タグ:イベント ( 113 ) タグの人気記事   

故障発生   

2017年 06月 18日

先週に引き続き、10㎞のレースに出場してきた。本日は堺の大仙公園で行われた「第1回大仙公園千利休マラソン」。
c0193648_18134405.jpg
先週が51分台だったので、ひそかに50分切りを狙う気持ちがあるものの、一抹の不安が…。
実は先日の水曜日に練習したときに右足に痛みがあったのだ。本当は20㎞ほど走ろうと思って家を出たのだが、5㎞付近で右のふくらはぎあたりにピリッとした痛みが走った。走り続けられないほどの痛みではなかったが、去年、左足に似たような痛みを感じたことがあって、ごまかしながら走っていたら、激痛が走って一切走れなくなった。
痛みの場所と質が去年と同じだったので、この日は自重して残りは歩いて帰った。

それから中3日でのレース本番なのであった。

とりあえず痛みはない。入念にストレッチをしてスタートに臨む。

コースは1周2㎞の周回コースを5周。
序盤はキロ5分で順調に走る。同じぐらいのペースの人を見つけたので、その人の背中を見ながら快調に走る。足の不安など忘れて3周で29分41秒。このままタレずにペースを上げられたら50分切りだ。
と思った次の瞬間、右足に痛みが…。
先日と同じ部位が同じように痛む。先日は自重して走るのを止めたが、今日はレースなので我慢して走る。
4周目で41分にまでペースが落ちていたが、この状態ではベスト更新は諦めるしかないので、とりあえずゴールを目指して5周目の周回に入ったところで、走れなくなった。

リタイアしても良かったのだが、制限時間まではずいぶん余裕があったから、ゴールまで歩くことにした。
10㎞のレースで歩くなんて…。
情けなくて、悲しくて、ずいぶん落ち込んだ。
c0193648_18303662.jpg
まあ、こういうこともあるのだな。
今はまともに歩けないほど痛いので、しばらくランニングは休止だ。
去年と同じぐらいの程度の故障だとしたら、1ヶ月もおとなしくしていれば再開できるだろう。あまり長引かせて秋のフルマラソンに影響が出てはいけないので、しっかり治そう。






[PR]

by ina-elise | 2017-06-18 18:33 | ランニング | Comments(0)

本抽選のその前に   

2017年 06月 11日

大阪マラソンの抽選結果通知は、今週の水曜日。その前に大阪マラソンのシーズンイベントとして開催された「10K & FUN RUN」というイベントの10㎞の部に出場してきた。なんと、このイベントの出場者には抽選で大阪マラソンの出走権がプレゼントされるのだ。当選確率は5%ほどだが、オマケの特典としては悪くない。

c0193648_13521449.jpg
雨が心配されたが、今回も必死の祈りが通じたのか、曇天模様でとどまってくれた。今日もお天道様、ホントにありがとう♪

長居スタジアムのトラックから出発して外周に出るコース(約3.3㎞)を3周で10㎞のコース。
10㎞のレースに出るのは久しぶりなので、どれぐらいのタイムで走れるのかイマイチ実感がなかったのだが、5分台のラップを刻んで、55分以内でゴールするのを目標にしてみた。自己ベストを更新できればいいなと…。

序盤は大混雑でペースを上げられない。これは、どの大会でも同じことなので、慌てず騒がず…。
ただ、みなさん、申告タイムをだいぶサバ読んでますな。オイラのスタート位置はCブロックで前から1000番目ぐらいのスタートだったが、ゴール順位から計算すると500人ぐらい抜いていることになりますがな…。

c0193648_14061982.jpg
それはともかく、最初の1㎞を除けば、ほぼ5分フラットのイーブンペースで走れたのは、素直に嬉しい。グロスで51分台は大きく自己ベストを更新だ。50を過ぎたオッサンでも成長を実感できるのがマラソンの良いところ。
タイム的には50分切りまでもう少しというところだが、今日の感じからすると、まだまだ遠そうな気がする。50分を切るには4分台のラップをキープしなければならないわけで、それはいまのオイラの実力からすると厳しいだろう。

そうそう、オマケの抽選だが、もちろん外れた。
おとなしく水曜の結果を待つことにしよう。大阪か神戸のどっちかは当たって欲しいなあ…。



[PR]

by ina-elise | 2017-06-11 14:18 | ランニング | Comments(0)

