カテゴリ:ランニング( 49 )   

ヤク中   

2016年 02月 07日

オイラ世代のヒーローがクスリで捕まったのは衝撃だったが…

オイラはシャブじゃなくてLSD。
といってもクスリじゃないよ。

ロング・スロー・ディスタンスの略で「LSD」
自転車でもよく使われる言葉だ。たぶん最初にネーミングした人は、クスリと掛けてみたんじゃないかなと思う。

職場仲間でフルマラソンを何度も完走しているベテランランナーがいて、「ゆっくりでいいから長く走る練習をするといいですよ」と教えてもらったのを本日実行することにした。

とりあえず3時間。

同じところをグルグルまわるのは面白くないから、かつてロードバイクで走っていた頃のコースも混ぜながらとにかく走り続けてみた。
ペースは心肺に負荷がかかるギリギリのところを探りつつ限りなくゆっくりと。
なんかね、走ってると気分がハイになってくるんだな。脳内にエンドルフィンが大量に分泌されているのだろう。そういう意味では、「LSD」というネーミングは、あながち間違っていないかも…(笑)。

結局、2時間52分走って、距離は22kmあまり。
走ってるときは、25㎞ぐらいは走ったかと思ってたんだけど、あのペースじゃ無理か…。

少しずつでも心肺機能は高まってきているはず。歳が歳だけに突然死がいちばん怖いから、基礎体力を鍛えることはとても大切だと思う。あと体重ね。これが最も厄介な問題だけど、マラソンのために酒をやめるつもりなど毛頭ない。いまさらトップアスリートなどになれるわけもないから、「走る市民」として楽しめればそれでいい。

c0193648_1639385.jpg

[PR]

by ina-elise | 2016-02-07 16:41 | ランニング | Comments(6)

ビギナーで男だけど…   

2016年 01月 31日

本日は大阪国際女子マラソンで福士選手がとても頑張ったとか…。

ビギナーで男だけど、オイラも頑張った。
大泉緑地で行われたハーフマラソンに参加してきたのだ。

c0193648_14592561.jpg


いまのキャリアでハーフは無謀という話もあるが、躊躇していてはいつまでたっても走れないし、歳も歳だから行くとこは行っとかんとね。

一周3キロのコースを7周する設定。

周りは速そうな人ばかりで、ちょっと気が引けるけど、あまり人のことは気にせずマイペースを貫こうという作戦。それでも、少しは引きずられて若干オーバーペース気味だったか。

4周目まではなんとかなりそうな感じで走れていたのだが、15キロに差し掛かる頃からメチャクチャしんどくなってきた。「なんでわざわざこんなしんどいことしてんのか!?」という思いが頭をよぎりだす。
途中でホントに泣きそうになってきたけど、ここで止めては男がすたる、と自分に言い聞かせて根性で走る。

7周目は最後の力を振り絞ってなんとかゴール!

ゴール後に振舞われる豚汁が体に沁みるのね。
人数もほどよく走りやすい大会だった。
ほぼフラットな周回コースというのも、ハーフ初挑戦のオイラにはちょうどよかったかも。

なんにせよ無事に走り終えて良かったよ。

c0193648_15113186.jpg


目標タイムは2時間30分切りだったので、初挑戦にしては上々の結果だろう。
もうしばらく10キロからハーフの距離をあれこれ走って鍛錬に励むことにしよう。

ただ、今夜は今から黒門市場へフグを買いに行くのだ。疲れた体に上質のたんぱく質を補給する作戦。ついでに今週はハーフへ向けて節制したから、その分も呑むで!
[PR]

by ina-elise | 2016-01-31 15:16 | ランニング | Comments(0)

寒風をついて   

2016年 01月 24日

40年に一度の寒波が日本列島を襲ったという極寒のなか、四條畷市民マラソンに参加してきた。大阪も最低気温は氷点下の日曜日、お山の上はホントに寒かったよ。

c0193648_16214962.jpg


坂が厳しいという話は聞いていたので、目標タイムはムリせず65分切りに設定したのだけれど残念ながら達成ならず。やっぱりデブには登りは厳しいね。位置エネルギーを最大限に活用すべく、下りでだいぶ頑張ったのだけれど、キロ6分半をちょいオーバーのペースでしか走れんかった…。
まだまだタイムを気にして走るというレベルのランナーではないのだが、レースとなるとタイムとか順位とかが気になるのは性だからしようがない。体重があと2キロ落ちれば少しは変わってきそうなので、まずはそこからかな。
などと、いろいろ思うことはあるのだが、現状では最大限に頑張れたのではないかと思う。
「走る市民」としては、それがいちばん大切なことではないかなと…。

そんなこんなで昼すぎには帰宅して熱い風呂に浸かって疲れを癒したのだが、どうやらあまりの寒さに風邪をひいたみたいで、クシャミが止まらない。熱が出るほどの感じではないが、なんかいや~な感じ…。

