タグ:どうでもいい話 ( 72 ) タグの人気記事   

若き苦悩   

2017年 10月 06日

本日、家に帰ってくると、rinの元気がなかったらしい(inazuma談)。
体調が悪いのかというと、さにあらず。なにやら真剣に悩みを抱えているのだとか。

よくよく事情を聞いてみると、今日、忘れ物の確認係のリーダーに任命されたのだとか。どうも、クラスの忘れ物状況が芳しくないらしい。で、リーダーの責任を発揮すべく、係りの級友と対策を講じたらしいのだが、それが「3日連続、あるいは1日に3つの忘れ物をした場合は、外遊び禁止」というルールの発令だそうな。

基準と罰則のバランスはほど良く、小学三年生が考えた策としては、上々ではないかと思うのだが、本人はそれが悩みの種だと。本人いわく、「自分は良かれと思って決めたけど、本当にこれがみんなのためになるのか、本当にこれで良かったのか」と悩んでいるらしい。自分のことに汲々としている大人たちがいっぱいいる中で、なんとも見上げた心がけだと、思いっきり褒めておいた。そのうえで、「忘れ物を防ぐという、いちばんの目的を忘れなければ大丈夫だよ」とアドバイスをしておいた。

自分が小三だった頃と比べても、大したもんだと感心しきり…。

で、ふと思った。こういうのが教養というのではないかと。自分の思考や判断のあり方を越えたところに思いを馳せる力こそが教養だろう。自分なりの価値観のもとに、自分の主張を一方的に述べ立てるだけなら、教養はなくとも、多少、弁の立つ者なら出来る。いまの政治家は、このタイプが多いのかもしれないね。

あと、自分なりの教養の定義を付け加えると、答えを知らない、自分でもよく分からないことに対しても、何らかの考えを導き出せる力を教養と呼ぶのだと思う。断片的な知を即座に組み合わせて、当面の課題に対応していくことができるかどうかで、人間の懐の深さというか、幅の広さが決まってくるのだろう。その「深さ」や「広さ」が教養だ。

最近、若い人たちが、何かあるとすぐに「キショッ!」というのが気になる。言葉そのものは「気色悪い」の省略形だろうから、対象を忌避すべき受け入れがたいものと捉えていることを表すのだが、当人たちは、それほど強い意味で使っているわけではなさそうで、“なんか違和感がある”ぐらいの時に、「キショッ!」というのだ。
でも、これは良くない。なぜなら、自分の感性や価値観の枠外にあるものを、「キショッ!」と否定する心からは広がりや深さは生まれないからだ。だから、「キショッ!」はやめたほうがいいよ、若い人たち。

rinは、いまのところローマ字のルールが、イマイチ正確に理解できていなくて、ちょくちょく間違えるのだが、ローマ字なんざ単なる知識だから、そのうち書けるようになる。それよりは、今日のように、深くて広い心を忘れない大人になってほしいと切に願う今日このごろである。

c0193648_23073394.jpg


[PR]

by ina-elise | 2017-10-06 23:08 | 家族 | Comments(0)

昭和は遠くなりにけり   

2017年 10月 04日

久しぶりの更新。あれこれ思うところと思うところもあったが、ここには書かないでおこう。

本日はJRの103系の大阪環状線でのラストランの日だったとか。
鉄道に思い入れのある方々とは比ぶべくもないが、自分が物心ついたころから走り始めている103系には、それなりの思い入れがある。

103系にかこつけて10月3日をラストランの日に設定したらしい。
そもそも、走り始めた当初はオレンジのボディカラーが珍しかったのか、グリーンやブルーの車体を見ると田舎に来たなと感じたものだ。つまり、オレンジの車体は都会の印…(笑)。

かつては、近鉄沿線に住んでいたので、大阪環状線の起点は鶴橋であった。森ノ宮のサクラクレパスの工場の看板や、桜宮の明治のミルク工場の看板などが子供心に楽しみだった。今でいうとJR高槻駅の手前に明治の馬鹿でかいチョコレートの看板があるが、スケールの違いこそあれ、似たようなものだろう。とにかくクレパスのでっかい看板と、でっかい牛乳瓶の看板を見るのが楽しみだった。

今の子供達からすれば、何が楽しいのやら? てなところだろうが、まあ、そういう時代だったのだ。あてがいぶちのゲームに熱中しているのと、どっちが幸せかはよくわからんけどね…。

あと、自分が子供の頃にはエアコン装備の車両はほとんどなく、夏期の大抵の車両には扇風機が回っていた。だから、自分が乗った車両が冷房(当時はエアコンなどなかった)だと、ラッキーてな感じだった。これも、今は昔のはなしだな…(笑)。

