タグ:S100 ( 45 ) タグの人気記事   

重タイ   

2016年 06月 14日

一週間以上前の日曜のことになるのだが、例の漁師さまから二週連続のホットコール。
「巨タイが釣れました」と…。
本人が言うだけあって、相当の大物だろうとは思っていたのだが…。

マンションのエントランスで受け取って、自分の家まで持って帰る数十メートルで難儀するほどの大物であった。重タイにもほどがある…(笑)。

c0193648_22143138.jpg


上に乗っているのが普通サイズだからね。
一般家庭のシンクでは斜めにしなければ収まらない!
85㎝の大物だ。本人いわく「釣り人生最大サイズ」だそうな。

もちろんオイラにとっても、捌き人生最大サイズ。
ていうか、ひとまず冷蔵庫で保存しようにも、フツーの冷蔵庫には収まりきらない。そこで、早速捌くことにしたが、愛用のまな板では半分も乗らないから苦労したよ。
捌くというより解体。ホントにそんな感じだった。愛用の出刃がペティナイフに見えますがな…(笑)。

鱗を落とすだけで三十分ほど、三枚に下ろした頃には汗だくで、一時間以上かかってましたか。そのあと、フツーサイズのタイを捌くのが、イワシを手開きするぐらいに簡単に思えたよ。

c0193648_22212988.jpg


ただ、味は大味でしたね。
上の画像は焼霜造りで、塩わさびで食ってみた。あとは焼き物にしたり、煮付けにしたり…。
煮付けはまあまあいけましたよ。

この調子だと、30キロのブリとか、50キロ越えのクロマグロとかまで釣ってきそうな勢いなので、かじやん専用の調理台を作ることを真剣に検討しないといけませんな。

なにはともあれ、今回もアリガトね~、かじやん!
レポが遅くなってごめんなさい。
先週は、公私ともども激しく忙しかったのね。
[PR]

by ina-elise | 2016-06-14 22:27 | 料理 | Comments(2)

旬魚のにぎり   

2016年 05月 05日

最近rinが覚えた漢字の一つが「旬」。スーパーに買い物に行っても、刺身のパッケージなどを見て「旬って書いてるでぇ」と教えてくれる。父ちゃんも「旬」は知ってるんだけどね…(笑)。
ていうか、スーパーは売るために「旬」って書いてるときもあるからね。

そんな今日このごろ、久しぶりに例の漁師からホットコール。

「イサキがありますけど」とのこと。
もちろん、いただく。

c0193648_22161959.jpg


大小とりまぜて14尾。
配給先はウチだけではないから、釣果は50尾前後ということだろう。相変わらずの漁師っぷりである。
ただ、折からの強風で、船も相当な揺れだったらしく、お疲れの様子であった。お疲れのところわざわざ届けてくれてありがとね、かじやん!

c0193648_22205115.jpg


まずは素直に刺身と塩焼き。
毎年、この時期に書いていると思うのだが、イサキは刺身がいちばん美味いと思う。あと、この季節ならではの白子。イサキの白子は量が取れないから出回らないだけで、味だけならタラより間違いなく美味い。フグともいい勝負するんでなかろうか。そんな美味い白子を食えるのも、自分で捌くからこその特権である。

それからこれ。

c0193648_22245535.jpg


イサキのにぎり。

かじやんに教えてもらって試してみた。
鮨をにぎる予定ではなかったので、シャリがイマイチだったが、それを上回る美味さであった。
小ぶりのイサキの半身を丸々使っている。穴子の一本にぎりというのは聞いたことも食ったこともあるが、イサキの一枚にぎりは初めてだ。
にぎりで食うので、骨抜きは慎重にしなければならないが、刺身で食うにしても骨抜きは必要だから大して手間が掛かっているわけでもない。

で、これがね、美味いの♪
小振りのもののほうが不思議と脂が乗ってるのね。画像のテカリ具合を見てもらっても分かると思うのだが、醤油にジワッと脂が浮くほどの感じであった。

rinは鮨が大好きで、「こんな鮨は初めてやけど、美味いな、父ちゃん♪」
と言ってたので、父ちゃんとしても大満足である。

今日は刺身と鮨に塩焼きで6尾食べた。
まだ半分以上残っているから、あす以降もしばらくイサキを楽しめそうだ。毎度のことながら、かじやんアリガトね~♪
荒天のなかの釣果を無駄にせぬよう、味わい尽くしますので、またよろしくね~!
[PR]

by ina-elise | 2016-05-05 22:42 | 料理 | Comments(2)

