盛りだくさんですタイ   

2017年 03月 22日

三連休の最終日、例の漁師様からホットコール。タイやらなにやら爆釣したらしい。もちろん喜んでいただく。

c0193648_22392640.jpg


かじやんの釣ってくる鯛はいちもサイズがでかいのだが、これって優勝力士が祝いで掲げるやつやん。相撲取りが持つから適切な大きさに見えるのであって、家庭で捌くサイズを超えてます。つくづくデカいまな板が欲しいなと…。
でも、せっかくの命の恵みを無駄にしたのでは、釣り人にも魚にも申し訳ないので、丁寧におろしてあまさずいただく。
この特大タイは女の子で立派な鯛の子をお腹に抱えていたから、軽く塩もみしてから湯引きでいただいた。何もつけんでも旨い~! とはinzaumaの言葉。

c0193648_22454646.jpg


c0193648_22464637.jpg


一日目は刺身を中心に。
ジャストサイズの鯛は思ったとおり、刺身にしても絶品であった。ハゲも中型のサイズのものを二尾刺身におろした。盛り付けが雑なせいもあるが、ハゲの削ぎ切りが上手くできない。だから薄造りの見栄えがよくないのよね。でも味は絶品。臭みもまったくなく、美味しくいだたいた。もちろん大きな肝はとも和えにする。ハゲのとも和えをパクつきながら、rinが「うんまっ!」を連発する。ハゲのとも和えを堪能する8歳児って…。オイラが始めてハゲのとも和えを食ったのは、間違いなく三十は過ぎてたはずだ。

c0193648_22525861.jpg


あと、こんなのも。シンプル・イズ・ベストってことかな。これだけでもゼニ出して買ったらえらいことですやんか。

あと、思わぬ発見。
刺身の量が多かったのか、数切れ余った状態で、inazumaもrinもお腹いっぱいと…。
そこで、ふと思いついて鯛茶漬けにしてみた。時間が無かったので、粉末の昆布だしをお湯に溶かして、ご飯の上に鯛とハゲの刺身を並べ、とろろ昆布をまぶしたところへ、だし汁をかけてみた。これがまた旨い!
出汁を鯛のアラから取ったらもっと旨かろう。今度やってみよう。

長くなったけど、二日目もいっとく。

c0193648_230097.jpg


かじやんお勧めの鯛の天ぷら。
これ、マジ美味いっす。鯛はサイズが大きくなると、大味になりがちなのだが、天ぷらにすると味が凝縮されて非常に美味。まだ半身が残っているから、明日もこれでいきますか。

もう一つはこれ。

c0193648_2322647.jpg


鯛といえば鯛飯ですな。
ちょっと水加減を失敗したが、味は十分美味かった。

実は明日の木曜日に会社の健康診断があるのだ。連休が明けたら節制しようと思っていたが、もろくも崩れてしまった。日産が新しく売りに出したクルマの名前みたいなやつの数値がエライことになってたら、誰のせいにしようかな~♪
[PR]

# by ina-elise | 2017-03-22 23:09 | 料理 | Comments(2)

走れメロス!   

2017年 02月 27日

先週末は国公立大学の前期日程入試。

c0193648_1573998.jpg


京大まで受験生たちを応援しに行った。

そこで、とある受験生と交わした約束がある。
「明日のハーフマラソンで2時間を切ったら、お前ら全員合格や!」
元気づけるつもりで言ったものの、一抹の不安が…。
2週間前の美作ハーフマラソンでは、最後の坂が厳しかったとはいえ、2時間1分かかっている。そして寝屋川ハーフマラソンのキャッチフレーズは「あなたはこの坂に耐えられるか…」である。いちばん厳しい最後に長い激坂が待ち受けている難コースで知られるレースなのだ。

でも、言ってしまった以上、約束は果たさねばなるまい。実は決意を胸に秘めて臨んだレースであった。

序盤からキロ5分30秒のペースを保つ。コンディションは悪くないはずなんだけど、いまいち体が重い。なんか流れに乗りきれないまま10㎞を過ぎる。ほぼ中間点あたりのタイムが1時間1分…。これはマズイ。後半でさらに頑張らないと2時間を切れないではないか。

そこからは、あれこれと生徒たちの顔を思い浮かべながら走る。風船をつけた2時間のペースランナーを見つけたので、しばらく一緒に走るが、余力のあるうちにマージンを稼いでおいたほうが良いと考えて追い越した。結果的にはこの判断が良かったのかも。

