鉄の道を行く 土讃線アンパンマン列車編   

2013年 01月 17日

12月の初旬、仕事が一段落したので、家族で旅に出ることにしました。
仕事の区切りの最終地が岡山だったため、オイラの交通費だけでも少し浮かせるべく、家族を岡山に呼び寄せ、そこから旅に出ようという魂胆です。

候補地は島根・鳥取 or 四国。

島根で一畑電鉄に乗るというプランも捨てがたかったのですが、諸々の事情を考慮してアンパンマン列車で高知へ行くことにししまた。

c0193648_10541291.jpg

仕事の終わりが夜だったため、岡山で一泊して、翌朝、岡山発・土讃線「南風3号」中村行に乗車。
アンパンマン車両は通常の「南風」に一両だけ連結されています。

車内はどこもかしこもアンパンマンだらけ…。
c0193648_1101544.jpg

c0193648_1113586.jpg
c0193648_1115392.jpg


平日だったこともあって家族連れは他に一組いただけでした。
一般の指定席が混雑していたからでしょうか、出張とおぼしきビジネスマンのおっさんが一人でアンパンマンシートにすわっていたのが、いとをかし…(笑)。

c0193648_1142761.jpg

アンパンマン号とは高知駅でお別れ。

昼食にカツオやらウツボやらクジラやら、高知ならではの食を楽しんだ後は

c0193648_1171483.jpg

高知城などを散策し…。

宿泊はオーベルジュ土佐山へ。

移動手段はrin優先のチョイスにしたので、宿泊ぐらいは大人の満足を求めました。オーベルジュ土佐山は知る人ぞ知る大人の隠れ家です。普段は子どもお断りの宿ですが、閑散期は対応可能ということで、なんとか潜り込めました。
写真はいっぱい撮りましたが、ここにはアップしないでおきます。どうせ泊まるならヴィラがお薦めかな。
部屋も食事も大満足の宿でした。

翌日は再び高知まで戻って、
c0193648_1114321.jpg

ま、これはお約束ということで…(笑)。

土佐くろしお鉄道に乗って、夜須まで行きました。
c0193648_11163394.jpg

ここで食ったカツオのたたきは安くて美味かったなあ…。

でもって土佐山田まで戻り、バスに揺られてアンパンマンミュージアムへ。
c0193648_11183447.jpg


あまり期待してなかったけど、大人でも楽しめる施設でした。
ていうか、やなせたかしってホントに偉い人だなあと思いました。意味は行けば分かります。

そんなこんなで、帰りも土佐山田からアンパンマン号に乗って帰りました。
c0193648_11214476.jpg


rinは大喜びで楽しい旅となりました。
もし次に行くことがあればクルマで行くけどね…(爆)。
[PR]

by ina-elise | 2013-01-17 11:26 | | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : https://inaelise.exblog.jp/tb/19146795
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by いおた at 2013-01-18 11:29 x
いいですね~
うちもあんぱんまん列車に行こうかと
思っているのですがなかなか実現できてません。

やなせたかしのミュージーアムは行きましたよ!
生い立ちを聞くとちょっと涙目になりました…(笑)

宿泊したところの画像も楽しみにしてますよ。
Commented by ina-elise at 2013-01-20 11:01
いおたさん
どもども♪

アンパンマン列車は土讃線だけじゃなく、予讃線やらトロッコやらあるので、迷いますよね。

オーベルジュ土佐山の画像は、ほとんどにrinが写っているので、あまりいいのがないのです…。
Commented by まいんど at 2014-03-06 20:23 x
東京の京急電鉄ではアンパンマン列車を走らせず、代わりに美少女戦士セーラームーンや、フレッシュプリキュア・ハートキャッチプリキュア・スイートプリキュア・スマイルプリキュア・ドキドキプリキュア・ハピネスチャージプリキュアの描かれた電車を走らせるそうです(大阪の京阪電鉄と山梨の富士急行との間で機関車のトーマスの東西対決はあるが、アンパンマンの東西対決は無い。1990年代に東京の京王帝都電鉄(現在の京王電鉄)で8000系や今はなき6000系電車を使ってセーラームーンエクスプレスを走らせていたが、京急がアンパンマンのラッピング電車を走らせる予定はない)。
理由として、東日本大震災の影響でアンパンマンの人気が低下していることと、京急電鉄は大部分の区間で海の近くを走っており、アンパンマンのアニメで「顔がぬれて力が」というシーンがかつて東日本大震災で被災廃車になった気仙沼線・石巻線・仙石線の列車や横須賀市内で脱線事故に遭遇し、その後事故廃車となった1500形電車を連想させて不吉・不適切なことと、京急沿線にはアンパンマンがきらいでセーラームーンやプリキュアが好きな人が多いためです。
Commented by ina-elise at 2014-03-08 08:01
まいんどさん
丁寧なコメントありがとうございます。
JR四国でアンパンマン列車が展開されているのは、やなせたかしさんが土佐山田のご出身だということと関係あるのかもしれませんね。

<< エリーゼごにょごにょ 鉄の道を行く 伊賀鉄道編 >>