夜桜   

2016年 04月 03日

大阪でも、この週末の陽気につられて桜が一気に満開になった。日曜は昼から天気が下り坂という予報なので、夕方から夜桜見物に行くことにした。大阪城などのメジャーなスポットは人が多くて鬱陶しいから、近場ですます。家から歩いて行ける距離に浄水場があって、そこの桜は地元では有名なのだ。

途中で弁当などを買い込んで、家族ですごす。
桜を見上げながら呑むのは乙なものだ。

c0193648_13383719.jpg


家族であれこれ話しながら、一時間ほど過ごして帰る。

今年の桜は長持ちする、との予報だったが、これから降る雨が花散らしの雨となるのだろうか。
[PR]

by ina-elise | 2016-04-03 13:41 | 家族 | Comments(2)

友と走る   

2016年 03月 20日

高校の同級生9名で舞洲を爆走してきた。舞洲で爆走と言えば、かつてならカートだったが、今はマラソン。
一周1.75㎞の周回コースを24周走るリレーマラソンだ。

マラソンは一人で黙々と走るのも楽しいが、仲の良い友人とタスキをつなぐリレーももちろん楽しい。そもそもオイラのランニング熱に火が付いたのは、去年の10月に、この友人たちと走った淀川リレーマラソンがきっかけだ。

そんなこんなで、電車とバスを乗り継いで舞洲へ。
舞洲はクルマが断然便利なのだが、走った後の呑みを楽しみにしているオッサン、オバハンたちなので…(笑)。

天気はよかったのだが、海沿いのせいで風が冷たい。はるばる石垣島からやってきた友は、風が冷たすぎて肺が痛いと…。すっかり島人になっちゃってるのね。

9名で24周なので、一人2 or 3周。オイラは3周したが、思ったほどは速く走れなかったよ。結局どのラップも9分台で、チームには貢献できなかった。それが実力といってしまえばそれまでだけど、2km弱ぐらいの短い距離をペースを上げて走るというのは、今までの練習とはまた別のトレーニングが必要なようだ。その前に体重なのだけど…(笑)。

そんなこんなで、わぁわぁ言うておりますうちにゴール!

c0193648_2230173.jpg


前回の淀川が3時間32分だったから、若干タイムが落ちたけれども、淀川は距離が微妙に短かったというウワサもあるので、もしそうならタイムは上がっていることになるな。まあ、ほぼ同じメンバーが走っているので、だいたいこんなものか。次回は3時間30分を切れるように精進しよう。

で、このあとはワイワイガヤガヤと打ち上げ。オイラとしてはこちらがメインか…(笑)。

気の置けない友と、気持ちよく汗をかいて、美味いものを食いながら美味い酒を呑む。最高に幸せなひと時だ。
4時から呑み始めて、早めに切り上げるつもりが、結局終電だった。メンバーがメンバーだから仕方あるまい。

参加メンバーの皆さんは、ここを見ていないけど、皆さんお疲れさまでした♪
[PR]

by ina-elise | 2016-03-20 20:20 | ランニング | Comments(0)

リセット戻し   

2016年 01月 13日

新成人があちこちで暴れていた成人の日に我が家は長居公園で暴れてきた。
一周2.8キロあまりの周回コースを11周走るリレーマラソンに参加してきたのだ。エントリーした時点ではもっとゆるやかなイベントだと思っていたのだが、行ってみると本気っぽい人ばかりのマジなやつだった…(笑)。

少なくとも小学生を連れているのは我が家だけ…。

ま、別にタイムとか入賞とかを狙っているわけではないからね。

そんなこんなで準備体操などを済ませてスタート!

c0193648_2247448.jpg


うちの第一走者はinazumaだったのだけど、先頭のほうはホントにマジの人ばかりでしたな。だって、3キロ弱の周回コースを9分ほどで帰ってくるんだもん。そのペースで11周走るなんて、オイラには考えられまへん。

ま、うちはうちのペースで。

家族で3人しかいないから、rinが3周でinazumaとオイラが4周ずつで11周の予定。
7歳で8キロ以上を走るのは酷かなとも思ったのだけど、誰に似たのか、おだててれば木に登るタイプのようで、「rinは凄いなあ、メッチャ速いやん、母ちゃんより速かったで!」と言ってやると、俄然やる気を出して、「オレが4周走ろか!?」と言い出す始末。

inazumaが2周走ったところで足が痛いと言い出したので、rinの提案が現実味を帯びてきたのだが、なんとか予定通りで11周完走。

c0193648_22591518.jpg


タイムはこんなもんでしょう。

オイラは大体16分前後のラップで走ってたのだけれど、平均すればこんなもんだろう。
rinがこれから大きくなって、もっと良いペースで走れるようになれば、戦力になりそうだが、そのころには我々夫婦がポンコツになっている可能性があるな…(笑)。

