ふぁにぃふぇいす   

2015年 08月 28日

あいかわらず忙しい。もうちょっと楽して稼げると思ってたけど、取り立てて才能の無い者は苦労して日銭を稼ぐしかないということだ。
そんなこんなで疲労困憊のところへ「オコゼが釣れました~♪」と天の声。ちょうどその日が強制収容所からの帰還の日だったので、夕刻に魚を受け取る約束をした。

海の恵みのおかげで少しは疲れも癒せるというものだ。

c0193648_22212824.jpg


「刺身は大味ですよ」とのことだったが、なんのなんの。薄造りならぬ厚造りをポン酢で食ったが、えもいわれぬ滋味が口中に広がる逸品であった。
画像には写っていないが、ガシラもその日に刺身で頂いた。こちらは言うまでもなく美味。外形も身の色目も似ているが味わいはそれぞれに違うのだ。

オコゼは大きいのが二尾もあったので、翌日も刺身にした。でもって小さいのは煮付けと唐揚げ。

c0193648_2227143.jpg


メバルはどうするか迷った末に塩焼きに。

c0193648_22274836.jpg


煮付けも美味いけど、今回はオコゼがあったし、オイラは塩焼きのほうが好きなんだな。魚本来の味わいを楽しむなら塩焼きに限ると思っているのだ。

で、今回の一番人気はこちら。

c0193648_22324194.jpg


オコゼの胃袋。
さっと湯引きしてざく切りにしたものをポン酢で和えている。画像の器には皮の湯引きも一緒に入れている。
これがなんとも美味~♪

ひととおり食事を終えたあとに、こいつで酒をちびちびやろうと思っていたのに、気がついたら空っぽになっていた。「なにしてくれんねんっ!」と不平を述べると、rinとinazumaが声をそろえて「だって、これがいちばん美味しかったんだもん♪」だとさ。

綺麗な刺身やら、旨味のある塩焼きを横目に胃袋をメインに食す家族って…。

肝やら真子やら、臓物系は他にもいろいろ試したけど、オコゼの胃袋は本当に絶品であった。

c0193648_2241293.jpg


オコゼといえば、厳つい顔というイメージが強いが、よく見ると可愛いファニィフェイスじゃん。
そうそう、この可愛い顔たちだけで出汁をとった味噌汁が酒飲みの胃袋に優しく沁みる絶品であったことも付け加えておこう。

かじやん、ホントにいつもいつもありがとう♪
今週もバタバタしていてレポート遅れてごめんなさいね。
[PR]

by ina-elise | 2015-08-28 22:44 | 料理 | Comments(2)

Commented by かじやん at 2015-08-30 03:49 x
一家で通ですな~  オコゼのヒレ酒がまた美味いんです  
Commented by ina-elise at 2015-08-30 23:29
かじやん
アナタのおかげですやん。
ひれ酒かあ
怖いひれはキッチンばさみでチョキチョキして捨ててしまいました。
次は覚えときますね。

<< 神の島遥か国 イカってる >>