人気ブログランキング |

昭和な一日   

2012年 04月 30日

4月29日を「昭和の日」と呼ぶようになったのはいつからでしたか。昭和天皇がお亡くなりになった直後は「みどりの日」と呼んでいたと記憶してますが…。

呼称の経緯はどうでもよろしい。

いまや平成がオイラの人生の約半分を占めつつあるとしても、昭和の時代に青春を謳歌した世代としては、4月29日は、昭和の御世を偲びつつ、昭和な一日を過ごすのが正しい国民の姿かと存じます。

というわけでSLに乗りに行きました。
国民としての建前より、子鉄を持つ親バカとしての勤めのほうが大切なのです(笑)。

乗りに行ったのは米原―木ノ本を走る「SL北びわこ号」
毎年、この時期に走っているのは知っていたから、一カ月前にバッチリ窓側の席を予約していたのでした。

実は、SLに乗るのは、オイラもinazumaも初めて。家族が三人とも初体験であることを知ると、なぜだかrinは大層喜んでおりました。いずれにしても、連れて行く親も楽しみにしていたことは間違いありません。子鉄のおかげで、このところ両親ともども鉄分多めなのです(笑)。

c0193648_17512093.jpg

客車を牽引するために米原駅にバックで入線してくるC56。

ホームは家族連れで溢れかえっています。
実はユニクロでプラレールのSLをモチーフにデザインしたTシャツが売られていて、rinはそれを着て行ったのだけど、出掛けに「同じTシャツを着てる子が二人はおるで♪」と言ってたら、ホントに二人居ました(笑)。
相手の親に呼びかけて三人で記念撮影。
「ホンマに父ちゃんの言うとおりやったな♪」と妙なポイントに感心するrinでした。


そんなこんなで乗車。

もちろん窓を開けて、煤を顔に受けつつ汽笛を楽しみます。
SLの汽笛ってホントにいいですねえ。フェラーリF1 V12のエキゾーストよりも日本人の心の奥深~いところに染み渡ります。

沿線には「撮り鉄」や「見鉄」たちがたくさん。
c0193648_17591360.jpg

楽しみ方は人それぞれ。

木ノ本までは、ほんの40分ほど。
現代の電車でフツーに走れば20分ほどの距離です。

木ノ本駅ではずいぶん長く停車してくれるので、もちろん撮影タイム。

c0193648_1833226.jpg


c0193648_1841548.jpg


機関士の兄ちゃんが優しい人で、周りの客も少し減っていたという事情もあるのでしょうが、rinを抱っこして機関室の中を見せていると
「これ被る?」と言って、帽子を被らせてくれたのでした。
きっかけはrinが兄ちゃんに向かって「楽しかった♪ ありがとう」と自分で声を掛けたからなので、rinのファインプレーなんですけどね。
もちろんパシャパシャ撮りましたよ。
阪神の鳥谷にちょっと似た男前の兄ちゃん、ありがとう♪

このあとは木ノ本の街をぶらぶらと散策。
帰りの電車までの時間があまりなくて少ししか歩けなかったのが残念でした。

長くなるので木ノ本散策はまた明日以降にお届けしましょう。
こちらも昭和の香りは高いですよ。


というわけで

c0193648_18134243.jpg


昭和な旅はもう少し続きます。

by ina-elise | 2012-04-30 18:24 | 家族 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : https://inaelise.exblog.jp/tb/17898020
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by いおた at 2012-05-01 23:48 x
親父の頃は現役でバンバン走っていたそうです。
なので私の小さい頃は、よくSLに乗りに
連れて行ってくれました。


rinちゃん、いい経験しましたよね…
車もスーパーカーの復刻盤が出る中
電車の方も出てほしいものですね…


Commented by ina-elise at 2012-05-01 23:53
いおたさん
どもども♪
僕はSLに乗った経験はないです。
忘れてるだけかもしれないけど…(笑
走ってるのを見たことならありました。

電車の場合は、速さとか快適さがまず求められるから、臨時便以外では難しいでしょうね。

<< 昭和な旅 つづき 衝動買い その弐 >>