仲間と走る   

2017年 06月 09日

2週間ほども前のことである。仕事場の仲間とリレーマラソンに出場した。
なにをいまさら、という感がなくもないが、いろいろ憚られることもあったりして…。そろそろほとぼりも醒めただろうと…(笑)。

長居公園の外周コース(約2.8㎞)を15周するフルのリレーマラソン。
職場にもマラソンのエキスパートがおりまして、オイラは初心者に毛の生えた程度のランナーではあるが、何かとマラソン談義に花を咲かせているうちに、何人かでリレーマラソンに出ようかという話になったのは、半年ほども前のことだったか。何かと忙しい人が多い職場ゆえ、そのまま放置していたのが、ひょんなことから再燃し、リレーマラソン出場の運びとなったのであった。

結局、集まったのは精鋭8名。
なんやかんやで若い人が多くて、そこそこ行けるんでないかな、という雰囲気を漂わせてはいたのだが…。
 


c0193648_23342129.jpg
なんと総合3位に入賞!
勝因は8人がみんなそろって平均的に速かったことか。ウチのメンバーでも2人は飛び切り速く、他のチームにも同じくらい速い人がいたが、他のチームは4人目以下ぐらいになると、遅い人がちらほらと混じるのだが、我々はリレー順序が後ろの人になってもずっと同じぐらいのペースで走れる人がそろっていた。

まあ、なんにしても入賞は喜ばしい。

ちなみにチーム名の「エスハチ」は、いちおう由来があるのだが、ここには書けない。旧車のエスハチとは関係ないけど、走るチームで「エスハチ」は悪くないだろう。

さて、このあと「エスハチ」が快走を繰り広げることはあるのだろうか!? つづく…(笑



[PR]

by ina-elise | 2017-06-09 23:55 | ランニング | Comments(0)

神戸ノエビア30k   

2017年 05月 14日

先々週の加古川に続き、30㎞のイベントに参加してきた。本日はヴィッセル神戸のホームスタジアムであるノエビア神戸の外周をぐるぐる回る周回コース。

前回は25㎞過ぎでタレてしまって失速したので、その反省を踏まえて課題を設定してみた。そもそも入りの10㎞を57分というのは、現状では速すぎたのだ。そこで、今回は入りの10㎞を60~63分に抑えて、そのままペースを最後までキープしつつ、3時間10分以内でフィニッシュという作戦を立ててみた。気温も高めだったので、これくらいがちょうど良いだろうと…。あわよくば、いま流行りのネガティブ・スプリットとやらで3時間前後でフィニッシュできれば上々だ。

で、スタートの11時30分を迎える。2週間前よりは気負いが少なく、まあまあいい感じ。
コースは1周1㎞の周回コースを30周!
のろまなハムスターになった気分だ…(笑)
でも、周回ごとにペースをチェックできるので、ペース管理にはちょうどよい。

気温は高めだが、スタジアムの屋根が影になっていたり、公園の木陰を走れるので、それほど暑くはなかった。で、入りの10㎞は60分48秒。予定通りのペースで、余力も十分。もくもくと走り続けて、中の10㎞がなんと、59分38秒。このペースを維持しつつ、もうちょっと頑張れればネガティブ・スプリット達成だ。

ラスト3周はかなりキツくなってきたが、根性で頑張った。

結果は2時間55分28秒!


c0193648_17233100.jpg
3時間切りは素直に嬉しい。
ただ、距離には疑惑が…。
周回ごとにスマホのランニング・アプリのアナウンスと微妙にずれていた。25周を過ぎた頃には、アプリが周回遅れに…(笑)。
結果的には1㎞弱は短かったのではなかろうか。それを割り引けば、正味の30㎞で、ちょうど3時間を切れるかどうかギリギリぐらいのタイムだろう。でも、後半で失速せず、むしろやや上げられたので、その点は加古川よりも成長しているか。
やっぱり入りを無理すると長距離はもたないんだよねえ。トシもトシだし…。








[PR]

by ina-elise | 2017-05-14 17:28 | ランニング | Comments(0)

加古川30k   

2017年 04月 30日

加古川まで30㎞走のイベントに行ってきた。
20㎞までは1人の練習でも走ることはできるが、30㎞となると、なかなか1人では難しい。時間があるときに今日は30㎞ぐらい走るかと思って家を出ても、結局なんやかやと理由をつけて20~25㎞あたりで終了にしてしまうことが多い。
やはり、ここは人の手を借りようと…。
給水などのサポートも自分で用意する必要がないのもありがたい。

