人気ブログランキング |

海遊館 その3   

2010年 12月 20日

そろそろ飽きてきたので海遊館シリーズは今回で終わり。

c0193648_23331010.jpg


のんびり泳ぐマンボウ君。愛嬌のある顔してますね。


c0193648_23343198.jpg


水中花のつもりで撮ったイソギンチャク。モニターで確認したときは結構いい感じに撮れてると思ったのだけど、あとから見るとどこにもピントが来ていない。まったくもって失敗写真ですが、あえて載せときます。

タカアシガニが居る深海ゾーンにタチウオが泳いでいてメチャ綺麗だったのですが、光が足りずに良い写真は撮れませんでした。でもタチウオの泳いでいる姿は初めて見たので、それだけでも収穫です。ホントに美しい立ち泳ぎでありました。


c0193648_2340640.jpg


ここからはクラゲゾーン。この辺まで来ると、みなさん疲れていて熱心に見る人が少なくなるのね(笑)。
こんなに神秘的で美しいのにもったいない。


c0193648_23425278.jpg


c0193648_23455323.jpg


c0193648_23463359.jpg



クラゲを撮りはじめると面白くて、露出を変えて色々試してみたかったのですが、rinを連れていてはムリですね。機会があれば平日で時間のあるときに一人でじっくり写真を撮りに行きたいものです。


最後に
こんなちっぽけなブログのささやかな言葉が少しでも広まることを祈りつつ、いつも書いている苦言を呈しておきます。

フラッシュ禁止の場所ではモードを切り替えましょう。切り替えが出来ない程度の知識しか持ち合わせていないのなら、そこでは写真を撮ることを諦めるのがあるべき姿です。

夜道を歩いていて突然ストロボを焚かれた場面を想像してみるがよい。芸能人でなくてもドキッとするはずです。そんな仕打ちを一日に何百回、いや多ければ数千回も来る日も来る日も受けている動物たちの身になればフラッシュなんて絶対に焚けないはずなのですが…。

「スナメリは繊細なので…」とわざわざアナウンスされている前で平気でフラッシュ焚いていたアナタ、ホオジロザメの水槽に突っ込んだろか!?(爆)。

メーカーも中途半端な付加機能に腐心するぐらいなら、思いっきりユーザーフレンドリーに徹して、発光禁止でISOやホワイトバランスを最適化した「水族館モード」を設定すればよいのです。「ラッコちゃんモード」とか名づけておけばカメラに詳しくない人でも動物に迷惑をかけずに済むでしょう。
ケータイだったらGPSで位置確認して強制的に発光しないようにすればよろしい。それぐらいしてもバチは当たらんと思いますよ。

by ina-elise | 2010-12-20 00:15 | 家族 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://inaelise.exblog.jp/tb/15636200
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 今度こそ本当に… 海遊館 その2 >>