タグ:読書 ( 3 ) タグの人気記事   

愛読ブログ   

2010年 02月 10日

昨日はどうでもいいことを書いたので、今日はちょっとだけタメになる話。

エリーゼ乗りのブログもずいぶんと増えまして、イチイチ(失礼…笑)チェックしていてはキリがないので、最近のルーティンはリンクを貼らせていただいているものに限っています。エリーゼ絡みで特に知りたい情報も少なくなったし…(爆)。

というわけで本日ご紹介するブログはエリーゼとはまったく関係がありません。

一つ目はこれ。

クルマを諦めきれない…blog

四〇代以上のクルマ好きなら必ず刺さります(笑)。
ちなみにコレを書いているshibuyaさんとこにC3ピカソを注文しました。今ならオイラが頼んだクルマが一ページ目に載ってますよ。
まだ一回しか会ったことがないからどこまで信用できるかは分かりませんが、面白いオッサンです。いなぞうセンサーには「悪人ではない」と出てます(笑)。
意外と信用できるんですよ「いなぞうセンサー」。ただし男性に限ります。どうやら女性の場合は別のところに反応してしまうみたいです(爆)。

二つ目はこれ。

内田樹の研究室

最近の話題書『日本辺境論』の著者・内田樹(ウチダタツル)先生のブログです。
実際には教わっていないけど「アナタのことを『先生』と呼ばせていただいてもよろしいですか?」と懇願したくなる、数少ない人物の一人です。
最初に読んだのは何かは忘れました。養老猛司との対談『逆立ち日本論』だったかな。
とにかく、この人の文体がいなぞうには心地よいのです。たぶん好みはハッキリと分かれると思います。でもって論考が鋭く深い。
単なるインテリゲンチャではなく、武道の心得も持っておられるところにシンパシーを感じます。いなぞうに武道の心得はないけど…(笑)。
生身を伴わずに身体性を論じている文章に胡散臭さを感じることの理由が内田先生の文章を読んでいて少しだけ分かった気がします。

最近、人間業とは思えないペースで著書を出版されておりますが、これは同じことを視点やネタを替えて書いてるから、ということに最近気づきました。何冊か著書を読んでると「これアレと同じやん」ってことがちょくちょくあります(万が一本人がこれを読んだとしても、これくらいのコメントは笑ってやりすごしてくれるでしょう…笑)。

とはいえ間違いなく『日本辺境論』は面白いですよ。読むなら文言を吟味しながらゆっくり読むことをお薦めします。でもって、読んだあとにゆっくり風呂に入るとか、美味しい酒を呑むとかしながら、書いてあったことを噛みしめるように反芻(はんすう)していると、先生の思想が体にしみこんでいきます。これは比喩ではなく実体験です。

最後はこれ。

「ココログ・山々のブログ

いなぞうの恩師・ヤマちゃんのブログです。
「ヤマちゃんて誰や!?」と思った人でも『実戦トレーニング 古文単語』(中央図書)の著者・ヤマちゃん先生といえば「ああ、あのセンセ!?」と思い当たる人も居るのではないかと思います(先生ご自身はブログで本名を明かしていらっしゃいますが、ここでは「ヤマちゃん」でいきます)。
いなぞうにとっては大学で教えを乞い、仕事場でお世話になり、恩師であり大先輩でもあるという人です。
あと、夜の遊びの師匠でもあります(笑)。

先生をご存知の人は、声をそろえて驚かれますが、失礼ながら十分に隠居の年齢で去年から新たにパソコン教室に通われ、その成果の一つとしてのブログだそうです。

先生をご存知の方はもちろん、そうでない方も一度ご覧あそばせ♪
古典に興味のある人なら面白く読めると思いますよ。


とまあ、毛色の違うブログが三種並びましたが、いなぞうにとってはどれも面白い愛読ブログなのでありました。


c0193648_3123699.jpg


NAKAさん、これはどこか分かるかな?
船の動きに釣られてカメラを右に振ってしまったことが悔やまれるショットなのですが…。
[PR]

by ina-elise | 2010-02-10 03:23 | ジャンク | Comments(4)