てなわけで、6時半に家を出て、加古川には8時前に到着。スタートは10時20分なので、時間には余裕がある。クルマでしばらく休んで体力を温存する。

今日はレースではなくて、練習会みたいなもの。そこで、自分なりに課題を設定してみた。
一つはキロ6分以内のペースでどこまで走れるかを試すこと。結果的には25㎞まで行けたからまずまずか。
もう一つは、30㎞で3時間5分を切ること。できれば3時間切りを狙いたいところだが、まだキロ6分以内で30㎞を走りきれる実力はないだろうと…。
結果的には25㎞を過ぎてから、ペースがキロ6分~6分30秒ぐらいにまで落ちてしまったので、そこは想定通りということか。もうちょっと粘りたかったけど、暑かったせいにしておこう。

c0193648_17395502.jpg

グロスで3時間3分台だから上々の結果だ。
最初の10㎞が57分台、次の10㎞が59分台で来ていたので、ラストの10㎞を63分以内で走れれば3時間切りだったんだけどねえ…。

ただ、このままのペースで42㎞は走れそうにはないから、フルマラソンで4時間30分を切れるかどうかは微妙…。


[PR]

by ina-elise | 2017-04-30 17:45 | ランニング | Comments(2)

久々の   

2017年 04月 06日

c0193648_22513575.jpg

昨日のことになるが、久々にゴルフに行ってきた。ほぼ一年ぶり。
10年以上前に、ブームに乗って始めたのだが、自分の性格はゴルフに向いていないというのは言い訳で、練習してもスコアが向上しないので止めたのだった。

ところが、職場が変わって同僚に誘われるがままに再開したのが一年前。
だからといって、マメに練習するわけでもないので全然上手くはない。ハーフで年齢と同じぐらいということにしておこう(笑)。
ハーフでエージシュートでは自慢にも何にもならんけど…。

まあ、気の合う仲間とワイワイ言いながら一日コースで過ごすのも悪くはない。
カートに乗るとはいえ、結構歩くしね。というか、オイラの場合、右に左にクラブを担いで走るし、斜面を駆け上がるしで、普通のゴルファーの1.5倍ぐらいの運動量になっているはずだ。

というわけで、年に数回はプレーする程度のゴルファーには戻ることになりそうだ。

c0193648_23001606.jpg

夜はマンションのお庭で、家族で花見。
週末は雨模様なので、ひょっとしたらラストチャンスだったのかも。












[PR]

by ina-elise | 2017-04-06 23:02 | アミューズメント | Comments(0)

再試合   

2017年 03月 28日

rinは幼児の頃の鉄分多めの生活が嘘であるかのように、いまはまったく鉄道には興味が無い。2歳、3歳の頃の話をしても、親が拍子抜けするほど、「なんのこと?」ってなありさまだ。
あの頃の苦労はなんだったのだ、という思いとともに、子どもの成長とはつくづく面白いものだなと思う。

で、いまは野球。
もともとは阪神タイガースを応援する、見るだけ派だったのだが、小学二年の春から地域のチームに入団し、いまやいっぱしの選手である。将来の目標はドラフト一位で阪神に入団することだとか…(爆)。
まあ、夢は大きい方がよろしい。

というわけで、今日は選抜を観戦しに甲子園に行ってきた。

c0193648_2235666.jpg


c0193648_22353086.jpg


高校野球だとネット裏の年間シートでも2000円で入れるのだ(子ども料金は設定されていないけど)。

引き分け再試合が一日に2試合も出るという珍しい日程の2試合開催。朝が比較的ゆっくりめなのがありがたい。それでも、開門の⑼時30分の10分前には現地入り。おかげで、まあまあの席に陣取れた。

久しぶりに高校野球をじっくり見たけど、なかなか面白かった。ネット裏だと、微妙なコースまでは分からないものの、配球はある程度分かるし、守備位置など選手の動きもよく分かる。
rinもいちおう選手目線でいろいろ勉強していたようだ。

第2試合は、引き分け再試合にありがちなワンサイドゲームになったので、中盤過ぎに帰ってきた。夕方には雨も降ってきたので、好判断だったようだ。

阪神グッズも買い込んで、rinは大喜び。楽しい春休みの一日となったのがなによりであった。
[PR]

by ina-elise | 2017-03-28 22:46 | ジュニア | Comments(0)

走れメロス!   