そんなこんなで正月に呑みすぎ食いすぎの体をリセットできたのは良かったのだが、ちょうど同じ日に昔からの飲み友達のオッサンたちの新年会があったから、リセットは巻き戻しオーバーということで、めでたしめでたし…!?
[PR]

by ina-elise | 2016-01-13 23:08 | ランニング | Comments(1)

寒魚   

2015年 12月 23日

祝日だけれど家で朝から仕事。
そろそろ目途が立ったから酒でも呑むかと思っていた昼下がりに、例の漁師さまから久々のホットコール。
なにやら正月用の睨み鯛を狙って出かけたらしい。首尾よく鯛は釣れたものの、デカすぎて睨み鯛にはならなかったとか。なんとも贅沢な悩みですな。

そんなこんなで本日もおすそ分けを頂いた。

c0193648_23131992.jpg


かじやんの釣ってくるチヌはとにかくでかいのね。特大のチヌが二尾にイサキが二尾、サバフグが一尾にチダイが四尾という豪華なラインナップ。

残りの仕事を片付けてから捌きにかかる。

今日は素直に刺身でいただこう。

c0193648_2316254.jpg


チヌもイサキも寒い季節は脂が乗って非常に美味い!
inazumaはチヌが美味いと言ってたが、オイラはイサキのほうが美味いと感じたな。ま、どちらも美味いのだけど…。

c0193648_23174999.jpg


あとはチダイを鯛飯に仕立ててみた。
今日はちょっと水加減を失敗して、少しべたついてしまったが、味は上々。明日はキズシにするかな。それとももう一度鯛飯か。悩みどころではあるが、明日になってから考えよう。

あと、画像はないけどサバフグの肝をポン酢で食した。サバフグは無毒だから肝も食べられるのね。これがメチャ美味! rinが一口食べて、しみじみと「美味い…」と言ってたのが印象的だった。小学生で痛風になっては困るので、一切れだけにさせておいたが…(笑)。

まだイサキは一尾丸々残っているし、チヌは半身を食べただけだから、まだまだ楽しめるのだ。今年のクリスマスはチヌしゃぶにするか、と言ってたらrinがなんとも言えん顔をしてましたな(笑)。

かじやん、ホントにいつもいつもありがとう♪
週末に忘年会でお会いしましょう!
[PR]

by ina-elise | 2015-12-23 23:24 | 料理 | Comments(2)

神の島遥か国   

2015年 10月 31日

美ら島へ三泊で旅をしてきた。

c0193648_22263122.jpg


ただし、ほぼ修行…(笑)
[PR]

by ina-elise | 2015-10-31 22:27 | | Comments(4)

ふぁにぃふぇいす   

2015年 08月 28日

あいかわらず忙しい。もうちょっと楽して稼げると思ってたけど、取り立てて才能の無い者は苦労して日銭を稼ぐしかないということだ。
そんなこんなで疲労困憊のところへ「オコゼが釣れました~♪」と天の声。ちょうどその日が強制収容所からの帰還の日だったので、夕刻に魚を受け取る約束をした。

海の恵みのおかげで少しは疲れも癒せるというものだ。

c0193648_22212824.jpg


「刺身は大味ですよ」とのことだったが、なんのなんの。薄造りならぬ厚造りをポン酢で食ったが、えもいわれぬ滋味が口中に広がる逸品であった。
画像には写っていないが、ガシラもその日に刺身で頂いた。こちらは言うまでもなく美味。外形も身の色目も似ているが味わいはそれぞれに違うのだ。

オコゼは大きいのが二尾もあったので、翌日も刺身にした。でもって小さいのは煮付けと唐揚げ。

c0193648_2227143.jpg


メバルはどうするか迷った末に塩焼きに。

c0193648_22274836.jpg


煮付けも美味いけど、今回はオコゼがあったし、オイラは塩焼きのほうが好きなんだな。魚本来の味わいを楽しむなら塩焼きに限ると思っているのだ。

で、今回の一番人気はこちら。

c0193648_22324194.jpg


オコゼの胃袋。
さっと湯引きしてざく切りにしたものをポン酢で和えている。画像の器には皮の湯引きも一緒に入れている。
これがなんとも美味~♪

ひととおり食事を終えたあとに、こいつで酒をちびちびやろうと思っていたのに、気がついたら空っぽになっていた。「なにしてくれんねんっ!」と不平を述べると、rinとinazumaが声をそろえて「だって、これがいちばん美味しかったんだもん♪」だとさ。

