ほっこりほっこり   

2015年 11月 25日

先日の連休に京丹後へ旅に出た。行先は夏にも二泊で訪れた、古民家民宿「温古里(ほっこり)」。
気に入ったところには続けて行くのが、我が家の流儀。ここはホントにほっこりと心の温まる宿である。

行きは、ぐるっと丹後半島を半周する形で、伊根経由で経ヶ岬へ。

c0193648_22221161.jpg


展望台までかなりの山道をrinと二人で歩く。実はrinにも子供用のおもちゃカメラを買い与えたので、オヤジと写真の出来を勝負したいらしい。美しい風景を求めて急坂を上ったというわけだ。上がってみると、展望台とは名ばかりで、あまり大した風景は得られなかった。上から灯台を見下ろしつつ背景に海も広がる…なんて景色を期待したのだけれど…。

しゃあないから灯台まで下る。

c0193648_22265258.jpg


そのあとは、inaババのたっての希望で立ち寄り温泉に寄ってから、お宿へ向かう。

今回も温かく迎えていただいた。

c0193648_22283930.jpg


c0193648_22295219.jpg


今回も料理の写真をほとんど撮っていない(酔っ払っているから)が、地元の新鮮な食材をふんだんに使って、女将さんんが心づくしの料理でもてなしてくれる。飾らない田舎の民宿だが、ここは立派なオーベルジュだと思う。しかも、古民家を貸切。本当の贅沢とは、こういうことなんでないのかなあ…。

c0193648_22345391.jpg



今回は一泊二日だったので、帰路は舞鶴へ立ち寄った。
天気が心配だったけど、そこは晴れ男の本領発揮で、雨に降られたのは家に帰りつく寸前だった。

c0193648_2238272.jpg


自衛隊の北吸桟橋へ行ってみた。護衛艦は「みょうこう」と「あさぎり」が停泊していた。こういうのにはあまり詳しくないのだが、間近に見ると迫力があるねえ。ここでもrinとひとしきり写真の勝負。いちおう本人は一生懸命に考えて工夫をしているようなので、「rinは写真を撮るのが上手いねえ」と褒めておいてやる。

そんなこんなで昼飯には海鮮丼を食って帰る。

なかなか充実した旅であった。帰路の京都縦貫道で覆面パトと絡んだ、ちょいと面白いシーンがあったのだけど、ここには書かないでおこう(笑)。
[PR]

by ina-elise | 2015-11-25 22:44 | | Comments(0)

<< 股旅 好相性 >>