壁の手前   

2016年 05月 15日

「舞洲春のRUN祭り!」という大会で、30㎞の部に出走してきた。

実は三週間前の練習で2時間走をしたときに、左ふくらはぎに激痛が走って以来、一切走っていなかったのだ。痛めたのがアキレス腱の上から膝の裏側までつながっている腱だったため、休むしかなかった。筋肉の痛みなら学生のころから色々経験があるから、素人なりに対処のしようもあるのだが、腱となると何をしていいのか分からない。しばらくは、軽く小走りをしただけで激痛が走っていたので、もう一生走れないのではないかと不安だった。

で、日常生活でも走ることを厳禁して3週間。

いきなり30㎞も走れるとは思わなかったので、家でのんびり過ごすかとも考えたのだが、エントリー代は既に払っているし、行くだけ行ってみるかと…。
参加賞もほしかったし…(笑)。

そなこんなでレーススタート。舞洲のカート場の裏側から海沿いをぐるっと走る5㎞の周回コース。
最初は左足を気にして怖々走る。まず、自分なりに意識したのは、太ももやふくらはぎなどの小さな筋肉を極力使わず、大きな筋肉を最大限に働かせて走るということ。これで痛みが出るようなら、さっさとリタイアすればいいと思っていた。

で、5㎞を過ぎても痛みが出る気配がないので、もう大丈夫だと自分に言い聞かせて、そこからは普通に走る。5月にしては気温が高く、スタートが正午ということもあって、かなり過酷なコンディションだった。給水のたびにスポーツドリンクを飲むと同時に水を頭からかぶって熱中症には気を付ける。

なんやかんやで20㎞。
この時点で2時間10分と少し。ちょうど1キロ6分半のペースだ。ここまではレース前に想定していたペース通り。というか足に不安を抱えていたにしては順調すぎるペースだ。

ただ、この時点で相当バテていた。15㎞過ぎに、おとなしく20㎞にしておけば良かったなと思うものの、いまさら遅い。かといって、故障があるわけでもないのにリタイアもしたくない。

というわけで頑張って走る。

が、25㎞を過ぎたあたりから走れなくなる。なんか体に力が入らない。左ふくらはぎが痛いわけではないのに、これ以上走ると激痛が来るような気がする。たぶん脳内イリュージョン…(笑)。

で、一旦歩くと、つぎに走り出すのは相当な根性が必要なんだな。というわけで、残り5㎞は下り坂は走り、上り坂は歩くというラン&ウォークでゴール。
途中で歩いてしまったので完走とは言えない。補給で止まるのはしゃあないとしても、歩いてしまうのはねえ…。

c0193648_23362843.jpg


3時間半は切れるかなと思っていたけど、ラストの5㎞だけで1時間近くかかっているので、それは無理っちゅうもんだ。

フルマラソンを走った人が口をそろえて言うのは「30㎞すぎに壁がある」ということ。
たぶんそれは実際にそうなのだろう。今のオイラは、その手前で壁にぶつかってしまった。まさに「壁の手前」の壁だ。

まあ、ポジティブに考えれば、初めてハーフを走ったときも、歩きはしなかったけど、辛さは似たようなもんだったから、限界が10キロ伸びたと思えば思えなくもない。

こんなことを言ってるうちにフルも走れるようになるんだろか。
体重は劇的には減らんけどね…。
[PR]

# by ina-elise | 2016-05-15 20:20 | ランニング | Comments(0)

旬魚のにぎり   

2016年 05月 05日

最近rinが覚えた漢字の一つが「旬」。スーパーに買い物に行っても、刺身のパッケージなどを見て「旬って書いてるでぇ」と教えてくれる。父ちゃんも「旬」は知ってるんだけどね…(笑)。
ていうか、スーパーは売るために「旬」って書いてるときもあるからね。

そんな今日このごろ、久しぶりに例の漁師からホットコール。

「イサキがありますけど」とのこと。
もちろん、いただく。

c0193648_22161959.jpg


大小とりまぜて14尾。
配給先はウチだけではないから、釣果は50尾前後ということだろう。相変わらずの漁師っぷりである。
ただ、折からの強風で、船も相当な揺れだったらしく、お疲れの様子であった。お疲れのところわざわざ届けてくれてありがとね、かじやん!

c0193648_22205115.jpg


まずは素直に刺身と塩焼き。
毎年、この時期に書いていると思うのだが、イサキは刺身がいちばん美味いと思う。あと、この季節ならではの白子。イサキの白子は量が取れないから出回らないだけで、味だけならタラより間違いなく美味い。フグともいい勝負するんでなかろうか。そんな美味い白子を食えるのも、自分で捌くからこその特権である。

それからこれ。

c0193648_22245535.jpg


イサキのにぎり。

かじやんに教えてもらって試してみた。
鮨をにぎる予定ではなかったので、シャリがイマイチだったが、それを上回る美味さであった。
小ぶりのイサキの半身を丸々使っている。穴子の一本にぎりというのは聞いたことも食ったこともあるが、イサキの一枚にぎりは初めてだ。
にぎりで食うので、骨抜きは慎重にしなければならないが、刺身で食うにしても骨抜きは必要だから大して手間が掛かっているわけでもない。

で、これがね、美味いの♪
小振りのもののほうが不思議と脂が乗ってるのね。画像のテカリ具合を見てもらっても分かると思うのだが、醤油にジワッと脂が浮くほどの感じであった。

rinは鮨が大好きで、「こんな鮨は初めてやけど、美味いな、父ちゃん♪」
と言ってたので、父ちゃんとしても大満足である。

今日は刺身と鮨に塩焼きで6尾食べた。
まだ半分以上残っているから、あす以降もしばらくイサキを楽しめそうだ。毎度のことながら、かじやんアリガトね~♪
荒天のなかの釣果を無駄にせぬよう、味わい尽くしますので、またよろしくね~!
[PR]