というわけで、熱燗をちびちびやりながらコレを書いている。
おかげで体はポカポカ温まってきたが、これじゃ体重は…(爆)。
[PR]

by ina-elise | 2016-01-24 16:29 | ランニング | Comments(0)

リセット戻し   

2016年 01月 13日

新成人があちこちで暴れていた成人の日に我が家は長居公園で暴れてきた。
一周2.8キロあまりの周回コースを11周走るリレーマラソンに参加してきたのだ。エントリーした時点ではもっとゆるやかなイベントだと思っていたのだが、行ってみると本気っぽい人ばかりのマジなやつだった…(笑)。

少なくとも小学生を連れているのは我が家だけ…。

ま、別にタイムとか入賞とかを狙っているわけではないからね。

そんなこんなで準備体操などを済ませてスタート!

c0193648_2247448.jpg


うちの第一走者はinazumaだったのだけど、先頭のほうはホントにマジの人ばかりでしたな。だって、3キロ弱の周回コースを9分ほどで帰ってくるんだもん。そのペースで11周走るなんて、オイラには考えられまへん。

ま、うちはうちのペースで。

家族で3人しかいないから、rinが3周でinazumaとオイラが4周ずつで11周の予定。
7歳で8キロ以上を走るのは酷かなとも思ったのだけど、誰に似たのか、おだててれば木に登るタイプのようで、「rinは凄いなあ、メッチャ速いやん、母ちゃんより速かったで!」と言ってやると、俄然やる気を出して、「オレが4周走ろか!?」と言い出す始末。

inazumaが2周走ったところで足が痛いと言い出したので、rinの提案が現実味を帯びてきたのだが、なんとか予定通りで11周完走。

c0193648_22591518.jpg


タイムはこんなもんでしょう。

オイラは大体16分前後のラップで走ってたのだけれど、平均すればこんなもんだろう。
rinがこれから大きくなって、もっと良いペースで走れるようになれば、戦力になりそうだが、そのころには我々夫婦がポンコツになっている可能性があるな…(笑)。

そんなこんなで正月に呑みすぎ食いすぎの体をリセットできたのは良かったのだが、ちょうど同じ日に昔からの飲み友達のオッサンたちの新年会があったから、リセットは巻き戻しオーバーということで、めでたしめでたし…!?
[PR]

by ina-elise | 2016-01-13 23:08 | ランニング | Comments(1)

謹賀新年   

2016年 01月 01日

明けましておめでとうございます

大阪は朝から穏やかな晴天で、良い新年を迎えました。
一年の計は元旦にありということで、朝から軽くランニング。これで大晦日の暴飲暴食はリセットできた。でも、これからしばらく暴飲暴食が続くからねえ…。

c0193648_222044100.jpg


みなさま今年もよろしくお願い申し上げます。


[PR]

by ina-elise | 2016-01-01 22:22 | ランニング | Comments(2)

走る市民   

2015年 12月 06日

自分のことを「市民ランナー」などというと、全国1千万人の市民ランナーの皆さま全員から、お叱りの言葉を受けること間違いなしなので、そんな大それたことは申しますまい。でも「走る市民」であることは間違いないので…(笑)。

ちょっと真面目に走ってみようかと思い始めたのは去年の今ごろだったか。でも、仕事やら何やらとあれこれ忙しく、まともに練習できない。というのは単なる言い訳で、本当に真剣に走っていらっしゃる方々は早朝5時に起きて仕事前に練習しているとか。
とはいえ怠惰なオイラにそんな芸当ができるわけもなく…。

なんとな~く時を過ごすだけで1年が経とうとしているのに気付いてこれはいかんと…。

そこで、とにかく空いている休日にはなるべくレースにエントリーして練習代わりにしようと思いついたのね。
名付けて「川内優輝方式」…(爆)。
レベルから何からすべてが違いすぎるので、これまたお叱りを受けそうだが、気にしないでおこう…。
 
というわけで今日は大阪城で行われた「ごちラン」に出走してきた。
全国のご当地グルメが屋台を出すので「ごちラン」ということらしい。今日は十数店舗が出店してましたか。

大阪では第一回ということで、10キロにエントリーしたのだけど、人数がそれほど多くなく走りやすかった。平坦コースというのもあって、1時間切りを達成。オイラのような酒飲みオヤジにしては上々のタイムだろう。
これでも、はるか昔、高校生の頃は10キロを35分切りで走っていたのだよ。まあ、自慢にもならんほど大昔、というか今から比べれば、ほとんど他人のような頃の話だが…(笑)。

c0193648_2222657.jpg


走ったあとにたこ焼きと富士宮焼きそばを食って帰ってきた。いちおう、「ごちラン」だからね。

次は年明けまでエントリーはしていないので正月の暴飲・暴食がどう出ますやら…。って、暴飲・暴食を辞める気はないのよね~(爆)。
[PR]

by ina-elise | 2015-12-06 22:09 | ランニング | Comments(0)

