タグ:鉄ちゃん ( 32 ) タグの人気記事   

昭和は遠くなりにけり   

2017年 10月 04日

久しぶりの更新。あれこれ思うところと思うところもあったが、ここには書かないでおこう。

本日はJRの103系の大阪環状線でのラストランの日だったとか。
鉄道に思い入れのある方々とは比ぶべくもないが、自分が物心ついたころから走り始めている103系には、それなりの思い入れがある。

103系にかこつけて10月3日をラストランの日に設定したらしい。
そもそも、走り始めた当初はオレンジのボディカラーが珍しかったのか、グリーンやブルーの車体を見ると田舎に来たなと感じたものだ。つまり、オレンジの車体は都会の印…(笑)。

かつては、近鉄沿線に住んでいたので、大阪環状線の起点は鶴橋であった。森ノ宮のサクラクレパスの工場の看板や、桜宮の明治のミルク工場の看板などが子供心に楽しみだった。今でいうとJR高槻駅の手前に明治の馬鹿でかいチョコレートの看板があるが、スケールの違いこそあれ、似たようなものだろう。とにかくクレパスのでっかい看板と、でっかい牛乳瓶の看板を見るのが楽しみだった。

今の子供達からすれば、何が楽しいのやら? てなところだろうが、まあ、そういう時代だったのだ。あてがいぶちのゲームに熱中しているのと、どっちが幸せかはよくわからんけどね…。

あと、自分が子供の頃にはエアコン装備の車両はほとんどなく、夏期の大抵の車両には扇風機が回っていた。だから、自分が乗った車両が冷房(当時はエアコンなどなかった)だと、ラッキーてな感じだった。これも、今は昔のはなしだな…(笑)。

そんな、あれこれの思い出がある103系が今日で姿を消すというのは、しみじみと感慨深いものがある。
時代の流れといってしまえば、それまでだが、昭和はそれほど捨てたもんじゃないよ。
昭和と一括りにして切り捨ててしまう前に、昭和の人たちが考えていたことや、残してきたものの意味を考えてみることも大切だと思う今日このごろである。



[PR]

by ina-elise | 2017-10-04 00:41 | ジャンク | Comments(0)

湯けむり春の旅   

2015年 03月 20日

春恒例の恩師と行く温泉旅行。回数を重ねに重ねて、今回で通算二十回目。いろんな温泉にいろんな人と行ったが、このところはすっかりオッサンの子連れ旅行となっている。我が家からはinazumaとrinも参加。他にrinと同級生の女の子と、その弟で一歳になっだはかりの赤ちゃんを含めて総勢9名の旅である。

行先は丹後の夕日が浦温泉。
実はrinのたっての希望で、これに乗りたかったのね、

c0193648_1043318.jpg

タンゴディスカバリー

導入当初は最先端の特急車両だったが、もう既にずいぶんお年なのね。乗り心地や内装はお世辞にも素敵とは言えなかったかな。

でも、こんな展望デッキが作られるようになったは、この車両が先駆けだったのではなかろうか。

c0193648_10455310.jpg


c0193648_1046812.jpg


京都から木津温泉駅まで乗り換えなしで行けるのが何よりありがたい。だって、列車に乗ったと同時に呑み始めるオッサン、オバハンばかりだから…(笑)。

で、子どもを肴にガヤガヤ、ガブガブやってると、なぜだか綾部駅で止まったまま車両が動かない。みんな酔っ払ってるから気が付いていなかったのだが、通常の停車時間を大幅に過ぎているもよう…。
車内アナウンスをよく聞いてみると「車両トラブルで運転再開のめどが立ちません」だって!?

仕方なく普通車両に乗り換えることになってしまったよ。せっかく盛り上がった宴にすっかり水を差されてしまった。

ただ、悪いことばかりではなくて、乗り換えた北近畿タンゴ鉄道の車両がなんと!?

c0193648_10524455.jpg

「あおまつ」じゃないですか。

去年、カニ喰い旅行の帰りに「あかまつ」に乗ったから、偶然とはいえこれで赤と青の両方に乗ることができた。しかも「あおまつ」に乗車していたアテンダントのお姉さんがとってもキュートな方で楽しかったよ。rinとhiroちゃんがずいぶんお世話になりました。