そんな、あれこれの思い出がある103系が今日で姿を消すというのは、しみじみと感慨深いものがある。
時代の流れといってしまえば、それまでだが、昭和はそれほど捨てたもんじゃないよ。
昭和と一括りにして切り捨ててしまう前に、昭和の人たちが考えていたことや、残してきたものの意味を考えてみることも大切だと思う今日このごろである。



[PR]

by ina-elise | 2017-10-04 00:41 | ジャンク | Comments(0)

夏酒   

2017年 08月 10日

c0193648_07223767.jpg
ハーパーさんが醸したお酒。
とても味わいがありました。氷で割っても美味しいように醸したそうだけと、もちろんそのままでいただく。
ネーミングとラベルが秀逸ですね。


[PR]

by ina-elise | 2017-08-10 07:21 | 料理 | Comments(0)

my dream   

2017年 03月 26日

究極のランニングフォームを見出した。
言葉で説明するのは難しいのだが、体を前傾させ、骨盤を立てながら、インナーマッスルを駆使して足を大きく動かす。

なんかね、どれだけ走っても苦しくならないの。らく~に足を回しているのに、ぐいぐい推進力を得る感じ。こんな走り方があったんや! なんで、もっと早く気がつかなかったんだろう…。

試しに1㎞4分までペースを上げてみるが、全然苦しくならない。
で、10㎞まで引っ張ってみた。心拍数は140前後で安定。呼吸もほとんど乱れない。

これやったら、ハーフで1時間30分を切れるやん!


って、ところで目が覚めた。
布団はしっかり蹴り上げていた(笑)。


そんな夢で目覚めた当日は淀川国際ハーフマラソン出走の日であった。

c0193648_2301488.jpg


スタートが昼前で、予報では雨は確実ということだったが、雨はゴール直後にパラついただけで、さっさと着替えて撤収したので、雨には祟られなかった。今日も本当にお天道様ありがとう♪

さて、レース。
夢は正夢…なはずもなく、キロ5分30秒でもしんどい…。
というか、この一週間、風邪気味で咳がとまらず、体調が芳しくない。走りながらでも時々咳き込む始末…。

それでも、なんとかかんとか5分半のペースを保って頑張る。
16㎞までは耐えたのだが、最後に折り返してのラスト3㎞の向かい風に踏ん張ることができなかった。

記録証は後日郵送ということなので、正確なタイムは不明だが、グロスタイムは2時間00分11秒だったと思う。ネットタイムは手元の時計で1時間58分44秒。

結局、ハーフで2時間のランナーに落ち着いてきてしまっている。
明らかに練習不足だ。もっと速くなりたければ、筋トレも含めて練習に工夫をせんといかんなあ…。
ただ、そこまで本気になりきれるのかというと、そうでもないところが中途半端というかなんというか…。

やはり、究極のランニングフォームを見つけるしかないな…(笑)。
[PR]

by ina-elise | 2017-03-26 23:09 | ランニング | Comments(0)

壁の手前   

2016年 05月 15日

「舞洲春のRUN祭り!」という大会で、30㎞の部に出走してきた。

実は三週間前の練習で2時間走をしたときに、左ふくらはぎに激痛が走って以来、一切走っていなかったのだ。痛めたのがアキレス腱の上から膝の裏側までつながっている腱だったため、休むしかなかった。筋肉の痛みなら学生のころから色々経験があるから、素人なりに対処のしようもあるのだが、腱となると何をしていいのか分からない。しばらくは、軽く小走りをしただけで激痛が走っていたので、もう一生走れないのではないかと不安だった。

で、日常生活でも走ることを厳禁して3週間。

いきなり30㎞も走れるとは思わなかったので、家でのんびり過ごすかとも考えたのだが、エントリー代は既に払っているし、行くだけ行ってみるかと…。
参加賞もほしかったし…(笑)。

そなこんなでレーススタート。舞洲のカート場の裏側から海沿いをぐるっと走る5㎞の周回コース。
最初は左足を気にして怖々走る。まず、自分なりに意識したのは、太ももやふくらはぎなどの小さな筋肉を極力使わず、大きな筋肉を最大限に働かせて走るということ。これで痛みが出るようなら、さっさとリタイアすればいいと思っていた。

で、5㎞を過ぎても痛みが出る気配がないので、もう大丈夫だと自分に言い聞かせて、そこからは普通に走る。5月にしては気温が高く、スタートが正午ということもあって、かなり過酷なコンディションだった。給水のたびにスポーツドリンクを飲むと同時に水を頭からかぶって熱中症には気を付ける。

