人気ブログランキング |

イリュージョン   

2012年 04月 10日

数年前から気にはなっていたのですが、最近とみに増えたように思います。

何の話かって?

ヘッドライトの異様に眩しいクルマ…。

このところTNP走行を心がけているので、高速道路でも90km/h前後の超安全運転(これでも法定速度違反なのですが…)。当然のごとく、ピュンピュン抜かされます。それは承知の上だから問題ないの。でもね、夜間走行中に何事が起ったのか!? と思わせるような真っ白の火の玉と化して追い越して行くクルマも居るのね。
ピカソでも眩しいのだから、いわんやエリーゼにおいてをや!

抜かされざまに横目でチェックすると、ハイビームになっているわけではない。光軸が異常に上向きにずれているというわけでもなさそうなのです。それなのにミラーに映る光はムカつくぐらい眩しい…。
TNPやめて、真後ろからハイビームで煽ったろか!? って思うぐらい眩しいクルマも居ます。オイラは小市民だから、そんな野蛮なことしないけど…。

おそらくヘッドライト・ユニットは純正のまま(つまりは、ハロゲン球の装着を前提としたリフレクターのまま)、HID化したことによるものだと思われます。光軸は正常でも光が拡散しすぎているのでしょう。しかもHIDはハロゲンよりも光量が大きいですからね。
値段が下がって、猫も杓子もHID化するようになったことで、異様に眩しいクルマが格段に増えてきたのではないでしょうか。

少なくとも勝手に改造されたクルマに関しては、そろそろ厳正に取り締まる必要が出てきているように思うのだけど、こういうのはどこに訴えたらよろしいのでしょうか。警察庁? それとも国交省?

高速道路の後続車は無視する方法がなくはないけど、一般道の対向車はキツイっすよ。あれ、マジでなんとかならないものでしょうか。


世間のみなさまに言うと笑われるのですが、ヘッドライトに関するオイラの持論は「ヘッドライトは自分が見るために点灯するのではない」です。

少なくともロービームは自分のためではなく、周りのために点灯するものだと思ってます。
見えにくくて怖ければスピードを落とせばよろしい。対向車の少ない田舎道ならハイビームにすればよろしい。
これだけでハロゲン球でも十分に安全に運転できるはずです。ていうか今まで何十年もみんなそうやってきたやん!

自分が見えやすければそれでいいって人が多すぎるんじゃないのかなあ…。
たとえ「行燈のよう…」と笑われようと、オイラのエリーゼはこれからもずっとハロゲン球で…。
エリーゼのハイビームって運転している人間が驚くぐらい明るいでしょ。あのメリハリがあれば十分だと思うのです。

c0193648_2246148.jpg

by ina-elise | 2012-04-10 22:46 | クルマ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://inaelise.exblog.jp/tb/17804157
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< おめでとう♪ スプリングにはスプリングへ >>