そんなこんなでようやく旅館に到着。

今回のお宿は「佳松苑」
料理もしつらえもスタッフもとても良い宿だった。残念なのはお湯がイマイチだったことか…。

なにはともあれ、のんびりと過ごせてよかったよ。

帰路ももう一度タンゴディスカバリー。

みなさん帰りはお疲れ気味でしたけどね。元気なのは子どもだけ…。

c0193648_10595117.jpg


c0193648_110876.jpg


この旅にはめずらしく今年は天候に恵まれなかった。

さてさて、来年はあるのかな…。
[PR]

by ina-elise | 2015-03-20 11:02 | | Comments(1)

鉄の道を行く~カンセンジャーと行く博多総合車両区の旅編~   

2014年 05月 17日

早朝6時起床で博多までの日帰り旅。
「カンセンジャーと行く博多総合車両区の旅」に行ってきた。JTBが企画するツアーなのだが、募集とほぼ同時に締め切られたという、p.マッカートニー並みの人気企画の旅である。さいわい、事前に情報を入手して予約を入れておいたので、無事に参加できることになったという次第…。

c0193648_23202652.jpg

使用列車はもちろん500系。
いまは700系が主流だけど、デザイン的には500系がいちばんカッコいい!
乗ってても、最新の新幹線より乗ってる感が味わえてよかったよ。時代に逆行していようがなんだろうが500系には頑張ってほしい。
そういうオヤジのノスタルジーがカンセンジャーに昇華したのだろう。

c0193648_23273949.jpg

道中の車内ではカンセンジャーが大活躍。
通り過ぎた背中を見ると汗ビッショリでしたな。お疲れ様です♪

そんなこんなで博多へ。

c0193648_23301377.jpg

一般のツアーとは違って、新幹線車両区まで直接500系で乗り付けるという贅沢。

c0193648_2334267.jpg

もちろんカンセンジャーショーも見学。これはツッコミどころ満載で、とても面白い芝居だった。長くなりそうなので、ここではこのワンショットのみで…。

このあとは自由に場内を見学。
c0193648_23362644.jpg


台車を熱心に見ていたらJRの職員の方が親切に教えてくれた。
c0193648_23375711.jpg

この横向きの棒はヨーダンパーだとか。いまの700系の乗り心地は、かなりハイレベルのアクティブサスペンションのシステムに支えられているとのことだ。

他にもいろいろ面白いスポットを見学したが、なかでも値打ちのあるのはこれだろう。

c0193648_23424118.jpg

500系のホンモノの運転台。
オイラもちょっと代わってもらいたかったぐらいだよ…(笑)

c0193648_23451469.jpg


とにかく楽しく遊んだ。
だって新幹線だらけなんだもん…。

帰りには洗車体験まで出来た。
c0193648_2347671.jpg


薬剤の泡を浴びた新幹線を水で洗い流すと
c0193648_23483884.jpg

このとおり綺麗に♪

そんなこんなで12時間あまりの日帰り旅。博多での滞在時間は3時間ほどで、しかも車両区以外の土地は踏んでいないという特殊な旅だが、これもまたよし。

c0193648_23514811.jpg


お疲れちゃん♪
[PR]

by ina-elise | 2014-05-17 23:52 | | Comments(0)

温泉旅行のおまけ   

2014年 03月 24日

「spring in spring」をアップしてからずいぶん日が経ってしまったが、あの旅行にはおまけがあったのだ。

帰路の浜松駅でのこと。帰りの新幹線までに少し時間があったので、rinと二人でホームに上がって、通過する新幹線を見学していたのである。普段利用する駅では、どの新幹線も停車するので、通過する列車を見送る経験はほとんどない。

実は、これが大迫力なのだ!
空気を切り裂く、キーンという金属音とともに時速300km近くで通過する新幹線はホントに大迫力。せっかくだからホームの先頭まで行って、rinと二人でワァワァ言いながら何台もの新幹線を見送っていたのであった。

すると、鉄ちゃん歴30年といった出で立ちの兄ちゃんが話しかけてきたのね。
話してみると、とてもいい人だった。自分の撮った画像を見せながら、あれこれと知らない話を教えてくれた。で、そんな話の流れの中で「今日ドクターイエローが西へ下って行った」と…。

「今日のイエローは〇〇スジ(〇〇は三桁の数字だったけど忘れた)だから、16:20に新大阪を出発します」だとさ。
なぜ、ダイヤまで分かるのかは、下々の者どもには知るよしもない。自信満々に言う素振りからウソを言っているわけでもなさそうなので、信用することにした。

オイラたち一行は16:03に新大阪に到着する予定だから、情報通りだとバッチリ見られるはずだ。

c0193648_01143812.jpg
おりましたよ!

