<   2012年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧   

昭和な一日   

2012年 04月 30日

4月29日を「昭和の日」と呼ぶようになったのはいつからでしたか。昭和天皇がお亡くなりになった直後は「みどりの日」と呼んでいたと記憶してますが…。

呼称の経緯はどうでもよろしい。

いまや平成がオイラの人生の約半分を占めつつあるとしても、昭和の時代に青春を謳歌した世代としては、4月29日は、昭和の御世を偲びつつ、昭和な一日を過ごすのが正しい国民の姿かと存じます。

というわけでSLに乗りに行きました。
国民としての建前より、子鉄を持つ親バカとしての勤めのほうが大切なのです(笑)。

乗りに行ったのは米原―木ノ本を走る「SL北びわこ号」
毎年、この時期に走っているのは知っていたから、一カ月前にバッチリ窓側の席を予約していたのでした。

実は、SLに乗るのは、オイラもinazumaも初めて。家族が三人とも初体験であることを知ると、なぜだかrinは大層喜んでおりました。いずれにしても、連れて行く親も楽しみにしていたことは間違いありません。子鉄のおかげで、このところ両親ともども鉄分多めなのです(笑)。

c0193648_17512093.jpg

客車を牽引するために米原駅にバックで入線してくるC56。

ホームは家族連れで溢れかえっています。
実はユニクロでプラレールのSLをモチーフにデザインしたTシャツが売られていて、rinはそれを着て行ったのだけど、出掛けに「同じTシャツを着てる子が二人はおるで♪」と言ってたら、ホントに二人居ました(笑)。
相手の親に呼びかけて三人で記念撮影。
「ホンマに父ちゃんの言うとおりやったな♪」と妙なポイントに感心するrinでした。


そんなこんなで乗車。

もちろん窓を開けて、煤を顔に受けつつ汽笛を楽しみます。
SLの汽笛ってホントにいいですねえ。フェラーリF1 V12のエキゾーストよりも日本人の心の奥深~いところに染み渡ります。

沿線には「撮り鉄」や「見鉄」たちがたくさん。
c0193648_17591360.jpg

楽しみ方は人それぞれ。

木ノ本までは、ほんの40分ほど。
現代の電車でフツーに走れば20分ほどの距離です。

木ノ本駅ではずいぶん長く停車してくれるので、もちろん撮影タイム。

c0193648_1833226.jpg


c0193648_1841548.jpg


機関士の兄ちゃんが優しい人で、周りの客も少し減っていたという事情もあるのでしょうが、rinを抱っこして機関室の中を見せていると
「これ被る?」と言って、帽子を被らせてくれたのでした。
きっかけはrinが兄ちゃんに向かって「楽しかった♪ ありがとう」と自分で声を掛けたからなので、rinのファインプレーなんですけどね。
もちろんパシャパシャ撮りましたよ。
阪神の鳥谷にちょっと似た男前の兄ちゃん、ありがとう♪

このあとは木ノ本の街をぶらぶらと散策。
帰りの電車までの時間があまりなくて少ししか歩けなかったのが残念でした。

長くなるので木ノ本散策はまた明日以降にお届けしましょう。
こちらも昭和の香りは高いですよ。


というわけで

c0193648_18134243.jpg


昭和な旅はもう少し続きます。
[PR]

by ina-elise | 2012-04-30 18:24 | 家族 | Comments(2)

衝動買い その弐   

2012年 04月 28日

世間ではゴールデンでもオイラにとってはフツーのウィークであるのは毎年のこと。いまさら、そんなことをここで嘆くつもりはありません。

ただ、このところホントに仕事が立て込んでいて、空き時間にも原稿に追われる始末。今日も仕事場の片隅でモバイル・ノートを立ち上げてしこしこと原稿作成に勤しんでおりました。


で、ふと現実から逃げ出したくなったの…(笑)。

外に出ると初夏の陽気が心地よい♪

あてもなくブラブラと歩くうちに「なんばパークス」という、大阪は難波にある商業施設の前に辿り着きました。ああ、ここもしばらく行ってなかったな…。

別に何を買うアテもなかったのだけど、もうちょっとぐらい時間をつぶしたれ、と思ってビルの中をブラブラと…。


すると、向こうから呼びかけるような声がリュックサックから聞こえてきたの…(爆)。

吸い寄せられるように品物の前に立っていました。応対してくれたオネィちゃんが、これまた心地よい感じの人で、押し過ぎず引き過ぎずの良い按配。オイラにしては珍しく、初めて入った店で10分ほども話し込んでいましたか。