なんやかんやで20㎞。
この時点で2時間10分と少し。ちょうど1キロ6分半のペースだ。ここまではレース前に想定していたペース通り。というか足に不安を抱えていたにしては順調すぎるペースだ。

ただ、この時点で相当バテていた。15㎞過ぎに、おとなしく20㎞にしておけば良かったなと思うものの、いまさら遅い。かといって、故障があるわけでもないのにリタイアもしたくない。

というわけで頑張って走る。

が、25㎞を過ぎたあたりから走れなくなる。なんか体に力が入らない。左ふくらはぎが痛いわけではないのに、これ以上走ると激痛が来るような気がする。たぶん脳内イリュージョン…(笑)。

で、一旦歩くと、つぎに走り出すのは相当な根性が必要なんだな。というわけで、残り5㎞は下り坂は走り、上り坂は歩くというラン&ウォークでゴール。
途中で歩いてしまったので完走とは言えない。補給で止まるのはしゃあないとしても、歩いてしまうのはねえ…。

c0193648_23362843.jpg


3時間半は切れるかなと思っていたけど、ラストの5㎞だけで1時間近くかかっているので、それは無理っちゅうもんだ。

フルマラソンを走った人が口をそろえて言うのは「30㎞すぎに壁がある」ということ。
たぶんそれは実際にそうなのだろう。今のオイラは、その手前で壁にぶつかってしまった。まさに「壁の手前」の壁だ。

まあ、ポジティブに考えれば、初めてハーフを走ったときも、歩きはしなかったけど、辛さは似たようなもんだったから、限界が10キロ伸びたと思えば思えなくもない。

こんなことを言ってるうちにフルも走れるようになるんだろか。
体重は劇的には減らんけどね…。
[PR]

by ina-elise | 2016-05-15 20:20 | ランニング | Comments(0)

LSD その弐   

2016年 03月 08日

今日は朝から3時間走を敢行した。先日の2月7日に続いて2回目の3時間走。年度末の平日に暢気なことで、とのお叱りの声が聞こえてきそうで、それもおっしゃる通り、ごもっともなのだが、本人の中ではこれも仕事のうち。というのも来週に控えた大きなイベントのための体力増強なのである。つまり、きわめて勤勉な自宅研修の一環ということだな(笑)。分からん人には何の事だかさっぱり分からんだろうから、これくらいにしておこう。

というわけで、朝食を食べ、入念にストレッチをしてから9時半に家を出る。

コースは自宅近くの運河沿いを淀川まで行き、そこから淀川を北上して1時間半が経過したら折り返してくるコース。淀川河川敷の良い所は、トイレがほぼ等間隔に設置されていることと、フラットなコースで距離表示が路面に埋め込まれているのでペース管理がしやすいことだ。

自宅から1時間半が経過した時点で、鳥飼のあたりだった。分かりやすい目印として中環の橋の下まで行こうかと思ったが、帰りがきつくなってはいかんと考えて自重。あとから考えると、この判断は正解だった。
というのは折り返して20㎞をすぎるあたりまでは非常に快調でキロ6分30秒のペースで走り続けていたのだったが、淀川に別れをつげて桜ノ宮方面を目指すころから猛烈に疲労感が襲ってきて、激しくペースダウン。

そもそも今のオイラにはキロ6分30秒というタイムは全然LSDになっていないのだ。ただ、今日はそれでもまったく無理をしているという感じではなく、呼吸もゼーハーすることなくフツーの状態だった。それだけ心肺機能が鍛えられているのだろうとポジティヴに考えておこう。

ひょっとしたら折り返したころから猛烈に空腹感を感じていたから、軽いハンガーノックになっていたのかもしれない。帰りにスーパーに寄って無意識に牛乳と餡子餅を買っていたし…(笑)。

結局、合計で3時間8分(実走時間はちょうど3時間ぐらい)で、28㎞。
最後はバテバテだったけど、3時間あまりでなんとか30㎞は走れるということが実感できたのは収穫だった。
でも、今日の感じだと、フルはまだ厳しいな。フルを走った人がよく言う「30㎞の壁」の手前でオイラは壁にぶつかっていたから…。

まあ、こうして鍛錬しているうちに壁が壁でなくなるときもくるのだろう。
いずれはフルマラソンを完走したいねえ。初挑戦は今年の大阪マラソン!?(笑)

c0193648_22175823.jpg

[PR]

by ina-elise | 2016-03-08 22:19 | ランニング | Comments(0)

ヤク中   

2016年 02月 07日

オイラ世代のヒーローがクスリで捕まったのは衝撃だったが…

オイラはシャブじゃなくてLSD。
といってもクスリじゃないよ。

ロング・スロー・ディスタンスの略で「LSD」
自転車でもよく使われる言葉だ。たぶん最初にネーミングした人は、クスリと掛けてみたんじゃないかなと思う。

職場仲間でフルマラソンを何度も完走しているベテランランナーがいて、「ゆっくりでいいから長く走る練習をするといいですよ」と教えてもらったのを本日実行することにした。