さすがは筋金入りの鉄ちゃんだ。親切に教えてくれてありがとうね♪

おかげで旅の最後に良い締めができたよ。



[PR]

by ina-elise | 2014-03-24 23:08 | | Comments(4)

spring in spring   

2014年 03月 19日

恩師と行く恒例の春の温泉旅行。今年の行先は浜名湖のほとり、舘山寺温泉。
浜松まで新幹線で行き、タクシーで三十分ほどでしたか。

毎年のことだが、行きのこだま乗車中の2時間あまりで美味い酒をガンガンに呑んでいる。
この旅のメインは、つねに行きの列車なのだ。新幹線には仕事の人も多数乗車しているから、多少は周りの目を気にしてはいたが、呑み始めると関係なくなるのね…(笑)。 
   
c0193648_00274862.jpg
今年も晴天に恵まれた。
で、初日はロープウェイに乗っておわり。もう、みんな酔っ払ってるからね。あんまりうろうろすると危ないから…。
お宿は「開華亭」というところ。

c0193648_00305087.jpg
 

年季の入った建物であったが、スタッフの対応は心地よかった。

翌日はrinのリクエストで、まずは遊覧船。 

 
c0193648_00365380.jpg
 

浜名湖を60分ほど遊覧する。春風が気持ちよかった。

でもって次は遊園地。同行の方々はいずれもオッサンばかりなのに、rinに合わせていただいて恐縮である。 観覧車に乗ったり、急流すべりをしたり…。 オッサンでも、たまにはこういうのも面白いのね。 画像はほぼすべてにrinが写っているのでアップできるものはほとんどない。

c0193648_01072303.jpg

ひとしきり遊んで昼すぎには帰途についた。

 rinにとっては至れり尽くせりのホントに楽しい旅になった。 何度も何度も「楽しかった♪」を繰り返していたのは本心なのだろう。同行の先生方、本当にありがとうございました!



なんかエキサイトの仕様が変更になって投稿がやりにくい。
あんまり面倒なようだとやる気が削がれるなあ…。



[PR]

by ina-elise | 2014-03-19 01:08 | | Comments(0)

鉄の道を行く ~有田川鉄道公園編~   

2014年 03月 02日

朝からinazumaは仕事で外出。天気があまり良くなくエリーゼで出かける気分ではない。かといって、ずっと家で過ごしていてはrinの体力があり余ってフラストレーションが溜まりそう。

というわけで、和歌山は有田まで出かけてきた。
c0193648_18084669.jpg


ここには旧有田鉄道のキハ58が動態保存されていて、土日には乗ることもできる。

c0193648_18121044.jpg
なんとも昭和な雰囲気。
c0193648_18125970.jpg
c0193648_18140893.jpg
c0193648_18144871.jpg
交流館の中にはジオラマもあって自分で動かすこともできる。rinの場合は、15分も動かせば満足してくれるので料金的にもそれほどではない。

それからこれ。
c0193648_18180301.jpg
どこにでもあるミニ列車なのだが、動力はなんと人力!?
自転車をこいで発電させた電力で動く仕組みになっている。もちろんこれはオイラがペダルを回しながら撮った写真。3周ほどもすると結構つかれたよ。

そんなこんなで2時間あまりをすごして帰ってきた。
駐車場は無料で入場料もタダ同然の金額だが、大阪から行くには交通費が高すぎるか…。

何かのついでにちょいと立ち寄るという感じがいいかも。
桜の季節には線路沿いの桜並木が美しそうだった。




[PR]

by ina-elise | 2014-03-02 18:23 | ジュニア | Comments(4)

