寝屋川の次は吉野川   

2018年 03月 13日

今回は徳島まで遠征してきた。「吉野川リバーサイドマラソン」という吉野川の堤防を延々と走るハーフマラソンである。河川敷だけに風が強く、景色も単調なコース設定だったが、のどかな田舎の大会でありながら、要所要所にシリアスな雰囲気を漂わせている好印象の大会である。

c0193648_22242094.jpg
何より川内優輝選手と同じコースを走れたのは感激だ。事前には一切の告知がなかったので、当日知らされて驚いた。折り返しで拍手をして声援を送ったが、周りの声は耳に入らないかのように一心不乱に走る姿には鬼気迫るものがあった。トップアスリートの走りを垣間見た思いがした。

また、ゴール後も多くの参加者に丁寧にサインをし、時間をかけて一人一人に対応している姿は素晴らしかった。自分もサインをもらいに並ぼうかと思ったが、真摯に対応していらっしゃる姿を拝見できただけで十分だと思ってやめといた。
決してメジャーとはいえない地方の大会にも快く出場するのは、もちろん自分の練習の意味合いもあるのだろうが、市民レベルのマラソンの興隆を願ってのことだろう。そんな姿を見ると、ますます川内選手のことが好きになったよ。これからも頑張ってください!

てなわけで、スタート。

とりあえず、この日の目標は川内選手の2倍以下の時間でフィニッシュすることに急遽決定。まあ、2時間を切れればなんとかなるだろうと…。
入りの5㎞は26分41秒でまずまず。吉野川の緩やかな流れを横目に、田舎特有の匂いを嗅ぎつつ走る。で、次の5㎞が24分54秒。これは明らかにオーバーペースだ。これにはいくつか理由があるのだが、ここには書かない。このままでは最後までもたないと思って、次の5㎞を26分51秒に落としたものの、ラストは向かい風もあって完全にペースダウン。それでも1時間53分台でゴール出来たのは、現状では上々の結果だ。

c0193648_22233286.jpg
2時間を切れた最大の理由は最後まで膝の痛みが出なかったことだ。多少は練習不足でも膝が大丈夫なら2時間は切れる走力を今でも保っているということだ。
一つは堤防のコースでアップダウンが少なかったことがある。膝には下りが厳しいのだ。
で、もう一つの要因はこれ。

c0193648_22240249.jpg
2月の末に発売されたばかりのナイキ エピックリアクト。
先週の駅伝で同僚が履いていて、非常に良さそうだったので、自分も試してみることにした。ちょうどニューシューズに買い換えても良いタイミングだったので、善は急げとネットでポチッと…。

「リアクト」というネーミングからして反発力が売りのシューズなのだと思うが、この靴の凄いところは反発と衝撃吸収という矛盾する作用を両立させているところにある。足に不安のある自分としては、反発力より膝に優しいところがありがたい。しばらくはこれを勝負シューズにして頑張ってみるとしよう。


[PR]

by ina-elise | 2018-03-13 23:58 | ランニング | Comments(0)

<< 春魚まつり 駅伝勝負 >>