<   2011年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧   

猿真似   

2011年 05月 28日

昨日の夕食後のことでしたか…


rinが何やら唄ってます。

でも、よく聞く歌じゃない。
オリジナル曲(rinは作詞・作曲の天才なのです…笑)でもない。


よ~く聞くと、リズムといい、言葉の調子といい、お経そのものでした。
このところ、お坊さんのお経を聞く機会が多かったからね。

「rin、お経読んでるのん?」と聞くと、照れくさそうにニタ~ッと笑っておりました。

「父ちゃんがお経教えたろか」と言って、最初は本物、途中からいい加減のアホダラ経を唱えてやると、真剣な顔で聞いておりましたな。

音楽の好きな子だから、お経に興味を持つのも当然の成り行きなのでしょう。お経というと、写経のイメージが強いですが、あれは人の声と打楽器が奏でる立派な音楽だと思っています。
というか、リズムに乗せないと、あの経文は覚えられないはずです。
ここをご覧になっている本職が少なくとも2名いらっしゃいますが、間違ってたらごめんなさい。

それはともかく…


調子に乗ってアホダラ経を唱えていると、「父ちゃん、お経教えて♪」と言ってきたので、
「父ちゃんのはいい加減だから、ちゃんとしたお経はホウシュウ和尚に習いなさい」と言っておきました。

もし弟子入り志願をしに行きましたら、よろしくお願いします!

今からホウシュウ和尚に弟子入りすれば、自らの功徳で他人の煩悩を鎮めつつ、本人も煩悩丸出しで表彰台に上がり続けるF1ドライバーになるのではないかと、親の煩悩は鎮まるところを知りません(爆)。


c0193648_23574387.jpg


画像ぐらいは煩悩と関係のない可憐なものにしておきましょう。
[PR]

by ina-elise | 2011-05-28 00:00 | ジュニア | Comments(5)

写欲   

2011年 05月 25日

え~、毎度おなじみの親バカを一席…。


一時期はブロック職人にでもなるのか、と思うほどにブロック積みに熱中していましたが、何のきっかけがあったのか、パタリと止んでいたブロック熱。
ところが、このところ再燃してきた模様…。こういう周期というのは、大人にもあるものですが、傍で見ていると不思議なものですね。

いまは連日連夜ブロック作り。
親が起きる前からごそごそ起きだしてはカチャカチャやってます(笑)。


で、先日、仕事から帰ると一目散に駆け寄ってきて
「父ちゃん、父ちゃん! ちょっと見てみて♪」と言うのです。

何事かと思いきや、レゴブロックの大作が…。
褒めるときは中途半端なことはせず、全力で褒める(笑)のが、我が家の方針なので、このときも「うっへぇ~♪ すごいな、これ!」と腰を抜かさんばかりのオーバーリアクション(爆)。

するとrinも調子に乗って「写真に撮りたいくらいすごい?」
と聞いてくるので、仕方なく撮ってやることにしました。

c0193648_00623.jpg

何か分かりますか?
電車だそうです。ちゃんとパンタグラフまで装備されてます。ところどころにビー玉が乗ってるのは「お客さん」と言ってましたが…(笑)。


今はこれも解体されて別のものに変化してます。
先ほどは、四角いものを作って「ピースして♪」と言うので、求めに応じてやると、
「カシャ!」と言ったあとに「はい、いいのが撮れました♪」だとさ…。

写真を撮るときに、ファインダーを覗くように顔を近づけていたのには感心しました。
[PR]

by ina-elise | 2011-05-25 00:09 | ジュニア | Comments(8)

天候自在   

2011年 05月 22日

今日はあの方を弔いに行く日でした。

去年のこの日のブログ5/23の記事にこんなことを書きました。

――以下引用――

晴れ男のあの人を弔う日だからか、この日は雨が多いのです。去年も傘をさしていました。一昨年も雨に祟られるというほどではないものの、どんよりとした曇り空で全員傘を手にしていました。でもって今年は大雨。年々ひどくなっているような気がするんですけど…。ひょっとしたら来年あたりは季節外れの台風でも寄越すのか!? アンタは!(笑)。

――引用終わり――

今朝の雨はなんだったんざましょ!?
お侍さんとメールで「ホントに台風が来たな!?」とやりとりしておりました。

ま、向こうでは、一日ぐらい天気を自由自在に操れるんじゃないですか。苛めてるのか、ネタにして笑ってるのか知らないですけど、そろそろやめていただきたいものです。


てなことを思いながら集合場所に着くころには、雨はすっかり上がってました。
弔問メンバーは、電脳侍さん、minさん、ひろさん、でもって、いなぞう一家。
いなぞう以外はS1の人たちなんだなあ、と、なんとなくしみじみとした思いが…。

c0193648_20223381.jpg


今年はね、「回し焼香」という武器を手に入れたので、お参りのグレードが上がりました。ひろさんがお供えに持ってきたビールの香りと、お香の香りがあいまって、なんともいえない芳香が漂っていましたねえ。缶ビールを開けただけで、あれほど強烈に匂いがするのを初めて経験しました。きっと、グビグビ呑んでたのだと思います。このところ暑かったからね。そのへんは向こうも同じなのか…。

