人気ブログランキング |

<   2013年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

caribbean   

2013年 05月 21日

「時代がオレに追いついてきた」と思う瞬間ってあるよね(笑)。

「今年は家でモヒートを呑もう! だからベランダでミントを育てよう!」
と思いついたのは、まだ桜が咲く前だったか。

そうこうするうちに世間が「モヒート、モヒート」と言い出した。

ま、広告かポスターか何かを街中で見かけた印象が深層心理に残っていて、それがオイラのモヒート願望とつながっただけなのだろうが、そんなインチキ臭い心理学的な話はどうでもいい。

初夏の陽気に恵まれた本日はモヒート日和ということで、我が家での初モヒートを作ってみた。

c0193648_20394749.jpg

作り方は簡単。
もうちょっと葉っぱをつぶしたほうがよかったかも。次はライムを入れて作ってみよう。

今年の夏は昼下がりにモヒートで乾杯♪
う~んカリビア~ン!

by ina-elise | 2013-05-21 20:45 | 料理 | Trackback | Comments(2)

revival & revenge   

2013年 05月 19日

我が家のインフルエンザ禍は、ようやく過ぎ去ろうとしている。オイラとrinは、ともに土曜の午前中には平熱に戻り、inazumaも今日の昼ごろには平熱を取り戻したようだ。周りへの感染の危険性が残っているが、本人にとっては平穏を迎えつつあるというところか。
なんにしても今回のインフルエンザはキツかった。季節外れだから余計に辛いのかとも思ったが、とにかくなかなか熱が下がってくれなくて難儀した。でもようやく復活の兆しが見えてきた。


そんなこんなの日曜のお昼前。例の漁師からホットコール。

実は土曜日に釣りに行くとの情報は得ていたから、ひょっとして…と期待を抱いて待っていたの(笑)。
着信の相手を見て、思わず頬がほころぶオイラ。釣りバカを友にもったことの喜びがこみ上げてくる。

獲物は鯛が二尾。

30cmの中型と60cm(超えてたかな)の大型と一尾ずつ。
ありがたや、ありがたや…。

これをネタに、鯛しゃぶだけが残念な旅行となった先週のリベンジとあいなった。

中をまるまる一尾使って鯛めしに仕上げ、大は刺身におろして、アラは潮汁にしたててみた。

c0193648_22243224.jpg

水加減をちょっと失敗して、柔らか目の炊き上がりになってしまったが、味は上々。

c0193648_222529.jpg

これではあまり美味そうに見えないですね。昆布で出汁をとって味付けはシンプルに塩のみ。rinが「美味しい♪」といって、飲み干していたからそれで十分なんだな。
量を沢山作りすぎたので、これをストックしておけば後で何かに使えるかな、とは思うものの、今のところプランはなし。

c0193648_22285126.jpg

言うまでもなく美味い♪
これでまだ四分の一しか食ってない。明日ももちろんいただきますよ~♪
というか、今夜までがタミフル服用期間でインフルエンザ治療中だったから酒を呑んでないのね。
明日はガッツリ呑みながら食うで~!

で、いま思いついたんだけど、今日の潮汁の出汁を使って、残りの身を鯛しゃぶにしてやろうかしら。先週のやつより絶対美味いだろう。刺身と鯛しゃぶでまとめてみるというのもアリだな。

最後になりましたが、毎度毎度かじやん、ありがとね~♪
今回も美味しくいただきました。

by ina-elise | 2013-05-19 22:42 | 料理 | Trackback | Comments(3)

全員アウト~♪   

2013年 05月 18日

心と体のリフレッシュの旅に出たのは先週のこと。
だが、しかし…
リフレッシュどころか今週の我が家は大変な始末なのであった。


まず翌日の月曜にrinが発熱。保育園の遠足の予定だったのだけれど、38℃を越す高熱のためキャンセル。たまたまオイラの仕事が休みだったので、病院へ連れて行き、家でも親身な看病。

でもって、火曜の夕方あたりからオイラの調子も悪くなり、水曜の朝には38℃超。
発熱ごときでは仕事に穴を空けないというのがポリシーなので根性で仕事へ行く。出がけに「病気は根性で治してくるわ」と言い残して家を出たものの、帰宅時にはヘロヘロのぐったり…。
それを見てrinが「父ちゃんの根性が足らんかったみたいやな」と。
甘んじてその言葉受けておこう。

木曜も調子は悪くなる一方だったけれど、なんとか根性で仕事場へ。

そうこうするうちにinazumaの具合も悪くなってきた。

で、ふと思った。

熱の高さや足腰の痛みなどから考えて、家族でインフルエンザに罹っているのではないかと…。

当初、rinを診せに行った罹りつけ医も、季節がらインフルは疑っていなかったから、いわゆる総合的な風邪の対処しかしてもらっていない。

金曜日には家族が3人とも38℃超の発熱で苦しんでいたので、さすがに仕事を休んで、3人もろともに診てもらうことにした。
で、いぶかる医者に対して、症状からしてインフルエンザの可能性が高いことを訴えて検査してもらうと、見事にクロ。

「いまどき珍しいですねえ」と褒められちゃった(笑)。

原因さえ分かれば大人はどうってことない。
心配なのはrin。上がり下がりはあるものの、高い熱がなんやかやで五日以上も続いているか。見た目は元気なので、熱さえ下がれば心配ないのだけど…。小児用のタミフルを処方してもらったから、これで回復してくれることだろう。もうちょっと頑張ってね!