カニと鉄 その弐   

2014年 02月 26日

翌日は竹野からさらに西へ…

c0193648_127387.jpg


餘部といえば、40代以上の方なら、痛ましい事故の知らせとともに地名を記憶している人もいるだろう。いまは新しい橋梁に架け変わっていて、古い線路が少し残されており、その上を歩くことなどができる「空の駅」になっている。

c0193648_1301657.jpg


c0193648_131529.jpg


c0193648_1321836.jpg


c0193648_1335291.jpg

拙い写真では上から覗いたときの不安感というか恐怖が伝わらんな…。

下から見上げると
c0193648_13518100.jpg


折り返しの列車を待つ間の1時間半ほどを過ごして、帰路はひとまず豊岡まで。
今回の旅のメインといっても過言ではない、北近畿タンゴ鉄道の「あかまつ」号に乗車するのであった。

c0193648_1395438.jpg


rinを喜ばせるのが目的だったはずなのに、乗ってみると車内のいたるところにさまざまな工夫が凝らしてあって、親のほうが喜んでおりましたか。

c0193648_1451250.jpg


c0193648_147889.jpg


c0193648_148790.jpg


c0193648_149033.jpg


c0193648_1492142.jpg


楽しかったことは画像の多さで伝わりましたやろか。
豊岡から終点の西舞鶴まで2時間あまりの列車を堪能した。あかまつ・あおまつに乗車するには乗車整理券として300円が必要(おまけに6歳以下の幼児でも小児運賃が必要)だが、それぐらいは払う価値ありの列車である。この春には新しく「くろまつ」も運行される予定だとか…。

不採算路線として切り離された三セクが企業努力で頑張っているのを応援するという、ささやかな社会貢献としても乗ってみてもいいのではないだろうか。貸切も出来るらしいからCLUB111でイベントでも企画する?(笑)。


で、わぁわぁ言うておりますうちに終点の西舞鶴。

ここで再びJRに乗り換え、特急まいづるで京都まで、さらに新快速で大阪までという遠回りな鉄ちゃん的帰路となったのであった。

切符を買う時に最寄りの小さな駅の初老の駅員には、帰路の意図が理解してもらえず苦労したのだが、rinにもinazumaにも大好評(とくに北近畿のあかまつ)だったので苦労は報われたのであった。
[PR]

by ina-elise | 2014-02-26 02:08 | | Comments(2)

鉄の道を行く~プラレール博2014~   

2014年 01月 05日

新年あけましておめでとうございます。

のっけから鉄ネタで恐縮ですが、ここはお約束ということで…。

去年に引き続きプラレール博に行ってきた。ニュートラムが激混みでビビったのだけど、ちょうど大阪市消防隊の出初式と時間がかぶってたみたい。
たしか去年は3日に行ったと思うのだが、大層な人混みに閉口して二時間弱で早々に切り上げたのだったが、今年は正月休み最終日(世間的には)だったせいか、比較的空いていてよかった。

去年は六〇分待ちとかになっていたプラレール釣りもさほど並ばずにすいすいと…。

あれこれ楽しめてrinもご満悦の様子でなによりであった。

c0193648_23104069.jpg


イベント記念と称して0系新幹線が売られていたので思わずゲット。
普段は「父ちゃんはプラレールは買わへん!」とrinに言い聞かせてるから、逆にrinが不思議がって「今日は買うてこれるのん?」と聞いてくるから「0系は特別や、父ちゃんと同い年やからな」と言っといた。
嗚呼、オイラも今年で50なのね…。

なんじゃかんじゃで3時間あまり滞在したか。
さすがに中で飯を食うほどには家族3人とも本気じゃないので退散。

参加者の年齢を見ていて思ったのだけど、このイベントも来年あたりが限界か…。
小学生と思しき子どももちらほら居たけれど、イベントの中身を考えたら、もうエエやろ…。


というわけで、みなさま今年もよろしくお願いします。

エリーゼねたはアップしてないだけで、去年も結構乗ってたのだよ。
エリーゼでお山を走ってきた、なんて今更ネタにもならないしね。

新年会はまだ参加者募集中!
残り4人です。希望者はお早めにどうぞ♪

[PR]

by ina-elise | 2014-01-05 23:26 | ジュニア | Comments(2)

鉄の道を行く ~交通科学博物館編~   

2013年 11月 30日

来年の4月には閉館となる、弁天町の交通科学博物館。このタイミングで行っとかないと、子鉄のrinが大きくなったときに恨み言をいわれそう。てなわけで好天の土曜日に行ってきた。

これにはちょいとした伏線があって、今日はinazumaが終日仕事。夜まで父子二人で過ごさねばならなかったので、オイラとしてはエリーゼで父子ツーリングに行きたかったのだが…。