で、ラスト2㎞で名物の激坂が待ち受ける。クルマでは何度も走ったことのある道だが、自分の足で走るのは初めてだ。しかも、20㎞近く走ったあとだ。
泣きそうになるが、根性で走る。ちらほらと歩くランナーも見かけるが、「アナタたちとは背負っているものが違う!」と心の中で叫びながらとにかく走る。最後は6分30秒までペースが落ちたが、なんとか登り切る。

で、ゴール間近で大時計をちらりと見ると、1時間59分を過ぎている。ラストの50メートルほどは、渾身の猛ダッシュでラストスパートをかけた。

で、記録証を見ると

c0193648_15301192.jpg


公式記録は、な、なんと! 1時間59分59秒。
我ながらあっぱれである。

ネットタイムは58分台だったので、約束は果たせているのだが、グロスタイムで2時間を切ったことは素直に嬉しい。

きっと、これで彼らも喜ばしい報告をしてくれるだろう。楽しみだ。
[PR]

# by ina-elise | 2017-02-27 15:36 | ランニング | Comments(0)

久々の岡山国際   

2017年 02月 12日

岡山国際サーキットに走りに行ってきた。ここを走るのはいつ以来だろう。たぶん2010年のTipo OHMにC3 Picassoでファミリー走行に参加して以来だろう。エリーゼで走ったのはさらにそれより前になるから、ずいぶん久しぶりだ。
ただし、本日のアシは自分の足…(笑)。

参加したのは美作F1ロードマラソンのハーフの部。

8時すぎに到着した時点ではコースはご覧のとおり。
c0193648_18102479.jpg

エントリーする種目を間違えましたかな…(笑)。

でも、天気は良かったので、除雪はスムーズに進んで、レーススタートの時点では問題ない路面状況になっていた。大会関係者のみなさま、ありがとう。

c0193648_1813526.jpg


コースを走れるのは気分がいいね。
最近の事情がどうなのか詳しくないから、よく分からんけど、路面が改修されたばかりだったのではないだろうか。おニューのシューズだとグリップがめちゃ良かったよ。

で、スタート。

まずはコースを1周と三分の一ほど走ってから公道へ。
1㎞を5分前半ペースで序盤から頑張る。サーキットを出てからは佐用方面へ下り基調のコース。ということは折り返しての帰路は上り。これが非常に堪えた。

15㎞すぎのいちばん苦しいところで何度も激坂が…。
一気にペースダウンして心が折れそうになるが、根性で頑張る。何度も歩きたくなるが、マラソンは歩くスポーツでは無いと心に言い聞かせて根性で頑張る。でも最後は一気に6分台にまでペースが落ちてしまった。

サーキットに帰ってきてからは、最後にもう1周してゴール。
自分の足で走ってみて痛感したが、岡山国際もかなりアップダウンのあるサーキットだな。ていうか無駄に下って上ってる…(笑)。

c0193648_18213688.jpg


結局2時間を切れなかった。
うーん、これは残念。最後はかなり頑張ったんだけど…。
坂にやられているようではまだまだということだな。

まあ、これで二週間後の寝屋川ハーフに向けて良い練習ができたと考えておこう。
何はともあれ、今日は疲れたよ…zzz
[PR]

# by ina-elise | 2017-02-12 18:26 | ランニング | Comments(2)

めでタイ   

2017年 01月 10日

遅ればせながら新年明けましておめでとうございます。

新年早々、例の漁師様からホットコール。
寒波が来襲する中、新年を祝う鯛を釣ってきたらしい。もちろん喜んでいただく。

c0193648_0475032.jpg


さすがですね。大きすぎず、小さすぎず、刺身に良し、焼きに良し、煮付けに良しのジャストサイズを揃えるとは…。

いただいた日は先約があったので、下ごしらえだけして本日が一日目。
活きの良い鮮魚ゆえ、下処理さえしておけば、一日ぐらいどうってことないどころか、寝かせることで旨味がアップするのだ。

c0193648_0535789.jpg


本日は刺身と焼き霜造り。

言わでもがなの美味!
天然の真鯛だからね。噛むほどに滋味が口中に広がるのだ。
焼き霜は見た目には上手くできなかったが、味は上々。

rinも魚にはずいぶん詳しくなってきて、今日など何も言わなくても刺身は醤油、焼き霜は塩で食っておりましたな。かじやんのおかげで、rinは立派な魚通に育っております。魚クンみたいになっても困るけど…(笑)