2017年 02月 27日

先週末は国公立大学の前期日程入試。

c0193648_1573998.jpg


京大まで受験生たちを応援しに行った。

そこで、とある受験生と交わした約束がある。
「明日のハーフマラソンで2時間を切ったら、お前ら全員合格や!」
元気づけるつもりで言ったものの、一抹の不安が…。
2週間前の美作ハーフマラソンでは、最後の坂が厳しかったとはいえ、2時間1分かかっている。そして寝屋川ハーフマラソンのキャッチフレーズは「あなたはこの坂に耐えられるか…」である。いちばん厳しい最後に長い激坂が待ち受けている難コースで知られるレースなのだ。

でも、言ってしまった以上、約束は果たさねばなるまい。実は決意を胸に秘めて臨んだレースであった。

序盤からキロ5分30秒のペースを保つ。コンディションは悪くないはずなんだけど、いまいち体が重い。なんか流れに乗りきれないまま10㎞を過ぎる。ほぼ中間点あたりのタイムが1時間1分…。これはマズイ。後半でさらに頑張らないと2時間を切れないではないか。

そこからは、あれこれと生徒たちの顔を思い浮かべながら走る。風船をつけた2時間のペースランナーを見つけたので、しばらく一緒に走るが、余力のあるうちにマージンを稼いでおいたほうが良いと考えて追い越した。結果的にはこの判断が良かったのかも。

で、ラスト2㎞で名物の激坂が待ち受ける。クルマでは何度も走ったことのある道だが、自分の足で走るのは初めてだ。しかも、20㎞近く走ったあとだ。
泣きそうになるが、根性で走る。ちらほらと歩くランナーも見かけるが、「アナタたちとは背負っているものが違う!」と心の中で叫びながらとにかく走る。最後は6分30秒までペースが落ちたが、なんとか登り切る。

で、ゴール間近で大時計をちらりと見ると、1時間59分を過ぎている。ラストの50メートルほどは、渾身の猛ダッシュでラストスパートをかけた。

で、記録証を見ると

c0193648_15301192.jpg


公式記録は、な、なんと! 1時間59分59秒。
我ながらあっぱれである。

ネットタイムは58分台だったので、約束は果たせているのだが、グロスタイムで2時間を切ったことは素直に嬉しい。

きっと、これで彼らも喜ばしい報告をしてくれるだろう。楽しみだ。
[PR]

by ina-elise | 2017-02-27 15:36 | ランニング | Comments(0)

久々の岡山国際   

2017年 02月 12日

岡山国際サーキットに走りに行ってきた。ここを走るのはいつ以来だろう。たぶん2010年のTipo OHMにC3 Picassoでファミリー走行に参加して以来だろう。エリーゼで走ったのはさらにそれより前になるから、ずいぶん久しぶりだ。
ただし、本日のアシは自分の足…(笑)。

参加したのは美作F1ロードマラソンのハーフの部。

8時すぎに到着した時点ではコースはご覧のとおり。
c0193648_18102479.jpg

エントリーする種目を間違えましたかな…(笑)。

でも、天気は良かったので、除雪はスムーズに進んで、レーススタートの時点では問題ない路面状況になっていた。大会関係者のみなさま、ありがとう。

c0193648_1813526.jpg


コースを走れるのは気分がいいね。
最近の事情がどうなのか詳しくないから、よく分からんけど、路面が改修されたばかりだったのではないだろうか。おニューのシューズだとグリップがめちゃ良かったよ。

で、スタート。

まずはコースを1周と三分の一ほど走ってから公道へ。
1㎞を5分前半ペースで序盤から頑張る。サーキットを出てからは佐用方面へ下り基調のコース。ということは折り返しての帰路は上り。これが非常に堪えた。

15㎞すぎのいちばん苦しいところで何度も激坂が…。
一気にペースダウンして心が折れそうになるが、根性で頑張る。何度も歩きたくなるが、マラソンは歩くスポーツでは無いと心に言い聞かせて根性で頑張る。でも最後は一気に6分台にまでペースが落ちてしまった。

