タグ:B級グルメ ( 5 ) タグの人気記事   

走る市民   

2015年 12月 06日

自分のことを「市民ランナー」などというと、全国1千万人の市民ランナーの皆さま全員から、お叱りの言葉を受けること間違いなしなので、そんな大それたことは申しますまい。でも「走る市民」であることは間違いないので…(笑)。

ちょっと真面目に走ってみようかと思い始めたのは去年の今ごろだったか。でも、仕事やら何やらとあれこれ忙しく、まともに練習できない。というのは単なる言い訳で、本当に真剣に走っていらっしゃる方々は早朝5時に起きて仕事前に練習しているとか。
とはいえ怠惰なオイラにそんな芸当ができるわけもなく…。

なんとな~く時を過ごすだけで1年が経とうとしているのに気付いてこれはいかんと…。

そこで、とにかく空いている休日にはなるべくレースにエントリーして練習代わりにしようと思いついたのね。
名付けて「川内優輝方式」…(爆)。
レベルから何からすべてが違いすぎるので、これまたお叱りを受けそうだが、気にしないでおこう…。
 
というわけで今日は大阪城で行われた「ごちラン」に出走してきた。
全国のご当地グルメが屋台を出すので「ごちラン」ということらしい。今日は十数店舗が出店してましたか。

大阪では第一回ということで、10キロにエントリーしたのだけど、人数がそれほど多くなく走りやすかった。平坦コースというのもあって、1時間切りを達成。オイラのような酒飲みオヤジにしては上々のタイムだろう。
これでも、はるか昔、高校生の頃は10キロを35分切りで走っていたのだよ。まあ、自慢にもならんほど大昔、というか今から比べれば、ほとんど他人のような頃の話だが…(笑)。

c0193648_2222657.jpg


走ったあとにたこ焼きと富士宮焼きそばを食って帰ってきた。いちおう、「ごちラン」だからね。

次は年明けまでエントリーはしていないので正月の暴飲・暴食がどう出ますやら…。って、暴飲・暴食を辞める気はないのよね~(爆)。
[PR]

by ina-elise | 2015-12-06 22:09 | ランニング | Comments(0)

みやび   

2009年 11月 02日

限定モノにはとりあえず食いつくのです。

c0193648_1530391.jpg



というわけで飲んでみました「PEPSI Azuki」。


夏季限定で発売されていた「PEPSI Shiso」の第二弾です。
「しそ」のときも周囲の悪評に反して、いなぞうには爽やかな涼感が好印象で、これはこれでアリでしょう、というものでした。

だから話半分ぐらいに聞いといたほうが良いかもしれませんが、「あずき」もいけますよ。

「しそ」にしても「あずき」にしても「そう来るか!?」と意表をつく味のセッティングがナイスです。つまらぬ先入観でグダグダ言うよりは、開発者のチャレンジスピリットに敬意を表したいものです(笑)。


買っても後悔しないためのポイントは「コーラ」ではなく、「ペプシあずき」として飲むということでしょうか。
チャレンジャーは一度お試しあれ♪
[PR]

by ina-elise | 2009-11-02 15:39 | ジャンク | Comments(4)

いい湯・ば・ら♪   

2009年 09月 03日

夏の終わりに温泉でリフレッシュ♪
今回のチョイスは湯原温泉です。ちょっとした縁で安く泊まれる宿があったもので…。
rinを連れていては温泉に浸かるのもままならんだろうということで、ina父を増員。既に立派なジジイだけど、戦力にはなるでしょう(笑)。
孫の世話というと、喜んでついてきました。