綺麗な刺身やら、旨味のある塩焼きを横目に胃袋をメインに食す家族って…。

肝やら真子やら、臓物系は他にもいろいろ試したけど、オコゼの胃袋は本当に絶品であった。

c0193648_2241293.jpg


オコゼといえば、厳つい顔というイメージが強いが、よく見ると可愛いファニィフェイスじゃん。
そうそう、この可愛い顔たちだけで出汁をとった味噌汁が酒飲みの胃袋に優しく沁みる絶品であったことも付け加えておこう。

かじやん、ホントにいつもいつもありがとう♪
今週もバタバタしていてレポート遅れてごめんなさいね。
[PR]

by ina-elise | 2015-08-28 22:44 | 料理 | Comments(2)

イカってる   

2015年 08月 13日

先週の日曜日に、かじやんからホットコールをいただきながら、旅行中のためご相伴にあずかることができなかったのは、前回の記事の中にも書いた。
で、そのときに残念な思いで電話を切りながら、なんとな~く、この男は来週も行くに違いないという、まったく根拠のない確信を抱いていたのだった。

案の定…

日曜のことだったか、「イカ釣れました♪」との電話。

やっぱり…(笑)。

いやはや、なんともありがたいことこの上ない。

c0193648_3143828.jpg


しかもデカイ!

さっそく刺身にしていただいた。

c0193648_3162893.jpg

イカって、刺身にするときに、どのようにおろすか、いつも迷うのよね。
平造り(?)と糸造りの両方にしてみた。

一口食って、美味~い!というか甘~い♪
剣先はイカの王様やね。

inazumaは先週の恩恵にあずかれなかったことが、ホントに残念だったみたいで、大層よろこんでおりましたな。「リベンジや~!」って言ってたけど、別にリベンジとちゃうやろ!(爆)

二日連続で刺身を堪能して、ゲソは塩焼きに。
まだ二ハイ残っているから、それは冷凍しておいた。
お盆に高校の同級生が遊びに来るので、そのときにでも手料理を振舞ってやるのもいいかも。

というわけで、かじやん! 今回もありがとね~♪
[PR]

by ina-elise | 2015-08-13 03:27 | 料理 | Comments(2)

ハゲタイ   

2015年 06月 07日

日曜の昼前に例の漁師からホットコール。
ヒラマサ狙いで漁に出ているのは事前に聞いていたのだが、狙いは達成できずと…。天候とか潮目とかいろいろ条件が厳しかったとか。まあ、ヒラマサがそんなにボコボコ釣れたら高級魚の値打ちが下がるというもんだ。

でも、そこは漁師さま。鯛やらなにやら釣ったらしい。ということで、お裾分けにあずかった。

c0193648_2239757.jpg


大きなマダイにチダイにウマヅラハゲ。
十分なラインナップではございませんか。

初日の今夜は刺身を中心にいただくことにした。

c0193648_22405889.jpg


ハゲの肝和え。肝も薄切りにすれば親切なんだろうけど、家族で食うのだから箸で切りながらね。

rinがお腹を空かしていたので、鯛の刺身を仕上げる前にこれを出したら、「ウニみたいな味がする」といって、肝ばかりバクバク食っている模様。「父ちゃんの分も残しとけよ」と言ったものの、ほとんど残骸しか残ってなかった。こいつ間違いなく酒飲みになるな。まあ、それは望むところだが、小学生のうちに痛風になったらどうしよう…(笑)。

inazumaはハゲの肝和えが大層気に入ったらしく、「ハゲ美味い~♪」と言って踊っておりましたな(笑)。

c0193648_22481297.jpg


鯛の刺身と焼き霜造り、鯛皮添え。

この鯛が脂が乗っていてメチャ美味だった。
鯛は塩と醤油と両方試してみたが、焼き霜の塩山葵は最高に美味かった。
たぶん明日はさらに旨みが増していることだろう。やっぱり明日も刺身かな…。

で、締めはこれ。

c0193648_2254368.jpg


本日いただいた三尾はすべて女の子だったみたいで、真子をホイル焼きにしてみた。画像はマダイとチダイの真子。チダイの真子は捌いているときに崩してしまって、汚くなってしまったが、味は最高に美味かったよ。このあとハゲの真子とマダイの肝もホイル焼きにしたのだが、もうその頃には酒も進んでいて写真に収めることが出来ていない。

明日はどうするかなあ…。

チダイは素直に煮つけか。マダイは一日寝かせた刺身が良さそうな気がする。
あとはアラが残ってるからね。鯛のアラは塩焼きにするのだ。これは絶対美味いで♪
[PR]

by ina-elise | 2015-06-07 22:59 | 料理 | Comments(3)