まさに香り高く…   

2009年 11月 12日

ますます大好評のコーヒーネタ…(笑
最近、自虐的になってきたのか、引かれれば引かれるほど押したくなるのです(自爆

美味しいコーヒーを淹れるための第一の条件は「新鮮な豆を使うこと」。
ここで言う「新鮮」とは「生豆」の鮮度ではなく、焙煎後の時間のことです。必ずしも焙煎直後が最もよいというわけでもないようですが、焙煎してから時間が経てば経つほど豆の酸化が進みます。

てことは素人が美味しいコーヒーを楽しむためには豆を購入する店選びが大切ということですね。ポイントは回転の良い店を選ぶということでしょうか。
いなぞうが豆を購入しているのはコチラ

アフィリエイトなんてやってませんから、気になる人は勝手に飛んで行って買ってみてください。お薦めポイントは注文を受けてから焙煎してるってところです。
楽天に出店している店の常でウダウダと宣伝文句がウザイですが、焙煎に関してはウソはついてないと思います。これは淹れてみれば分かることです。

ま、上記の店でなくても良心的なところはいくらでもあるでしょうから、自分で探してみるのが良いですね。
いなぞうは対面販売で決まった店を一軒持っていたのですが、とある事情で定期的にその近所へ行かなくなってしまってから、ネットで数軒ためしているうちに上の店にヒットしたわけです。今でも「ポイント10倍」とかに釣られて浮気することもありますが、まだ上の店を越えるところには楽天では出会ってません(同等レベルが一軒だけかな)。

あとはいかに美味しく淹れるかですが、これはいなぞうにもよく分かってません(笑)。
所詮は自分と、せいぜい家族が楽しむためのことなので、あまり堅苦しくアレコレ言うのもなんだかなと…。
「こだわり」なんていえば聞こえはいいですが、結局は「自己満足」の世界ですから…(笑)。

参考になる本を一冊だけ推薦しておきます。

c0193648_0515782.jpg


コーヒーおたくが真面目に書いた本です。
胡散臭い流儀やノウハウが語られていないところに共感がもてます。
コーヒーが好きな人なら楽しく読めるはずです。関心のないページは飛ばし読みしても大丈夫なところが今風の本ですかな…。
[PR]

by ina-elise | 2009-11-12 00:58 | グルメ | Comments(4)

読書の秋   

2009年 10月 25日

勝手に始めた「小さい秋♪」シリーズ。
月見→運動会あたりから続いてるから、結構な連作です。途中に「どうでもいい話」が挟まってるけど…(笑)。


で、秋といえば読書の秋。
ただし、rinを寝かしつける前に親が眠ってしまうから、いまの我が家には「秋の夜長」などありません。仕事で帰りが遅くなる日を除けば、9時頃には家中の電気を消して全員が布団に入ります。そうでもしないとrinは眠らないのね。で、疲れてるときなどは、親も一緒にそのまま朝まで…なんてことも(笑)。
何歳になっても寝る子は育つ、のです(爆)。


というわけで昨夜も就寝は9時すぎでしたか。で、2時すぎに目が覚めました。まずは日曜の仕事の準備。目が覚めたのもコレがあったからなんだな、たぶん…。
ひととおり終わってもう一度眠ろうと思ったのだけど、眠くない。既に5時間以上寝てますから当然といえば当然です。

仕方ないので、さっきまで酒飲みながら軽く読書。これって秋の夜長って言うのかな?

いま読んでいるのは水村美苗の『日本語が亡びるとき』という本。
ちょうど一年前に出版された本で、なぜだか最近ふたたび話題になっているようです。

出版当初、持ち上げられていたときは直感的に拒否のサインを感じていたのですが、先日とある本屋で大きく扱われているのを思わず手にしてパラパラと見ていると面白そう。てことで、関連本二冊も合わせて購入したものです。
本屋にはめられた感がなきにしもあらずですが、読んでみるとなかなか面白い。

センセーショナルな題名が先行しているところがあるようですが、真面目に書かれた本だと思います。言葉に興味のある人は読んでみてもいいかも…。
[PR]

by ina-elise | 2009-10-25 05:01 | ジャンク | Comments(0)