鉄の道を行く ~出雲の国編 その二~   

2013年 07月 26日

出雲大社を参詣したあとは、再び一畑電車に乗って松江しんじこ温泉駅まで。

c0193648_102736100.jpg

一畑電車といえば、やはりコレですね。
出雲大社駅に展示されています。

で、その日は松江しんじこ温泉で一泊。
宿泊したのは松平閣という宿。
昔ながらの小じんまりした古い宿で、接客は良かった。ただ、コストパフォーマンスを考えると、やや値段が高いかな。松江で温泉というと誰もが思い浮かべるのは玉造温泉ということなのだろう。温泉街全体がかなりさびれている感じ。もう一回泊まりに行くかといわれると、たぶん次はない。お湯は良かったんだけどねえ…。

二日目は松江の街並みを散策。


c0193648_10344326.jpg

松江城にのぼったり…

c0193648_1035143.jpg

堀川めぐりを楽しんだり…

c0193648_10355282.jpg

松江名物の「ぼてぼて茶」をたしなんだり…
(あっ、コレ食べないほうがいいですよ。要するに薄~いお茶漬け。ご飯粒が残った茶碗を綺麗にするためにお茶を掛けて食べることがあるよね。あんな感じの茶漬け。ようこんなもんを売り物にするな、という代物であった。)

小泉八雲記念館にも行きたかったのだけど、列車の時間が気になったので、昼飯がわりに地ビールを呑んで松江駅まで戻ることにした。

二日目の宿は皆生温泉にしたので、松江から米子まで特急やくもに乗って三十分ほど。
今回は「松江・出雲ぐるりんパス」という企画切符を利用した。周遊区間の列車はフリーで乗れるのがありがたい。そのうえ松江城や堀川めぐり、水木しげる記念館などもタダという太っ腹の切符で、大いに利用させていただいた。

そんなこんなで米子駅到着。

境港線の鬼太郎列車に乗るのは翌日のお楽しみに取っておいて、とりあえず零番線ホームだけ見学してみた。

c0193648_104835100.jpg

c0193648_10501570.jpg

いろいろ出迎えてくれるので居るだけでも楽しい。

でもって皆生温泉まで。

夕刻の到着だったけど無理やりプチ海水浴。
c0193648_105147100.jpg



こうして楽しい二日目も更けていくのであった。

その三へ続く。
[PR]

by ina-elise | 2013-07-26 10:57 | | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://inaelise.exblog.jp/tb/20549072
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< しんじあえる 鉄の道を行く ~出雲の国編 その一~ >>