もともと買うつもりなどなかった商品だし、リュックといっても単なる背負い布袋。そのわりにはビミョーに値段が高い。しかも見た目に振ったデザインのため、外にポケットがなく使い勝手は良くはない感じ。

普段のオイラなら思案はしても最終的には却下するところなのでしょうが、今日は疲れてたのかな。それとも、このリュックにそれだけの魅力があったということなのかな。

結局、衝動買いしてしまいました(笑)。

c0193648_0283033.jpg

画像では分かりにくいかもしれませんが、リュックサックなのです。

初めに惹かれた色はカーキで、濃いめのブルーと二色で迷っていると、「昨日入った新色です」って言って、この赤と辛子色を出してきたのね。辛子色も捨てがたかったのだけど、inazumaとも共用しやすい色にしておけば、衝動買いの言い訳になるかと思って赤色をチョイスしました(笑)。

狙い通りinazumaは大層気に入った様子で、明日から仕事で使うと言い張っておりましたが…。
これは普段使いにはしないと宣言しておきました。

赤といってもビビッドな赤ではないから、若作りしたオッサンの遊び使いなら許容範囲でしょうか。
まさか赤いチャンチャンコと間違われることはあるまいて…(爆)。
[PR]

by ina-elise | 2012-04-28 00:41 | ジャンク | Comments(2)

衝動買い   

2012年 04月 25日

先日の日曜日、バーレーンGP後のトップ3インタビューを受けているライコネンを見ていて、衝動的に欲しくなってしまったのね、コレ…。

c0193648_23381250.jpg


サクッと買えるのかなと思って調べてみると、予約商品の扱いになってました。入荷は6月だって。
しかもキャップとしては破格に高い(オイラが貧乏なだけだけど…)。

PCの前で逡巡すること数十分。

もちろんポチッと逝きました(爆)。

キミ仕様とロマン仕様とチーム仕様の3種類があって、ちょいと迷いつつもキミ仕様をチョイス。
いつごろ来るのかな? 楽しみだな♪


いまF1を走ってるロータスと市販車を販売しているグループ・ロータスとは、ほぼ無関係なんですけどね。ま、そんな政治的(というかカネの話)はどうでもよろしい。
ロータスのクルマに乗ってるからF1はロータスを応援し、シトロエンのクルマに乗ってるからWRCはシトロエンを応援するというのが、素直な良い子の姿勢です(笑)。


それにしても中国GPの後のオイラのコメント、なかなかイイ線行ってたんでないかい!?
誰も褒めてくれないから自画自賛しときます(笑)。


ヨーロッパに戻って、勢力図がどのように変わるのか楽しみですね。
間にテストを挟むから、それを上手く活かすことが出来たチームが浮上してくるのでしょう。マクラーレンはバーレーンの結果が思いのほか悪かったので、テストでの巻き返しを図っているようですが、さてどうなりますやら…。

とりあえずオイラの希望的観測としては、ライコネンに1、2勝してほしい!
そしたらキャップの価値も上がるでしょう…(爆)。
[PR]

by ina-elise | 2012-04-25 23:57 | モータースポーツ | Comments(0)

TNPその後   

2012年 04月 24日

ガソリン価格高騰につき、C3PicassoではTNP走行を心がけているという話を以前に書きました。
そこで中間報告、というかとりあえずの結果報告。

c0193648_852285.jpg

4.5L/100という表示が出ています。
100km走るのに4.5Lの燃料を消費するという意味で、日本流の燃費表示でいうと、リッター22.2kmってところです。
満タン方で計算しても、ほぼ同数値。

確認できたなかでは4.4L/100まで行きました。

この二週間ほどは、徹底的に低燃費を意識した走りに徹しました。ストップ&ゴーの多い大阪の街中では、リッター22km前後が限界ということだと思います。
4L/100ぐらいは行くかと思ったけど、ちょっと厳しいみたいですね。信号の少ない田舎の国道を制限速度を守って走れば、たぶんリッター25kmは行くでしょう。