今日は、これ以外にはカマを塩焼きにしていただいた。

さて、まだ丸々一尾あるので、明日は何にして食うかな。
今日と同じ刺身&焼き霜でもいいように思うが、正月らしく睨み鯛というのも悪くないかなと思ったり…。
三が日には、おせちは食ったけど、焼き鯛は食わなかったからね。

さて、どうしよう…。
これはこれで、ありがたい悩みというものだ。

新年早々、かじやん、ありがとね~♪
今年もよろしくお願いします!
[PR]

# by ina-elise | 2017-01-10 01:09 | 料理 | Comments(2)

今年の締め   

2016年 12月 23日

本年のレースの締めくくりは宝塚ハーフ。
前日の大雨も夜半には上がり、雨に祟られずに走ることができた。今日もお天道様ありがとう♪

ただ、今回は完走出来ないかもという懸念があった。というのは亀岡ハーフの直後から左足の甲、親指の付け根あたりが痛い。触ると痛いので、ピタッとフィットするランニングシューズを履くと歩くだけでも痛いのだ。レース直前も、紐の結び方をあれこれ工夫するが、どうにもならない。これではハーフは持たないかもと心配しながらも、行けるところまでは行こうと…。

ところが、いざ走り出すと痛くない。アドレナリンが出まくっているんやね。必要なときに必要なだけアドレナリンが分泌されることは、生きていくうえで大切なことなのだ。

c0193648_1745453.jpg


さすが宝塚、スタートイベントには宝塚歌劇の女優がやって来ていた。残念ながらオイラには美人であることぐらいしか分からない…(笑)

c0193648_17463298.jpg


さらに寛平ちゃんまでやって来て、盛り上げていた。あいかわらず寛平ちゃんは人気者やねえ。

直近2回のハーフマラソンと比べて、いちばん大きな違いはコース幅が狭いこと。コースが狭いと、心ない奴のマナーの悪い走りを誘発してしまうのだな。何度かひどい走り方をしている輩をみかけたが、なかでも…

真っ直ぐ走っているオイラの走路をカットインするように妨害してぶつかっておきながら舌打ちしたハゲ!
後頭部のあたりが、ふわっと薄くなっている、いちばん恥ずかしいハゲ方をしている、そう、お前!
お前だけは許さんからな、覚えとけ!

あーっ、すっきりした!

渋滞していて思うように走れないのはお互い様。序盤はウォーミングアップに切り替えて、って感じでみんなが走っているのに、一人だけ無茶なことをする奴って、いったい何を考えているのやら。そんな心に余裕のないことではゴールまで持ちまへんがな…。

クォーターのランナーと混走する5㎞付近までは、イーブンペースで走るのが難しかったが、ハーフのランナーだけになってからは順調に。

宝塚ハーフはコースの大半が、逆瀬川の河川敷を走るのだが、走路のほとんどが土なのだ。前夜の大雨にもかかわらず、ぬかるみが無かった水はけの良さに驚かされるが、水を含んだ砂地が重く足にくる。感覚的には疲労度は舗装路の二割増しぐらいだろうか。
ただ、足に不安を抱えるオイラにとっては、ありがたかったのかもしれない。

そんなこんなで、序盤を除けば、キロ5分半のラップを刻んで、16㎞地点で1時間27分台。2時間ギリギリだった三木が32分だったから、このまま行けば2時間は余裕で切れるペースだ。それなら、もうちょいペースを上げてみるかとギアを上げたところ、周りに居たランナーたちも機を同じくしてペースアップ!
残り5㎞というのは、ペースアップの一つのポイントになっているのだろう。

で、なんとかそのままペースを保ってゴール!

c0193648_18222034.jpg


亀岡は、いちばん苦しい16㎞付近から、下りを利して4分台までペースを上げることができたから、あれはいまの本当の実力ではない。今日のタイム(ネットで1時間54分55秒)が真の実力といったところか。
ラストの200メートルは限界までダッシュしたので、あれがなかったら55分は切れてなかった。

まあ、なんとかハーフなら2時間を切れるところまではきたようだ。これはこれで2016年の大きな収穫の一つである。

というわけで、本年のブログ更新は、これでおしまい。たぶん…。
みなさま、良いお年を!
[PR]

# by ina-elise | 2016-12-23 18:42 | ランニング | Comments(2)