LSD その弐   

2016年 03月 08日

今日は朝から3時間走を敢行した。先日の2月7日に続いて2回目の3時間走。年度末の平日に暢気なことで、とのお叱りの声が聞こえてきそうで、それもおっしゃる通り、ごもっともなのだが、本人の中ではこれも仕事のうち。というのも来週に控えた大きなイベントのための体力増強なのである。つまり、きわめて勤勉な自宅研修の一環ということだな(笑)。分からん人には何の事だかさっぱり分からんだろうから、これくらいにしておこう。

というわけで、朝食を食べ、入念にストレッチをしてから9時半に家を出る。

コースは自宅近くの運河沿いを淀川まで行き、そこから淀川を北上して1時間半が経過したら折り返してくるコース。淀川河川敷の良い所は、トイレがほぼ等間隔に設置されていることと、フラットなコースで距離表示が路面に埋め込まれているのでペース管理がしやすいことだ。

自宅から1時間半が経過した時点で、鳥飼のあたりだった。分かりやすい目印として中環の橋の下まで行こうかと思ったが、帰りがきつくなってはいかんと考えて自重。あとから考えると、この判断は正解だった。
というのは折り返して20㎞をすぎるあたりまでは非常に快調でキロ6分30秒のペースで走り続けていたのだったが、淀川に別れをつげて桜ノ宮方面を目指すころから猛烈に疲労感が襲ってきて、激しくペースダウン。

そもそも今のオイラにはキロ6分30秒というタイムは全然LSDになっていないのだ。ただ、今日はそれでもまったく無理をしているという感じではなく、呼吸もゼーハーすることなくフツーの状態だった。それだけ心肺機能が鍛えられているのだろうとポジティヴに考えておこう。

ひょっとしたら折り返したころから猛烈に空腹感を感じていたから、軽いハンガーノックになっていたのかもしれない。帰りにスーパーに寄って無意識に牛乳と餡子餅を買っていたし…(笑)。

結局、合計で3時間8分(実走時間はちょうど3時間ぐらい)で、28㎞。
最後はバテバテだったけど、3時間あまりでなんとか30㎞は走れるということが実感できたのは収穫だった。
でも、今日の感じだと、フルはまだ厳しいな。フルを走った人がよく言う「30㎞の壁」の手前でオイラは壁にぶつかっていたから…。

まあ、こうして鍛錬しているうちに壁が壁でなくなるときもくるのだろう。
いずれはフルマラソンを完走したいねえ。初挑戦は今年の大阪マラソン!?(笑)

c0193648_22175823.jpg

[PR]

by ina-elise | 2016-03-08 22:19 | ランニング | Comments(0)

<< 友と走る 怒濤の三連戦 仕上げ >>