その気になればリッター20kmは余裕で叩き出せることが分かったのが収穫でした。

で、先日、第二京阪を走行中に、とあることがあってTNP走行は終わりました(爆)。
いつまでもチンタラ走っていて、へなちょこエンジンになってもイカンですからね…(と、言い訳…笑)。
[PR]

by ina-elise | 2012-04-24 09:01 | C3 Picasso | Comments(4)

はらほれひれはれ…   

2012年 04月 17日

今週あたまから激しく忙しい日々が始まりました。
ネタはなくはないんだけど、更新する気力がありまへ~ん♪

c0193648_23332953.jpg


毎年のことといえばそれまでなんだけど、今年は例年になく拘束時間が長くて早くも疲弊してます。
えっ!? 今週はまだ二日目だって?
それが何か?(爆)
[PR]

by ina-elise | 2012-04-17 23:38 | ジャンク | Comments(4)

里山ピクニック   

2012年 04月 15日

日曜日。家族そろって朝から一日フリー。実は、こんな日曜日は、我が家にとって、月に一回あるかないかの貴重な日なのです。もちろん、三人でどこかへ出かけましょう。いくつかプランがあって、たま電車とか、岬公園とか、スプリングひよしとか、都島自動車学校とか…。自動車学校はオイラの一押しの場所でしたが…(笑)。

家族会議の結果、というかrinの強い希望で行先は大阪市立大学付属植物園に決定。

去年の12月に「里山ウォーク」と題して、ここでも紹介した交野にある植物園です。植物園というよりホントに里山がまるまる敷地になったような広大な施設なのです。前回はエリーゼで立ち寄って、一人歩きでしたが、今回はC3ピカソで家族ピクニック。

朝から弁当を携えてレッツゴー♪

さすがに穏やかな春の日曜ということで、人出はまあまあ多かったですね。でも、適度ににぎわっているという感じで、むしろ好印象。ここはホントにお薦めです。

c0193648_23183944.jpg


まずは腹ごなしに山をひと歩き。
山と言っても登山ではなく、適度にアップダウンを繰り返しながら、ぶらぶらと山道を散策するという感じ。4歳になったばかりのrinでも十分に楽しみながら歩ける道のりと運動量です。

c0193648_23212640.jpg


2時間ほど歩いて、お腹が空いたころあいで弁当タイム。
桜の下に陣取って…。

しばらく休憩したら、もうひと歩き。

c0193648_232449.jpg

水面がもっと綺麗だったら映り込みも映えただろうに、残念…。

最後にrinが歩きながら
「今日のピクニックはホントに楽しかったなあ♪」
と全身で喜びを表現していました。

そうそう、オマエがそうやって無邪気に喜ぶ姿が、とうちゃん、かあちゃんにっとっては何よりの幸せなのだよ。
あっ、失礼…(爆)。


そんなこんなで、ひとしきり遊んで退却。


この日はF1中国GPをライブでスタートから観たかったので、3時半には絶対に家に居たかったのです。帰宅時刻はきっかり3時半。

カムイはスタートの失敗がすべてでしたね。グリッドのすぐ前に前座レースのオイルが出ていたそうで、持ち前のスタートの良さが削がれる形になっちゃいました。かな~り気合を入れて応援していたんだけどねえ…。
早いうちにペレスの頭をガツンと叩いとかないと、ああいう若い子は(カムイだって十分若いけど…)、一気に調子に乗ってホントに速いドライバーになっちゃいそうです。ペレスがそうなるのは別に構わないけど、カムイにもまだまだ上に行くチャンスはあるはずだから頑張ってほしいものです。

レースは全体的にタイヤに左右される複雑な展開でしたね。序盤戦ということもあってか、チームが今年のタイヤを十分に掴みきれていないところがあるのでしょうか。ま、それもレースのうちですけどね。

個人的にはニコの優勝は素直に嬉しい。もともと力のあるドライバーだし、今年のメルセデスはオフシーズンのテストでも速さを見せていたから、勝つチャンスはあるだろうと思ってました。もちろんシューマッハおじさんにも頑張って欲しいものです。二人であと3勝ぐらいは…。うーん、ちょっと難しいかな…。

