タグ:シグマ50mm/f1.4 ( 35 ) タグの人気記事   

ほっこりほっこり   

2015年 11月 25日

先日の連休に京丹後へ旅に出た。行先は夏にも二泊で訪れた、古民家民宿「温古里(ほっこり)」。
気に入ったところには続けて行くのが、我が家の流儀。ここはホントにほっこりと心の温まる宿である。

行きは、ぐるっと丹後半島を半周する形で、伊根経由で経ヶ岬へ。

c0193648_22221161.jpg


展望台までかなりの山道をrinと二人で歩く。実はrinにも子供用のおもちゃカメラを買い与えたので、オヤジと写真の出来を勝負したいらしい。美しい風景を求めて急坂を上ったというわけだ。上がってみると、展望台とは名ばかりで、あまり大した風景は得られなかった。上から灯台を見下ろしつつ背景に海も広がる…なんて景色を期待したのだけれど…。

しゃあないから灯台まで下る。

c0193648_22265258.jpg


そのあとは、inaババのたっての希望で立ち寄り温泉に寄ってから、お宿へ向かう。

今回も温かく迎えていただいた。

c0193648_22283930.jpg


c0193648_22295219.jpg


今回も料理の写真をほとんど撮っていない(酔っ払っているから)が、地元の新鮮な食材をふんだんに使って、女将さんんが心づくしの料理でもてなしてくれる。飾らない田舎の民宿だが、ここは立派なオーベルジュだと思う。しかも、古民家を貸切。本当の贅沢とは、こういうことなんでないのかなあ…。

c0193648_22345391.jpg



今回は一泊二日だったので、帰路は舞鶴へ立ち寄った。
天気が心配だったけど、そこは晴れ男の本領発揮で、雨に降られたのは家に帰りつく寸前だった。

c0193648_2238272.jpg


自衛隊の北吸桟橋へ行ってみた。護衛艦は「みょうこう」と「あさぎり」が停泊していた。こういうのにはあまり詳しくないのだが、間近に見ると迫力があるねえ。ここでもrinとひとしきり写真の勝負。いちおう本人は一生懸命に考えて工夫をしているようなので、「rinは写真を撮るのが上手いねえ」と褒めておいてやる。

そんなこんなで昼飯には海鮮丼を食って帰る。

なかなか充実した旅であった。帰路の京都縦貫道で覆面パトと絡んだ、ちょいと面白いシーンがあったのだけど、ここには書かないでおこう(笑)。
[PR]

by ina-elise | 2015-11-25 22:44 | | Comments(0)

新緑の季節 3   

2014年 05月 03日

c0193648_22514764.jpg


GWもいつもと変わらず仕事。
例年のこととはいえ、春先からの疲れが出ていて、体調は下降気味の今日このごろ…。
これ以上悪くならないことを祈りたい。

出来れば、この青虫くんのように、ゆっくりゆっくり、ゆっくり虫でいきたいものだ。
[PR]

by ina-elise | 2014-05-03 22:54 | カメラ | Comments(0)

新緑の季節 2   

2014年 04月 29日

c0193648_22472213.jpg


飯盛登山の途中で撮ったひとこま。
[PR]

by ina-elise | 2014-04-29 22:48 | カメラ | Comments(0)

新緑の季節   

2014年 04月 27日

昨日は新緑の中を家族で飯盛登山の一日であった。
今日はinazumaとrinは所用で二人でお出かけ。貴重な一人の時間をエリーゼでまったりと堪能することにした。といっても夕方4時ごろまでには帰らなければならないので、行先は限られてくる。

多少は思案したものの、まだ高速のGW渋滞は発生していないようだったので、和歌山方面へ。

c0193648_2314447.jpg


行くところへ行けば、GWはじめの日曜だというのに駐車場だって独り占め。

JAF Mateの情報によると4月の下旬から、あやめが満開ということだったが、まだ全然咲いてなかった。だから駐車場もガラガラだったのね…(笑)。
すぐ隣にある鳴滝キャンプ場のバンガローはなかなか良さそうな感じだったよ。

このあとは近くの立ち寄り温泉へ。

地元のジジイが3人ほど我が物顔に振舞っていて、ちょいと鬱陶しかったけどお湯は大満足。
田舎のジジイは他人に配慮するという習慣がないから仕方ないのかね。
ま、そんなことはどうでもいい。


適当にお山を走って、道の駅を三軒ほどハシゴして帰ってきた。

有田までは高速を使ったとはいえ、300kmほどの一人ツーリングを楽しんだ一日であった。
さあ、明日からも仕事するで♪
世間はGWでもオイラはほぼ仕事なのね…。
[PR]

by ina-elise | 2014-04-27 23:30 | エリーゼ | Comments(2)

光沢   

2012年 03月 07日

昨日のこと、まあまあ程度のよい真サバが二尾手に入りました。いつもの漁師様ルートではないので、鮮度がやや心配で刺身にするのはためらわれたから、昨日は一尾を塩焼きにして、もう一尾をキズシに仕込んでいたのです。

c0193648_2203543.jpg


我ながら上出来でした。
今まで作ったなかでは一番の出来栄え。あまりに良く出来たから、これみよがしに腹の部分をひけらかしてます(笑)。

上手に出来た秘密が一つだけあるのだけれど、それは教えてアゲナイ♪


ああ、どんどん料理が上手になってていくオイラ…。
そろそろ本枯節の削り出しで出汁を取るかな…(ナゾ笑
[PR]

by ina-elise | 2012-03-07 22:05 | 料理 | Comments(4)