いきなり宿を目指すのも味気ないので、早めに家を出て「ドイツの森」というところに寄ってみました。場所は岡山国際サーキットと湯郷温泉との中間地点から西へ20kmほど行ったあたりかな。当日は日曜だったので最も近い山陽道・山陽ICまで行き、そこから30分ほど県道を北上して到着。

c0193648_10211285.jpg


スキー場ぐらいの広大な敷地がいくつかのエリアに分けられていて、一日たっぷり過ごしても楽しそうなところでした。ドッグランもあるので、子連れと同じぐらい犬連れが訪れてましたね。
ウサギやヤギなどの動物たちと触れ合えるところもあって、子どもたちで賑わっておりました。でもね、rinは動物が怖いみたい。何を見せても「くぅわい、くぅわい!」と言ってしがみついてきます。だって綺麗なアゲハチョウでも逃げてくるんだから…(笑)。
ま、これも物事が正確に認識できている証拠だと肯定的に受け止めています。見たこともない生き物をワケも分からんままに無防備に触りに行くほうがよっぽどアタマが悪い(爆)。

そんなこんなで、ひとしきり遊んだあとは、いよいよ湯原温泉へ。
今回宿泊したのは「湯の蔵つるや」というお宿。部屋などの施設はそれなりですが、スタッフのもてなしは気持ちの良い宿でした。

c0193648_10291996.jpg


中庭の眺め。もとは酒蔵だったのを改装したそうです。

湯原温泉といえば、ゴルフ好きのオヤジがプレーのついでに寄るところぐらいに思ってましたが、なかなかどうして、良いお湯でした。見た目はあっさり系の重曹泉ですが、湯上り後もいつまでもポカポカと温かく、お肌もつるつるになります。子宝と美人の湯というのは本当ですね。

高速道路がすぐ近くまで通っているとはいえ、やや辺鄙な場所がらか適度にひなびた感じが漂っているのも好印象です。人が少なくてお湯が良いというのは温泉好きにはたまらんです。

湯原に来たからには「西の横綱」との称号を得るきっかけになった、混浴露天風呂「砂湯」に行かねばなりますまい。子連れで夜は危ないので朝飯前に一風呂浴びることにしました。

rinに掛け湯をしてやって、抱きかかえながら入ろうとしたら………
岩に足を滑らせて抱っこしたまま転倒。

大事な息子(自分のじゃないよ…笑)が岩に頭をぶつけないように身を挺して支えたつもり。でも、とっさのことでどうなったかは正確には分からない。ひたすら泣きじゃくるrin。とりあえず外傷はなさそう。いなぞうは擦り傷と打撲が全身のいたるところにありましたが、そのときは気づいてませんでした。

結局は湯には浸かれないまま撤収。見た目はなんともなくても脳内出血などしていたらどうしよう!? と気が気ではありません。この後しばらくは、ちょっと泣いたり、眠たそうにボーッとしていても気になる始末で、旅気分は吹き飛んでしまいました。ものの本によると「打撲後48時間は様子を見守るべし」とのこと。一応の目安の時間を過ぎて異常は見られないので大丈夫なのでしょう。それまではブログを書く気も起こらなかったのね。


そんなこんなで、まっすぐ帰るか? との考えも浮かびましたが、見た目は大丈夫そうなので予定通り蒜山高原へと。
涼しくて快適な道が続くところでしたね。エリーゼで走ればもっと楽しいだろうと思いながら運転しておりました。エリーゼで早朝に出発すればギリギリ日帰り圏内ですが、今度みんなで行ってみる? 行きたいという人が数名でもいれば検討してみましょう。

旅の最後の昼食は道の駅で情報をゲットしたこれ。

c0193648_1114052.jpg


ご当地グルメ「蒜山焼きそば」です。
普通の焼きそばとはソースが違うのです。イメージとしては鈴鹿名物「亀八食堂」の味噌ダレをもう少しあっさり目に仕立てたソースという感じでしょうか。とにかくビールか焼酎が飲みたくなる味です(爆)。
一人前500円(写真は3人前)というのは安い! もともとは余り物で作ったまかない料理のようですが、こういうのがホントに美味いのですよね♪
これはお薦めです。道の駅に地図が載ったチラシがあります。お店は何軒もあるみたいなので、みんなでハシゴするのもアリかも…。いなぞうたちが行った店はジモピーしか行かないような汚い店でした(笑)。


というわけで、今年の夏もホントに終わり。
早くも忙しい季節がまたまたやってきたのでありました。
[PR]

by ina-elise | 2009-09-03 11:17 | | Comments(6)

ジャンク!   

