鉄の道を行く 網干総合車両区編   

2013年 01月 09日

何ヶ月も前のことをブログに書くのもどうかと思いますが、これはrinの成長記録も兼ねておりますゆえ…。
当時はPC事情によりアップできなかったネタをいくつか紹介してみます。
というわけで、しばらくは去年の鉄ちゃんネタが続きます。

今回は網干総合車両区編です。

去年の11月3日に「ふれあい感謝デー」と称して、網干総合車両区の公開イベントがあったのです。rinは鉄ちゃんは鉄ちゃんでも、工事とか点検とかの好きな、ちょっと変わったマニアなのね。電車に乗っていても。黄色いヘルメットをかぶった人が乗り込んでくると、「工事の人が乗ってきた♪」と嬉しそうにしています。

そんなrinにとって車両区は禁断の聖地のようなものです(笑)。

てなわけで父子ふたりで出かけてきました。

網干駅で降りると、JR西日本の社員の方々がずらりと並んでお出迎え。無料のシャトルバス乗り場まで、駅から数分歩かねばならないのですが、要所要所に案内係の社員の方が居るので迷うことなくたどりつけます。

そんなこんなで現地到着。

それなりに早い時間に着いたはずなんだけど、既に人でいっぱい。敷地が広いので、ごった返すという感じにはなりませんが、何をするにも整理券を求めて長蛇の列に並ばねばなりません。
運転台体験とか車掌体験とか魅力的なものはいろいろありましたが、4歳の子ども連れで親一人では限界があります。しかもオイラ行列に並ぶの嫌いだし…。

それでもいろいろ見て回るだけで楽しいですよ。

c0193648_10554258.jpg

マニアの方なら、こんなのが間近に見られることのワクワク感が分かっていただけるかと。

c0193648_10582853.jpg

あのあと、こうなるのね。


c0193648_1123460.jpg

こんなのに乗ることも出来ます。

写真は山盛り撮りましたが、大半にrinが写っているのでアップできるものが多くありません。

これ以外にも車両吊り上げ移動を見学したり、洗車体験(実際に車両に乗り込んで洗車機を通過するのは迫力があります)をしたり、鉄道ゲームに挑戦したりと一日たっぷり楽しみました。


JRに就職するような人は小さい頃は鉄ちゃんだった人が多いせいか、とにかく鉄道好きの子どもにはとても親切にしてくれます。親からすると、それがとてもありがたい。
また機会があれば行ってみたいですね。
[PR]

by ina-elise | 2013-01-09 11:14 | ジュニア | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://inaelise.exblog.jp/tb/19110977
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 鉄の道を行く 伊賀鉄道編 三年目の… >>