おしゃれは足元から   

2012年 02月 16日

つい最近買った靴。
c0193648_22171967.jpg

履こうと思ったタイミングの日が天気が悪く、まだ新品です。まあまあカッコいいでしょ。

って、ファッションのネタではなく…。



エリーゼちゃんにニュータイヤを履かせました。

どのメーカーのどのブランドをチョイスするか、TMRさんに相談に行ったのが10日ほど前のことだったでしょうか。選択肢はYかBかD。聞いてみるとYはお高いらしい。エリーゼに回せる資金が減少しつつある状況を考慮してYは圏外。価格の安さならDだろうと思いきや、タイヤ屋さんに問い合わせてみると、Bとの価格差は4本で数千円ほどだとか…。
少し迷いましたが、その差額ならRE-11に決定。独特のトレッドパターンが面白いなと思ったのと、なにやらあれこれと能書きが書かれているパンフレットに騙されてみることにしました(笑)。

で、タイヤが届いたのが今日だったのです。

c0193648_22291125.jpg

4本とも出来たてほやほやの新品だったみたい。装着するときもゴムの匂いがぷんぷんしてました。これはラッキーだったということで…。

c0193648_22311073.jpg

わざわざ挙げるまでもないでしょうが、こんなトレッドパターンです。
それよりなによりプラスチックみたいなネオバから、ちゃんとしたゴムのタイヤになったのが嬉しい(笑)。

c0193648_22325245.jpg


やっぱりニュータイヤは気分がいい♪

今日は時間がなくて、ほとんど走ってません。
まだ皮むきも出来てないせいもあるのでしょうが、挙動が軽くなりました。でも、ちゃんと接地感はありましたよ(って、当たり前か…笑)。
あと、気のせいか排気音が大きくなった気がするのですが…。
タイヤを変えると排気音って変わるのか!?
それとも単なるプラシーボ効果か?(爆)。

来週は比較的時間があるから天気の良いときに、ちょいと遠出をしてみましょう。

今年は去年よりはエリーゼ・ネタが多くなるで♪
[PR]

by ina-elise | 2012-02-16 22:38 | エリーゼ | Comments(0)

カキオコ考   

2012年 02月 05日

一回食べたぐらいで語ってたら、カキオコ通の失笑を買いそうですが、感想を述べるのに一回も百回も関係ありません。

と、開き直ったところで…


まず、カキよりオコの話から。
岡山のというか日生のお好み焼きは大阪と広島の折衷なんですね。これも一回(二軒)を食べ歩いただけで断言していいのか自信がありませんが、たぶん合ってると思います。
どういったらいいのかな、焼き方は広島風で具材と食感は大阪に近いという感じかな。

いわゆる大阪のお好み焼きとの違いは粉の量です。生地の味わいを楽しむのが大阪のお好み焼きで、野菜の甘みを楽しむのが広島のお好み焼きだと思うのね。オイラは、こてこての大阪人だから生地を味わいたい。広島焼きは人気の店をかなり食べ歩きましたが、結局どこも大差はなく、違いはソースの味だけではないのかな。
だから広島焼きはどれもあんまり美味いと思ったことがないのです。少なくとも広島でゼニを払って食ったお好み焼きより、我が家で焼くお好み焼きのほうが断然美味い。でも大阪には家より美味いお好み焼きを食わせる店はいくらでもあります。
ソースが決め手とはよく言うけど、それは素材の味を引き立たせるためのものであって、素材の味のなさを誤魔化すためのものではないでしょう。
ああ、広島人にケンカ売ってもた…(笑)。

って、いきなり脱線やん。

話を元にもどすと、カキオコでオコがホントに美味い店はどこなんだろうというのが、ただいまの興味なのです。昨日行った二軒でオコの味だけを比べるなら「ほり」のほうが美味かったです。一軒目で腹が減ってたこともあるかも知れないですけど…。

カキの美味さは絶品です。だったらオコが美味ければもっと美味しくなると思うのです。大阪風のふんわりさくさくの生地に、あの新鮮でぷりぷりのカキを包み込んで…。
ああ、想像しただけで涎がでます(笑)。

よく考えたら大阪には昔からカキ入りお好み焼きはあります。「カキオコ」と呼んでいないだけで…。
ただ、ガキの頃から食ってたカキ入りお好み焼きはカキそのものが大して美味くなかったのです。だからオイラはあんまり食べたことがない。


結論は大阪のお好み焼きに日生のカキを入れて焼くのが、オイラにとっては最高のカキオコということになりそうです。今度美味しいカキを日生か坂越で買ってきて、家でお好み焼きにして食ってみようかな。


せっかくの美味いカキをお好みなんかにしたらもったいないとか言って、ポン酢に七味で酒呑んでそうな気もするなあ…(爆)。


c0193648_093755.jpg

[PR]

by ina-elise | 2012-02-05 00:13 | グルメ | Comments(0)

初冬の里山を歩く──光と陰をもとめて──最終回   

2011年 12月 30日

樹影

c0193648_1713241.jpg





c0193648_1714204.jpg





c0193648_17154100.jpg





c0193648_17154118.jpg

[PR]

by ina-elise | 2011-12-30 17:15 | カメラ | Comments(0)

初冬の里山を歩く──光と陰をもとめて──その六   

2011年 12月 29日

冬枯れ

c0193648_10385670.jpg





c0193648_10391757.jpg

[PR]

by ina-elise | 2011-12-29 10:39 | カメラ | Comments(0)

初冬の里山を歩く──光と陰をもとめて──その五   

2011年 12月 28日

秋の名残

c0193648_1233377.jpg




c0193648_1235573.jpg

[PR]

by ina-elise | 2011-12-28 01:24 | カメラ | Comments(2)