# by ina-elise | 2016-05-05 22:42 | 料理 | Comments(2)

本領発揮   

2016年 04月 17日

今日はinazumaと二人で交野マラソンに出場してきた。
今までに参加したレースはかれこれ20回近くになるが、これまで雨に祟られたことはない。晴れ男の面目を保ってきているのだが、今回ばかりは週間予報を睨みながら、さすがに無理かと…。

一週間祈り続け、前日の天気予報を見て般若心経まであげて神妙にお願いした。

その甲斐あって、家を出る頃には雨が上がり、スタートする頃には晴れ間が見えてきた。
降水確率80%を撃退できたのは祈りのおかげ、今回もお天道様ありがとう♪

c0193648_2165234.jpg


雨が降った後に日が差して、かなり蒸し暑く、コンディションは厳しかったか。熱中症で倒れている人もいたようだ。それと、風が強いのには難儀した。自転車で走っている頃もそうだったが、風は坂道と同じぐらいに体力を奪うのだ。特に6㎞を過ぎたあたりの終盤に強風が吹き付けてきたのは辛かったよ。

それでもなんとか無事にゴール!

c0193648_211284.jpg


グロスはともかくネットタイムでは58分台で走れた。
もう少し良いタイムを狙ってたんだけどね…。

inazumaは途中まで一緒に走っていたんだけど、膝が痛くなったとかで、思うようには走れなかった様子。それでも去年と同じぐらいのタイムで走っていたから、彼女なりに練習の成果が出ているのだろう。

rinは両親が走っている間、ゴール付近で待ってくれていた。家族三人それぞれお疲れちゃん♪
[PR]

# by ina-elise | 2016-04-17 21:17 | ランニング | Comments(0)

花見ポタ   

2016年 04月 08日

rinは、この4月で小学二年生。自転車にもずいぶん上手に乗れるようになってきた。で、今は自転車で遠乗りをしたくて仕方がない様子。ことあるごとに「自転車でどこか遠くに行こう」とせがんでくる。
最近は自分の足で走るほうに気が向いてはいるものの、自転車で走るのは嫌いじゃない、というか、rinが生まれたころには、家族で自転車で出かけるのが夢だった。

というわけで、最後の春休みの一日を父子で花見ポタに出かけることにした。
城北川沿いのいつものランニングコースを自転車で毛馬公園まで。往復すると15㎞ほどになるので、rinをつれてのポタリングとしては十分な距離だ。

出かけたのは4月6日で、天気もよく暖かな日和だった。翌日は春の嵐が、すっかり花を散らしてしまったから、花見には最後のチャンスでちょうど良かった。
rinは走りながら「気持ちいいなあ♪」を連発していて、そうとう気分が良かったようだ。まあ、父親としてはなによりそれが嬉しい。

途中のスーパーで昼の弁当を買って、公園で食いながら桜を愛でる。

c0193648_23152784.jpg


平日ではあるが、春休みなので子どもが多かったが、この毛馬公園は桜を愛でるには非常に良いところではないかな。人出はほどほどの割には桜は立派で、かなり見応えがある。来年からの我が家の花見スポットとして記憶しておこう。

弁当を食っている途中でやって来た美人ママ軍団に気を取られながらも、rinとの会話を楽しみつつ、春のひとときを楽しんだ。

c0193648_23204247.jpg



rinも、もうすぐ8歳。
いまはまだ幼児用の自転車なので、もう少し本格的な子供用自転車を与えて、ポタリングを楽しむのもいいかなと思いつつある今日この頃である。
[PR]

# by ina-elise | 2016-04-08 23:25 | 自転車 | Comments(2)

春旅   

2016年 04月 06日

毎年恒例の恩師と行く春の旅。かつてのオッサン旅行とは打って変わって、子連れの家族旅行にすっかり様変わりした。今回も我が家家族3人と、仕事仲間の家族3人に恩師を加えての総勢7名(大人4名、小学生2名、幼児1名)というメンバー。

行き先は城崎温泉。毎年書いているような気がするが、そもそもこの旅のメインの目的は、行き帰りの車内で呑むこと。それは子ども連れになっても変わらんのだ。だから、乗り換えが必要だったり、乗車時間が短すぎたり長すぎるのもダメ。そうすると行き先は限られてくるのだった。

c0193648_9571048.jpg


お世話になったのは「西村屋 招月亭」
本館ほどの風情はないものの、いずれ劣らぬ名宿でしたな。部屋や風呂のしつらえも、スタッフの対応もホントに気持ちの良い宿だった。
といっても、滞在中のほぼすべての時間で酔っ払ってるから、存分に堪能できなかったのは残念~♪

c0193648_1015283.jpg


宿の裏山には、このような「森のチャペル」まであるのね。こんなところで結婚式を挙げるのも、それはそれで一興だろう。

c0193648_1031566.jpg


ちょうど桜が満開で、桜吹雪の下を散策するのは気分が良かったよ。

c0193648_1035627.jpg


足湯なども楽しんで、のんびりと帰ってきた。
幼児もいるので、あまりバタバタするよりは、ゆったりと過ごすのが良いだろう。

そんなこんなで春のリフレッシュ旅も終わり。
さあ、気合いを入れて仕事しますか!
[PR]

# by ina-elise | 2016-04-06 10:08 | | Comments(0)