暖かくなればマクラーレンが速そうだし、レッドブルもこのまま黙っちゃいないでしょう。ザウバーはこの勢いがどこまでもつか…。それよりはロータスのほうが上に行くんじゃないかなあ。キミにも一勝ぐらいはしてほしいですね。
フェラーリは…。
今年は一勝止まりですかね…(爆)。


ンっ!? いつの間にF1ブログになったんだ?(笑)。
今日の本ネタはあくまでもピクニックです。
[PR]

by ina-elise | 2012-04-15 23:03 | 家族 | Comments(6)

さて決勝の行方は…   

2012年 04月 15日

祗園精舎の鐘の声
諸行無常の響きあり
娑羅双樹の花の色
盛者必衰の理をあらはす
おごれる人も久しからず
唯春の夜の夢のごとし


言わずとしれた『平家物語』の冒頭です。
今日、F1中国GPの予選を観ていて、ふと頭に浮かびました。
別にベッテルが「おごれる者」だと言ってるわけじゃないですよ。

ここから先は結果の内容にも言及しますから、見たくない人はここまでにしといてください。

続きはこちら
[PR]

by ina-elise | 2012-04-15 00:48 | モータースポーツ | Comments(0)

おめでとう♪   

2012年 04月 11日

rinは今日で満四歳。

おかげさまで、おたふく風邪は完全に治りました。いまのところ大きな病気や怪我もなく、すくすくと育ってくれています。
生意気な口をきくようになってきていますが、まあ、シュン太郎よりはマシかな…。

rinが大人になるころには、日本はどんな国になっているのだろう、と一抹の不安はありますが、まあ、人生はなるようにしかなりません。自分をしっかり持った人間になってもらいたいものです。


c0193648_234333100.jpg


ケーキにろうそくを灯して、「ハッピィ・バース・デイ」を唄ってやると、無邪気に喜んでましたから、まだまだ可愛いものです♪
[PR]

by ina-elise | 2012-04-11 23:43 | ジュニア | Comments(0)

イリュージョン   

2012年 04月 10日

数年前から気にはなっていたのですが、最近とみに増えたように思います。

何の話かって?

ヘッドライトの異様に眩しいクルマ…。

このところTNP走行を心がけているので、高速道路でも90km/h前後の超安全運転(これでも法定速度違反なのですが…)。当然のごとく、ピュンピュン抜かされます。それは承知の上だから問題ないの。でもね、夜間走行中に何事が起ったのか!? と思わせるような真っ白の火の玉と化して追い越して行くクルマも居るのね。
ピカソでも眩しいのだから、いわんやエリーゼにおいてをや!

抜かされざまに横目でチェックすると、ハイビームになっているわけではない。光軸が異常に上向きにずれているというわけでもなさそうなのです。それなのにミラーに映る光はムカつくぐらい眩しい…。
TNPやめて、真後ろからハイビームで煽ったろか!? って思うぐらい眩しいクルマも居ます。オイラは小市民だから、そんな野蛮なことしないけど…。

おそらくヘッドライト・ユニットは純正のまま(つまりは、ハロゲン球の装着を前提としたリフレクターのまま)、HID化したことによるものだと思われます。光軸は正常でも光が拡散しすぎているのでしょう。しかもHIDはハロゲンよりも光量が大きいですからね。
値段が下がって、猫も杓子もHID化するようになったことで、異様に眩しいクルマが格段に増えてきたのではないでしょうか。

少なくとも勝手に改造されたクルマに関しては、そろそろ厳正に取り締まる必要が出てきているように思うのだけど、こういうのはどこに訴えたらよろしいのでしょうか。警察庁? それとも国交省?

高速道路の後続車は無視する方法がなくはないけど、一般道の対向車はキツイっすよ。あれ、マジでなんとかならないものでしょうか。


世間のみなさまに言うと笑われるのですが、ヘッドライトに関するオイラの持論は「ヘッドライトは自分が見るために点灯するのではない」です。

少なくともロービームは自分のためではなく、周りのために点灯するものだと思ってます。
見えにくくて怖ければスピードを落とせばよろしい。対向車の少ない田舎道ならハイビームにすればよろしい。
これだけでハロゲン球でも十分に安全に運転できるはずです。ていうか今まで何十年もみんなそうやってきたやん!