和尚の読経が終わるころには日が差してきてましたな。

c0193648_20282894.jpg


もう来年からはフツーの天気でいいからね~♪
暑すぎるのもNGですよ~♪

さて、これで来年はどうなるでしょうか。


本日参加のみなさま、お疲れさまでした。
ホウシュウ和尚さま、先日の交通安全祈願にひきつづき、ありがとうございました!
[PR]

by ina-elise | 2011-05-22 20:31 | エリーゼ | Comments(4)

大⇒小⇒無   

2011年 05月 20日

C3 Picassoの交通安全祈願をしていただくために広宣寺にお参りに行きました。広宣寺ってどこ? って思った人、もしアナタが関西のエリーゼ乗りだったらモグリですね(笑)。
「音速の祈祷師」こと、我らがホウシュウ和尚が住職をお勤めになられている御寺でござりまする。

c0193648_22382935.jpg


建立は四百年以上も昔に遡るという歴史のある御寺なのです。
本堂の全景も撮ったのですが、露出オーバーでアップできるものがありませんでした。天気が良すぎたのかな…。と、言い分け…。

クルマのお祓いの前にドライバー本人の邪悪な煩悩を鎮める祈祷をしていただきました。おそらく、こちらのほうが価値が大きかったのではないかと思います。
厳しい修行を積んだ和尚の功徳を、由緒ある本堂で独り占めできるなんて、有難いを通り越してもったいない話です。お世辞ではなく、心が洗われると同時に身が引き締まる思いがしました。
ホウシュウ和尚、ありがとうございました♪

そのあとは駐車場へ移動してクルマのご祈祷。
ボンネットからドアからリアハッチまで開けて、念を入れていただきました。横で様子を見守りながら、これをカメラに収めればよかったな、と思うものの、カメラはお寺に置いてきた…。残念でした。

仕方がないので、代わりにコレを…。

c0193648_2253859.jpg

泥棒じゃないですよ(爆)。


ご祈祷していただいたあとは、お寺に戻ってあれこれとお話をば。

似たような時期に父を亡くし(享年まで同じだったのは奇遇でした)、年齢が近いこともあって、これからの人生をどのように過ごすかという有難いお話をしみじみとお聞かせいただきました。

ただし、どちらも言わずと知れたクルマ馬鹿、いつのまにやらネタはクルマへと変わり…。

もちろん、和尚にC3 Picassoを試乗していただきました。

さすがはプロフェッショナルですね。
最初の数分は手探り状態だった(というかオーナーに遠慮していた!?)のに、5分も経たないうちに「これ、メッチャおもろいですやん!」と振り回す、振り回す…(笑)。

たぶん、ウチのピカソちゃんが納車以来最も酷使された数十分間だったと思われます(爆)。

でもね、助手席で「ああ。このクルマ、こんな挙動するんだ…」と感じるのは、鈴鹿南で和尚がドライブするエリーゼの助手席に乗ってたときと近い感覚だったかも…。
具体的にいうと、街乗りのピカソであっても、いなぞうと歴然と違うのはブレーキの使い方なのね。ブレーキをきっちり使いこなすことで、サスペンションの本当の味わいが出てくるんですね。そこはエリーゼだろうが、ピカソだろうが同じなのだなあと…。
勉強になりました!

それはともかく久しぶりに助手席に乗っていて楽しい気分になりました。

それと同時にホウシュウ和尚に、ユーロ・ディーゼルに対する熱い思いに点火するきっかけになったかもしれないとすると、それはそれで楽しい話です。
ここから先はまだナイショにしておきますね(笑)。


ま、なんにしても有難いご祈祷をしていただきましたので、大難は小難に、小難は無難へと霊験が発揮されますことを願いつつ、これからも安全運転で大切にクルマに乗り続けようと思います。

本日はホウシュウ和尚、本当に有難うございました。
[PR]

by ina-elise | 2011-05-20 23:31 | C3 Picasso | Comments(2)

三木まいり   

2011年 05月 09日

今年もあの方を弔いに三木まで参ります。

5月22日(日) 山陽道 淡河PA 14:00集合
グリーンピア三木に直接行きたい方は、14:15ごろを目安に駐車場までお越しください。


年に一度の弔い、僕たちにとっては墓参りみたいものです。

今年もホウシュウ和尚がお経を唱えてくださいます。
お志のある方の参加をお待ちします。


c0193648_1183651.jpg

[PR]

by ina-elise | 2011-05-09 11:10 | エリーゼ | Comments(4)