金曜朝の出勤前、玄関先で「今日は何時ごろ帰って来るん?」と、新婚ほやほやの新妻のような健気な言葉をかけてくるrin。このところ恒例の出勤前の微笑ましいひとコマなのだ。で、「今日は11時ごろになるから先に寝ときなさい。それから明日は母ちゃんが仕事やから二人でどこかへ遊びに行こう。どこへ行きたいか考えときなさい」と言い残して仕事へ行ったの。
オイラはオイラでエリーゼと電車を両立できるプランをアレコレ考えていたのだが…。

帰宅してinazumaに尋ねると「交通科学博物館へ行くって言うてたで」と。
保育園でも先生やら友達やらに言いまくっていたらしい。まさか既成事実を作るつもりでのことではなかろうが、なかなかの策士じゃの。

ま、どっちにしても行こうと思ってたからね…。

オイラもたぶん小学生の頃に行って以来…。
なかなか面白いね(笑)。

土曜日で混雑してるかと思ったけど、ほどよい人の入りでストレスなく見学できたのが非常に良かった。とにかくオイラは人混みと並ぶのがキライだから…。

c0193648_2242291.jpg

0系新幹線の運転席。

c0193648_22432243.jpg

ジオラマ実演。
なかなか凝った造りでしたな。複雑なレイアウトに何編成もの車両を同時に走らせて、よくぶつからないね(笑)。
JR西日本がやってる仕事だからここで脱線とか衝突はないよね。

c0193648_2247924.jpg

個人的には「曝涼展」てのが面白かった。古いのを引っ張り出してきて、引っ越し前の虫干しってやつですかね。

c0193648_22492868.jpg


c0193648_2249492.jpg


c0193648_2250939.jpg


さすがは交通科学博物館。電車以外もちゃんと展示されてるのね。

このあともあれこれ遊んで、なんと滞在時間4時間半!
「お腹すいたやろ?」と尋ねると
「電車見てたらお腹すかへん」って…。

将来どんな大人になるのやら。


子鉄の希望をさらに満たすべく最後の仕上げ。

c0193648_2255177.jpg

福島にある「トイトイパーク」という子どものワンダーランドに立ち寄った帰りなんだけどね。
踏切で目の前を特急列車が通過する姿は迫力があったな。

そんなこんなでたっぷり鉄ちゃん三昧の一日なのであった。

明日は父ちゃん一人だけでエリーゼを走らせるのだ! たぶん…(笑)。
[PR]

by ina-elise | 2013-11-30 22:58 | ジュニア | Comments(0)

鉄の道を行く~吹田総合車両所編~   

2013年 11月 30日

三週間も前のことを書くのは気が引けるが、それぐらい忙しかったということで…(笑)。

11月9日の土曜日に吹田総合車両所の公開イベントに行ってきた。前週の3日には網干に行ってたから、どんだけ鉄分多めやねんっ!

ま、rinが行きたがるんだから仕方がない…。

c0193648_1374950.jpg


今回はinazumaは仕事のため、オイラとrinの父子二人連れ。ただし、吹田は運転体験と車掌体験はハガキによる事前申込制(もちろん抽選)。で、運転は外れたけど車掌は当たった。rinは「車掌になるっ!」と言ってはばからない子だから当たりなんだな…。

おかげで網干のように並ばなくて済むので、あれこれ見学できて非常に良かった。連れて行く親としてはこちらのシステムを激しく希望するものである。

しかも吹田は網干と違って、家から近~い。早起きしなくても開門の10時には到着しましたよ。

とりあえず場内をぐるっとひとまわり。吹田のほうが網干よりマニア率が高いような気がした。オイラはもともと鉄ちゃんじゃないので、そのへんの事情はよく分からん…。

c0193648_1394867.jpg

車両の吊り上げ移動も特急列車を使っているから網干よりグレードが高いぞ!

c0193648_14223100.jpg

こんなんにも乗れたよ。軌道自転車。エンジンはレンタルカートに積んでるようなやつでしたな。

c0193648_1444129.jpg

出発進行!!

このあとはミニSL乗り~の、ミニ新幹線(なんとドクターイエロー車両だった!?)乗り~の、社員食堂で激安カレー食い~の、車掌体験やり~のetc.

c0193648_1495627.jpg


あれこれホントに楽しめてよかった。rinも大満足の一日であった。

c0193648_1513850.jpg

[PR]

by ina-elise | 2013-11-30 01:52 | ジュニア | Comments(0)