自分が見えやすければそれでいいって人が多すぎるんじゃないのかなあ…。
たとえ「行燈のよう…」と笑われようと、オイラのエリーゼはこれからもずっとハロゲン球で…。
エリーゼのハイビームって運転している人間が驚くぐらい明るいでしょ。あのメリハリがあれば十分だと思うのです。

c0193648_2246148.jpg

[PR]

by ina-elise | 2012-04-10 22:46 | クルマ | Comments(0)

スプリングにはスプリングへ   

2012年 04月 09日

いよいよ本格的に仕事を始める日が近づいてきました。
今日はまだ準備期間。rinは保育園。天気は絶好。
仕事やめ~♪(笑)。

今年は例年になく忙しい一年になりそうなので、いまのうちにエリーゼに乗っておきましょう。こんなポカポカと暖かな春の日に昼間から家で仕事なんかやってられません(爆)。


というわけで、先日naruちゃんがブログで紹介していた「道の駅スプリングひよし」に行ってみることにしました。マグネット・バイク軍団が行った時は、あいにく改修工事中だったらしいのだけど、ホームページで確認すると、既にリニューアルオープンしている様子。

春の風と日差しを頬に受けながら、気持ちよくオープンドライブ。
ときおりダンプや軽トラに行く手を遮られるものの、おおむね快調なドライブでした。ただ、能勢から亀岡へ抜ける峠の下りで、おじいさんの軽に捕まって…。
間に3台挟まっていて、抜くに抜けない状態だったから諦めて3速でエンブレ効かせてボボボボッて感じで走らせてたのね。昔、こんな感じの走り方していてエンジン・チェックランプが点いたことがあったよな…って思ってるとホントに点灯しました(爆)。

たぶんエンジン回転数とアクセル開度と車速のミスマッチ状態が続くと、スロボジセンサーがおかしくなるのです(あっ、これオイラの勝手な解釈だから、信用しちゃいけませんよ…笑)。オーナーが納得していれば、故障なんか怖くないのです。

案の定、アイドリングが安定せず、停車するとストール寸前の5~600回転から2500回転ぐらいまでの激しいハンチング。電圧異常かスロボジセンサーの異常かどちらかの可能性が大です。
とりあえず安全なところにクルマを停めて、まずバッテリーの端子をチェック。端子の接触に異常はなさそうでした。あとは、その場で出来ることといえば、古来から伝承されている儀式(!?)ぐらいでしょうか(笑)。手近なものを二つほど執り行いましたが、回復せず。

直らんものは仕方ない。過去に何度も経験があるので、動かくなくなることはないだろうと日吉ダムへ向かうことにしました。
一応いろいろ気遣って、とりあえず3000回転縛りで走ってみることにしました。信号で停車中も3000回転(笑)。

で、しばらく走ってると治った…(爆)。
さすがロータスです。チェックランプは点いたままですけど。

そんなこんで「スプリングひよし」到着。

c0193648_2331829.jpg

軽く昼飯を食って…。

せっかくのスプリングなんだから入浴しようかと思ったんだけど、rinのお迎えの時間に遅れそうだったので、散歩だけで帰ることにしました。

c0193648_23323448.jpg


なかなか気持ちのよい春のツーリングとなりました。
今度はrinを連れてきて放牧しましょうかね。子連れツーリング企画したらノル人居ますか?スケジュールの調整が難しそうだけど…。


帰りにTMRに寄ってコンピュータを当ててみました。「catalist system」の異常との診断だったのですが、これって触媒のこと?
オイラのクルマ、触媒ないんだけど…(爆)。あっ、ほんの冗談ですよ!
今度時間のあるときに下から覗いてみます。たぶん、覗いてみるだけですが…(笑)。

イヤな症状は出なくなったからチェックランプが消せたことがいちばん大事なのです!

んっ!? こんなんでエエんやろか…。
[PR]

by ina-elise | 2012-04-09 23:40 | エリーゼ | Comments(8)