とりあえず3時間。

同じところをグルグルまわるのは面白くないから、かつてロードバイクで走っていた頃のコースも混ぜながらとにかく走り続けてみた。
ペースは心肺に負荷がかかるギリギリのところを探りつつ限りなくゆっくりと。
なんかね、走ってると気分がハイになってくるんだな。脳内にエンドルフィンが大量に分泌されているのだろう。そういう意味では、「LSD」というネーミングは、あながち間違っていないかも…(笑)。

結局、2時間52分走って、距離は22kmあまり。
走ってるときは、25㎞ぐらいは走ったかと思ってたんだけど、あのペースじゃ無理か…。

少しずつでも心肺機能は高まってきているはず。歳が歳だけに突然死がいちばん怖いから、基礎体力を鍛えることはとても大切だと思う。あと体重ね。これが最も厄介な問題だけど、マラソンのために酒をやめるつもりなど毛頭ない。いまさらトップアスリートなどになれるわけもないから、「走る市民」として楽しめればそれでいい。

c0193648_1639385.jpg

[PR]

by ina-elise | 2016-02-07 16:41 | ランニング | Comments(6)

神の島遥か国   

2015年 10月 31日

美ら島へ三泊で旅をしてきた。

c0193648_22263122.jpg


ただし、ほぼ修行…(笑)
[PR]

by ina-elise | 2015-10-31 22:27 | | Comments(4)

夏の終わり   

2014年 08月 18日

今年の夏は変な天候が続く夏だった。酷暑が続いたかと思うと、一転して大雨。
幸いながら大阪市内は暑さも雨もほどほどで、大過なくすごせたのはありがたかった。

で、昨日の話。
夏の疲れをいやすべく、奈良の曽爾高原近くの立ち寄り温泉まで出かけたときのこと。帰りに夕立のような豪雨に見舞われ、inazumaが一言。
「今年は変な夏やった。夏らしい入道雲を一回も見てへん…」と呟いたのをお天道様が聞いていたのかどうだか…。

絵に描いたような入道雲が生駒山の南に広がっていた。

c0193648_2130335.jpg


理科の教科書に載ってもいいような綺麗な入道雲。
きっとinazumaの願いが叶ったのだろう。

そんなこんなで夏もそろそろ終わり。
オイラの忙しく厳しかった夏も今週で一段落だ。
やれやれ…。
[PR]

by ina-elise | 2014-08-18 21:32 | カメラ | Comments(6)

気になる   

2014年 02月 04日

健康ネタを続けるつもりはないのだが…。

ただいま職場まで徒歩で通勤している。といっても今日で二日目、しかもずっと続ける気は初めからない。
この時期は、授業という名の肉体労働が激減する時期であるので、少しでも運動不足を補おうという思いつき。他にもいくつか理由があるのだけど、面倒だからここには書かない。

マップの距離測定機能を使って職場までのルートを確認すると、合計距離7.46km、徒歩換算時間1時間52分と出た。オイラはジャスト90分で歩いているからペースとしてはまあまあか。どうせ歩くならチンタラ歩いても意味がない、というかいちおう仕事場へ向かうのが目的なので時間がないから、心拍数が若干上がる程度にはシャキシャキと速めのピッチで歩いている。
立春なのに全国的に真冬の寒さだった本日であるが、職場に着いたころには軽く汗ばんでいた。

往復だから15㎞ほどを3時間あまりかけて歩いたことになる。忙しいときにはとてもじゃないが、2月限定ということで…。

歩きだとふだんは立ち入らないような路地でも構わずに踏み込んでいけるのが楽しい。こんな所にこんな店があったのね、などと思わぬ発見をするものだ。

そこでちょっと気になる看板を発見。

c0193648_2318222.jpg


会社の名前も変わっているといえば変わっているのだが…。

「信仰」の「仰」の字が気になる…。
真ん中の払いというのかな、ヒゲは要らないのよね。仕事柄、こういうのはヒジョーに気になる…。

さて、なんと読ますのだろう?
やっぱり「シンコウ」か!?

看板の場合は、文字でもデザインみたいなもんだから、業者は注文どおりにどんな字でも作るのだろうけど、誰か気づいて何かいう人はおらんかったのかいな?
それとも、深~い意味があるのかしら?

激しく気になる!

場所は緑橋の交差点から北東方面に少し入ったところです。
[PR]

by ina-elise | 2014-02-04 23:24 | ジャンク | Comments(0)