日常へ…   

2011年 05月 06日

世間のゴールデンウィークもようやく終わりですね。えっ!? あと2日残ってるって? それは通常の週末ですやん。

いなぞうはゴールデンとは全く無縁の生活を送っていましたから、周りが追いついてきてくれると、日常が自分の周囲にも戻ってきた感があってホッとします。

連休も休みなくて大変ですねえ…と声をかけてくださる方もいらっしゃるのですが、その分、みなさんが働いているときに思いっきり休んでますから。無給休暇ですけど…(爆)。

いなぞうは明日の土曜日もいつもどおり仕事をして、日曜だけは休みです。ただし、亡き父の法要がありますが…。
春先に突如として父がこの世を去ったのですが、今はずいぶん落ち着きを取り戻してきました。いまだに、ふとした瞬間に「なんでおれへんのかな?」と違和感を覚えることもありますが、それはあくまでもそんなことを感じさせる状況が整ったときのことであって、普段はすっかり忘れてます。

ま、いつまでも死んだ人のことばかりを考えていられるほどヒマではないということで、誠にありがたい話なのです。
そういう意味では、忌引き一週間というのは、先人の素晴らしい知恵かなと思うわけです。手続きその他に時間が必要だという合理的理由もあるのでしょうが、一週間ぐらいでそろそろ日常に少しずつ戻ってきなさい、ということでもあるのではないかなと感じたりしています。


えっと…
思いっきり話が脱線してしまいました。
そうそう「日常へ…」ですね。

G.W.で呆けていたみなさま、ようこそ日常へお戻りやす…。

c0193648_23201447.jpg




あっ、そうそう。
C3 Picassoをめぐる環境が少し変わったのです、本日…。
ま、その話はまたあらためて。
[PR]

by ina-elise | 2011-05-06 23:21 | エリーゼ | Comments(0)

遠回り   

2011年 05月 01日

世間ではゴールデンでも、いなぞうにとってはフツーのウィークを過ごしております。

せっかく休みの日曜も朝から天気が悪いし、先週半ばから体調も思わしくないしで、のんびり過ごそうと考えておりました。


関西在住のエリーゼ乗りならほとんどの方が知っている、カタナのり(いちおう掛詞…笑)が怪我で入院されているとのことだったので、ちょいとお見舞いに行ってみることにしました。

rinにも聞いてみると「一緒に行く♪」と…。
ツーリングなどでお会いしたことはあるので本人もよく知っているのです。

雨が降っていればクルマで行くつもりでしたが、昼過ぎには上がったから買い物がてら電車で行くことにしました。rinはクルマより電車のほうが喜ぶのです。なんともエコな子だこと…(笑)。


で、市内にある病院に到着し、教えられた部屋まで行くと、いかにもな名札が掲げられておりました(笑)。
今から思えばアレを写真に撮っておけば良かった。あんなんアリなんですかね~?

それはともかく、ドアをノックするも返事はなし…。
女性の部屋なのでいきなり入るのも憚られて、ひとまずrinに偵察に行かせることにしました。
「こんにちは~♪」って入っていかせると
戻ってきて「だれもおれへんで…」と。

部屋の様子から先客でもあって、お茶でもしにいったのかなと…。

10分ほど待合のようなスペースで時間をつぶしましたが、戻ってくる様子もなかったので、お見舞いの形跡だけ残して退散。

だってね、12階のフロアの窓から見下ろす阪急電車を発見してアレに乗る! とrinが言うものですから…。

自分で言うのもなんですが、すっかりイクメン街道まっしぐらのいなぞう…。
ま、ここの読者には同じかさらに上を行くイクメンもちらほら…(笑)。

というわけで阪急梅田駅に到着。

何線に乗るかちょっと迷いましたが、意味もなく離れても仕方がないので神戸線は却下。
かといって戻ってくるのも面白くないから別の路線に乗り換えて家まで帰るには……
思案すること数十秒。
ひらめきました!

ひとまず京都線に乗り南茨木まで。

でもって大阪モノレールに乗り換え。
摂津を過ぎたあたりで貨物と新幹線の車両基地を見下ろし…
(これは予期せぬことでしたが、このあたりでrinの興奮度はMaxでした…爆)

大日で地下鉄谷町線に乗り換え。
太子橋今市でさらに今里筋線に乗り換え。
我が家の最寄駅(ナイショ…笑)までというコース。

我ながら数十秒でひらめいたわりには、子鉄に対する愛情あふれる心づくしのプランニングでございました。もちろん、フツーに帰るのと比べたら5倍以上の出費を強いられていますが金額的には大したことはありません。でも、モノレールは高いなあ…(爆)。
あっ、rinはタダだし、本人はとっても喜んでますから、それでOKなのです。

おかげで風邪気味だった体調もずいぶんとよくなったような気がする(ということにしておこう…爆)。
[PR]

by ina-elise | 2011-05-01 22:45 | ジャンク | Comments(4)