走る家族   

2015年 06月 01日

かじやんに魚をいただいた翌日の24日の日曜日に、こんなイベントに参加してきた。

c0193648_23595084.jpg


南港で行われたファミリーマラソン。
一周2キロの特設コースをリレー形式で10周するというもの。一人で20キロは大変でも、家族で力を合わせればなんとかなるでしょうと…。

週間天気予報では、ほぼ確実に雨だったのだが、心をこめた祈りが通じたのか、雨どころかむしろ暑いほどの晴天。毎度のことながら、お天道様ありがとう♪

ただし、数日前からinazumaが体調を崩していて、あまり戦力になりそうになかったから、オイラとrinの頑張りが求められていたのだった。といってもrinに何周もさせるわけにもいかんからねえ…。

2キロぐらいはどうってことないと思っていたのだけれど、最近仕事が忙しくてまったく練習できていなかったせいで体が重くて辛かったよ。しかも暑い。

スタートはinazumaが2周走って、rinが1周つなぎ、そのあとオイラが3周。さらにinazumaとオイラで2周ずつ走る予定だったのだけれど、rinがもう1周頑張ると言うので、アンカーをrinに託した。

結局タイムは2時間を少しまわるほどだったか。順位もビリから5番目ぐらいだったけど、家族で力を合わせて頑張ったことに意味があるのだ。rinも泣きそうな顔をしながら懸命に走っていたから、あとで大層褒めてやった。というか、7歳にしてはなかなかのタイムで走ってたので、あと2、3年したら強力なライバルになると思われる(笑)。

同じようなイベントは探せばいくらでもあるから、また家族で走ろう。苦しみながら汗をかくというのは案外気持ちのよいものなのだ。
[PR]

by ina-elise | 2015-06-01 00:25 | ランニング | Comments(0)

走る夫婦   

2015年 04月 19日

先日の日曜日のこと。

交野市で行われたマラソン大会に参加してきた。
元阪神の赤星選手が主催するチャリティーマラソンである。去年はinazumaが単独で参加し、オイラとrinは沿道で応援していたのだったが、今年はrinをina母に預けて夫婦で参加。

朝から生憎の雨模様であったが、心を込めた祈りが通じたのか、走る頃には雨は上がり、薄日が射すほどであった。毎度のことながら、お天道様ありがとう♪

c0193648_23323177.jpg


四月に入って仕事が忙しくなってからは、まったく練習できていなかったので、ロクな走りはできないだろうと諦めていたのだが、中途半端に走らなかったのがよかったのか、この日はなぜだが体調がよく、結構いい感じで走れた。

といっても大したタイムではないけれどもね…。

気分よく走れたのは、ちょうどよいターゲットを見つけられたからなのね。
ポニーテールを左右に揺らしながら走る、可愛いお尻のオネいちゃん(爆)。

「エエ眺めや」と思いながら走っていると疲れないのよね。

これはマラソンのベテランから聞いたホントの話。

まだまだ課題は山積みなのだけど、少しずつ進歩していければよいだろう。えっと、体重はまだ大して減ってない。2月の寝屋川マラソンが終わった段階では、いまごろ激やせしている予定だったのだけど…(笑

実は来月も、とある大会にエントリーしているのだ。
そのころにはきっと…

痩せてないだろうね…。
[PR]

by ina-elise | 2015-04-19 23:27 | ランニング | Comments(0)

走る男   

2015年 02月 22日

実は今年は走る年にしようと思っているのだ。といっても真面目に練習しだしたのは、この一か月ほどだが…。

で、こんな大会に出場してみた。

c0193648_151701.jpg


寝屋川ハーフマラソン大会。

エントリーしたのはハーフではなく、クォーター。
まだ、今の時点で20キロも走ったら、たぶん死ぬ…。というか走りきれないだろう。実際にゴールした時点で、これからまだ10キロ走るなんてありえん、って思ったから、分相応にクォーターで正解だろう。

コースそのものは実家のすぐそばを通るコースで、よく知っている道ではあったのだが、クルマで通ることはあっても自分の足で走ることはないからねえ…。距離的には短いものの、かなりの勾配の坂が途中にあって、なかなか厳しいコースだった。
いまのオイラにはお腹まわりに相当な重りを積んでいるから、これを下さないことには軽やかな走りを実現するのは難しい。

とはいえ、スーパーアスリートの人もメタボの人も、それぞれのレベルで限界に挑戦できるから、それはそれで楽しい。なんていうのかな、シンド気持ちいい快感があるのよね。
必要なときに必要なだけ走りきらなければ生き延びることができなかった、太古の時代のDNAが目覚めるのだと思う、たぶん…。

今年は何度か大会に出場しよう。
次は4月の交野10キロだな。

そのころには引き締まった肉体のニューいなぞうを披露できるはず…かな(笑)。
[PR]

by ina-elise | 2015-02-22 22:22 | ランニング | Comments(2)