それにしても水・木と無理して仕事に行ったのは大丈夫だったのだろうか…。
オイラみたいな奴がインフルを広めてしまうのだな。反省反省…。

20年以上もインフルに罹っていなかったのと、あまりに季節外れだったことに加えて、最初に熱を出したのがrinだったので、てっきり疲れが出たのだと思い込んでいたからインフルエンザの可能性に思い至らなかったのね。

リフレッシュの旅の翌週は闘病の一週間となった我が家なのであった。

c0193648_16354945.jpg

by ina-elise | 2013-05-18 16:40 | 家族 | Trackback | Comments(2)

南あわじの旅   

2013年 05月 12日

GWも通常どおりに仕事で、この一か月ほど身も心も休まっていない。てことで、一泊二日のリフレッシュの旅に出ることにした。行く先は近場で淡路島。

選んだ宿は「サンセットビューホテル けひの海」
慶の松原の近くにある。

ネットの評判がとても良いお宿。
スタッフは、みなさんとても気持ちの良い対応。部屋は画像で見ていたより上質感に欠けるが許容範囲内。
楽しみにしていた夕日は天気のせいでイマイチだったが、それなりに美しい夕景を見ることができた。

c0193648_17594673.jpg


一週間前の予報では、土・日ともに雨だったのだから、土曜の昼から雨が上がり、日曜は朝から快晴に恵まれたあたりは、オイラたち親子の晴れ男パワーがまだまだ健在ということなのだろう。実は一週間前から天の神様にお願いしていたの…。


で、夕食。例によって画像はない。

料理が美味しいと評判の宿。たしかにどれも美味しかった。

ただ、鯛しゃぶのコースをチョイスしたのだが、そのメインの鯛しゃぶが全然いけてない。切り身にしたものを冷凍にしておいたのを出しているのではないかと疑わしくなるぐらいの鮮度。こちとら、淡路で鯛しゃぶを食らうのだから、刺身でいけるやつをしゃぶしゃぶっとレアで、しゃぶりつこうと思っていただけに非常に残念…。

チョイスしたコースが悪かったか…。

ただ、メイン以外はホントにどれも美味しかった。前菜も刺身もデザートも美味しかった。だから、余計に残念な気がする。
そうそう、朝食も非常に美味しかった。だから余計に…(もういいか…笑)。

食に対する評価はinazumaもほぼ同じ。
コストパフォーマンスを考慮すれば、5点満点で3点はあげられないね。

そうそう、忘れてた。温泉の泉質は良かった。てことで、総合で3点ですな。

宿のことを長々と書いてしまった。失礼…。


翌日はイングランドの丘へコアラを見に行く。

c0193648_18144623.jpg

ちょっと分かりにくいけど、下のほうに小さく見えているのが、今年の春に生まれた赤ちゃん。お母さんの顔は木の向こう側に隠れているのね。

GWの翌週ということもあってか、天気の良い日曜のわりには人出はそれほど多くなく、ゆっくり見て回れたのは良かった。時間があるなら、ここで一日のんびり過ごすのも、子ども連れには良いかもしれない。

ところが、rinは変わった子で、かれいの刺身が食いたいらしい…。
昨夜の夕食で出てきた目板がれいの刺身(もちろん大人用の料理)を食わせたところ、それが気に入ったらしい。たしかに肝の味も濃く、美味かったのは美味かったのだが…。
最初は「かれい、かれい…」とうるさいから「カレー」が食いたいのだろうと思っていた…(笑)。

というわけで、更にクルマを南へ走らせることにした。数年前にロードでアワイチに行ったときに昼食を食べた店が海鮮モノが美味かったことを思い出し、寄ってみることにした。
残念ながら、カレイの刺身はなかったのだけど、親の努力を認めたのか(笑)、rinも納得した様子で、貝めしやらツバスの刺身やらを食っとりましたな。

食いながら「今度、とうちゃんがカレイ刺身にさばいてや。とうちゃんの作った刺身は美味いからなあ…」だとさ。
如才ないというかなんというか…。

んでもって、せっかくだから渦潮を見学することにした。ちょうど潮目も良い時間帯だったみたいなので…。

渦潮を間近で見るのは初めて。興奮して渦潮の写真だけで50枚ぐらい撮ってしまった…(笑)。

c0193648_1836742.jpg
c0193648_18375152.jpg


なかなかの迫力であった。
見た目の迫力が伝わりきらないのは、撮影技術の未熟さゆえ、いかんともしがたく…。

このあとは「道の駅うずしお」に立ち寄り、夕刻には帰路へと。
この道の駅うずしおは景色もよく、非常に居心地のよい場所だった。機会があったらまた来よう。

c0193648_18425415.jpg

by ina-elise | 2013-05-12 23:23 | | Trackback | Comments(2)