以上もする高級豆は飲まない主義ですが、これだけは例外です。これも飲むようになったきっかけはサンプルなんですけどね…。
なんていえばいいでしょうかねえ。味わいの余韻が深いのです。温度でコーヒーの味が変わることは、珈琲好きならご存じだと思いますが、この豆は変化の具合が深いのです。まるで、ビンテージ・ワインを呑んでるかのよう。ビンテージ・ワインを呑んだことはないけど…(笑)。

これを飲むようになってから、抽出温度にも気を遣うようになりました。ホントは温度計で測ればよいのでしょうが、面倒なのでそこまではしません。ただ、淹れる前に自分で決めた儀式を行います。それによって、お湯を適温に調整しようという魂胆です。
こだわりのあるプロの中には87℃がベストだと主張される方もいらっしゃいます。じゃ、1℃の誤差で味がどう変わるのか、は分かりません。というか、その違いをオイラは感じ取れません(笑)。
ま、でも大体そのあたりの温度がドリップの場合は適温であることは間違いなさそうです。


あのね、家で自分が飲むのだから、なんでも自由でいいんです。それがオイラの流儀。こだわりたければこだわるし、テキトーにしたければテキトーに…。
要するに自己満足の世界なんだから。


というわけで、今日も美味しい珈琲をじっくりと味わうのでありました。

c0193648_17104140.jpg



インヘルト ウノ以外でもお薦めの豆はいくつかあります。
興味のある方は上のリンク先でレーダーチャートを参考にして選んでみるとよいですよ。
珈琲工房ひぐちの豆はホントに幅が広いから、種類によって劇的に味が違います。あれこれ違いを楽しむのもこれまた楽し♪
[PR]

by ina-elise | 2012-02-21 17:16 | グルメ | Comments(2)

たらふく   

2012年 02月 17日

毎年似たようなことを書いている気がしますが、年に一回はカニとフグを食わなければ冬を終えることができないように体がプログラミングされてます。高級なお店でしっぽりいくのも良いですが、ガッツリ食いたいときは家に限ります。分量や食い方なども思いのままですし…。

というわけで、今年も黒門に買い出しに行ってきました。

天然ものにこだわると値段も高くなるから養殖もので…。

c0193648_2210489.jpg


これに大きな白子もはいってますから、十分といえば十分。

黒門へ毎年買いに行く店で捌いてもらってます。
てっさも食いたいのはやまやまですが、鍋に全力投球しております。皮も湯引きはなしで、鍋用に引いてもらってます。とにかく食えるところはすべて鍋の具材に仕立ててもらいます。家で食う時は、こうするほうが良いというのは、長年の経験によるものです。ま、金がいくらでもあるならワンサイズ大きなのを選んでてっさも別に誂えてもらえばよいのでしょうが…。

そんなこんなで、さきほど雑炊まで完食。

もう動けません…(笑)。


日本酒も自分の好みで合わせられるし、値段も安く抑えられるし、やっぱりてっちりは家で食うに限るな。
このへんは鮮度で劇的に味が変わるカニとは違うところなんだな…。
[PR]

by ina-elise | 2012-02-17 22:19 | グルメ | Comments(2)