サーキットに帰ってきてからは、最後にもう1周してゴール。
自分の足で走ってみて痛感したが、岡山国際もかなりアップダウンのあるサーキットだな。ていうか無駄に下って上ってる…(笑)。

c0193648_18213688.jpg


結局2時間を切れなかった。
うーん、これは残念。最後はかなり頑張ったんだけど…。
坂にやられているようではまだまだということだな。

まあ、これで二週間後の寝屋川ハーフに向けて良い練習ができたと考えておこう。
何はともあれ、今日は疲れたよ…zzz
[PR]

by ina-elise | 2017-02-12 18:26 | ランニング | Comments(2)

今年の締め   

2016年 12月 23日

本年のレースの締めくくりは宝塚ハーフ。
前日の大雨も夜半には上がり、雨に祟られずに走ることができた。今日もお天道様ありがとう♪

ただ、今回は完走出来ないかもという懸念があった。というのは亀岡ハーフの直後から左足の甲、親指の付け根あたりが痛い。触ると痛いので、ピタッとフィットするランニングシューズを履くと歩くだけでも痛いのだ。レース直前も、紐の結び方をあれこれ工夫するが、どうにもならない。これではハーフは持たないかもと心配しながらも、行けるところまでは行こうと…。

ところが、いざ走り出すと痛くない。アドレナリンが出まくっているんやね。必要なときに必要なだけアドレナリンが分泌されることは、生きていくうえで大切なことなのだ。

c0193648_1745453.jpg


さすが宝塚、スタートイベントには宝塚歌劇の女優がやって来ていた。残念ながらオイラには美人であることぐらいしか分からない…(笑)

c0193648_17463298.jpg


さらに寛平ちゃんまでやって来て、盛り上げていた。あいかわらず寛平ちゃんは人気者やねえ。

直近2回のハーフマラソンと比べて、いちばん大きな違いはコース幅が狭いこと。コースが狭いと、心ない奴のマナーの悪い走りを誘発してしまうのだな。何度かひどい走り方をしている輩をみかけたが、なかでも…

真っ直ぐ走っているオイラの走路をカットインするように妨害してぶつかっておきながら舌打ちしたハゲ!
後頭部のあたりが、ふわっと薄くなっている、いちばん恥ずかしいハゲ方をしている、そう、お前!
お前だけは許さんからな、覚えとけ!

あーっ、すっきりした!

渋滞していて思うように走れないのはお互い様。序盤はウォーミングアップに切り替えて、って感じでみんなが走っているのに、一人だけ無茶なことをする奴って、いったい何を考えているのやら。そんな心に余裕のないことではゴールまで持ちまへんがな…。

クォーターのランナーと混走する5㎞付近までは、イーブンペースで走るのが難しかったが、ハーフのランナーだけになってからは順調に。

宝塚ハーフはコースの大半が、逆瀬川の河川敷を走るのだが、走路のほとんどが土なのだ。前夜の大雨にもかかわらず、ぬかるみが無かった水はけの良さに驚かされるが、水を含んだ砂地が重く足にくる。感覚的には疲労度は舗装路の二割増しぐらいだろうか。
ただ、足に不安を抱えるオイラにとっては、ありがたかったのかもしれない。

そんなこんなで、序盤を除けば、キロ5分半のラップを刻んで、16㎞地点で1時間27分台。2時間ギリギリだった三木が32分だったから、このまま行けば2時間は余裕で切れるペースだ。それなら、もうちょいペースを上げてみるかとギアを上げたところ、周りに居たランナーたちも機を同じくしてペースアップ!
残り5㎞というのは、ペースアップの一つのポイントになっているのだろう。

で、なんとかそのままペースを保ってゴール!

c0193648_18222034.jpg


亀岡は、いちばん苦しい16㎞付近から、下りを利して4分台までペースを上げることができたから、あれはいまの本当の実力ではない。今日のタイム(ネットで1時間54分55秒)が真の実力といったところか。
ラストの200メートルは限界までダッシュしたので、あれがなかったら55分は切れてなかった。

まあ、なんとかハーフなら2時間を切れるところまではきたようだ。これはこれで2016年の大きな収穫の一つである。

というわけで、本年のブログ更新は、これでおしまい。たぶん…。
みなさま、良いお年を!
[PR]

by ina-elise | 2016-12-23 18:42 | ランニング | Comments(2)