2009年 03月 19日

何を思ったのか突然inazumaが焼きそばパンが食べたいと…。

買ってくりゃエエってなもんですが、どうせなら美味しくて豪華なのを作ってみるかということで自家製焼きそばパンの作製にとりかかりました。
もともと焼きそばはソースでも塩でもなんでもござれの得意料理の一つ。いなぞうの作る焼きそば、意外と美味いんですよ。というわけでサクッとソース焼きそばの完成。

ここでinazumaとバトンタッチしてパン作り。本格的なパンは手間も時間もかかるから市販のピザ生地を使うことにしました。いわゆるコッペパンを使ったオープンサンドではないところがポイントです。
広げたピザ生地に適量の焼きそばを乗せてパイのように包んでオーブンで焼きます。初めてのことなので焼け具合を確かめながら15分ほどでしたか、いなぞう夫婦のコラボによる焼きそばパンの完成です。

c0193648_0341662.jpg


見た目はなかなか美味しそうでしょ♪

ナイフを入れてみるとこんな感じです。

c0193648_0351614.jpg


初挑戦にしてはまあまあかな。焼き立てですから、どうやっても美味しいのです。反省点としてはフツーに食べる焼きそばよりも味付けを濃い目にしたほうが美味しいのかなということでした。次回のチャレンジのときに生かしてみましょう。イメージは既に出来つつあります。隠し味とかね…(笑)。

美味しく出来たら一個500円で売るからね~♪(爆)。
[PR]

by ina-elise | 2009-03-19 00:41 | ジャンク | Comments(2)

そうっスか!?   

2009年 02月 06日

関西人ならポン酢とソースにはごだわりのある人も多いかと思います。

我が家でただいまイチオシのソースはこちら。

c0193648_059214.jpg


近所のスーパーで見つけて試しに買ってみたら、なかなかイケてる。福島区の大黒屋「激辛スパイスソース」です。

辛いのが苦手な人は少量でも結構くるかも。いなぞうはカプサイシン系は大丈夫なので、フツーのソース感覚で使ってます。ただし、注意点は何につけても「激辛スパイスソース」味になってしまうこと(笑)。
だから本当に美味しい食べ物の素材の味を楽しみたいときは使えません。威力を発揮するのはジャンクフードのアクセントや、スーパーの惣菜などを食うときですね。油の回りきったイカリングなんか、40を過ぎると温め直しても食えたものではありませんが、コイツを絡めるとア~ラ不思議(笑)、立派なスパイシーおかずになっちゃいます。

あと重宝しているのはソースの調合ですね。我が家では、お好み焼きや焼きそばのソースはいなぞうが調合します。今まではウスター&とんかつソースにケチャップやら一味やらを混ぜ合わせて作ってましたが、コイツを買ってからは辛味と旨味が同時に引き出せるので楽チンになりました。

たかがソースじゃん! って声が聞えてきそうですね。ま、そのとおりではありますが、大阪の粉モン文化のメインは実はソースなのね。ソースを味わうための粉モンなのです。だからオイラに言わせれば、いま流行りのたこ焼はほとんどNGです。何を本体に凝っとんねんと…。おまけに仕上げはマヨネーズ…。方向性を間違ってますね(笑)。
たこ焼なんてものは水溶きメリケン粉にタコが入ってればいいのよ、ソースさえ美味ければ(爆)。
お好み焼きにしたって、美味いと評判の店は間違いなくソースが美味いのです。ま、最近は庶民も贅沢になってきてるので、本体もある程度は美味いですけど…。

なんかソースを語るつもりが例によって思い切り脱線してしまった…(笑)。
みなさんのお薦めのソースって何かありますか?

気が向いたら次回はポン酢編をお送りします。アップは早くても2月の中旬以降ですけど…。
[PR]

by ina-elise | 2009-02-06 01:39 | ジャンク | Comments(8)