人気ブログランキング |

<   2013年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

しんじあえる   

2013年 07月 27日

とあるセレッソサポーターのルートからプレミアチケットを入手できたので、長居スタジアムまで行ってきた。

c0193648_10504811.jpg


セレッソ VS マンU

もともとサッカーは詳しくないけど、スポーツはなんでも見るのは好きなのだ。
香川慎司の凱旋試合だもんね。行けるなら誰でも行くでしょ♪

で、スタンドの上のほうまで登って座席に着いた頃合いで、なんと懐かしいことに、ひろすぃから電話。
何の用事かなと思って出ると「すぐ近くに居るんですよ♪」といって手を振ってるではないか!?
さすがに一緒に観戦という距離ではなかったけど、久しぶりに顔を見れて楽しかった。

五万人近い大観衆の中で、よく出会えたものだ。

で、ゲーム。

香川は調子がイマイチだったのかな。
ごっつあんゴールを吹かしたり、PK外したり…。
あのPKはプレッシャーかかっただろうね。ちょっと可哀そうな気もした。

セレッソサポーターから「シ~ンジのゴールが見た~い♪」という愛情こもったエールが送られていたのは、いとをかし。
PK外した直後になんとか1点入れられてよかったね。

それでも随所に鋭いパス回しを見せていたし、ピタッと足元でボールを止めるトラップの技術はすごいなと思った。

セレッソも若い選手が光ってた。南野選手は近いうちに代表に呼ばれるんでないの。

あっ、サッカーのことはよく分からんから…(笑)。


なんにしても久しぶりに競技場で試合を見て楽しかった。
子どもも5歳まではタダということだったので、rinも連れて行った。狭いシートで膝の上はお互いに辛いけどね。何が辛いって子どもは体温が高いから余計に暑いのだ。今度は冬に連れて行こう…(爆)。

c0193648_11101821.jpg

by ina-elise | 2013-07-27 11:14 | アミューズメント | Trackback | Comments(3)

鉄の道を行く ~出雲の国編 その二~   

2013年 07月 26日

出雲大社を参詣したあとは、再び一畑電車に乗って松江しんじこ温泉駅まで。

c0193648_102736100.jpg

一畑電車といえば、やはりコレですね。
出雲大社駅に展示されています。

で、その日は松江しんじこ温泉で一泊。
宿泊したのは松平閣という宿。
昔ながらの小じんまりした古い宿で、接客は良かった。ただ、コストパフォーマンスを考えると、やや値段が高いかな。松江で温泉というと誰もが思い浮かべるのは玉造温泉ということなのだろう。温泉街全体がかなりさびれている感じ。もう一回泊まりに行くかといわれると、たぶん次はない。お湯は良かったんだけどねえ…。

二日目は松江の街並みを散策。


c0193648_10344326.jpg

松江城にのぼったり…

c0193648_1035143.jpg

堀川めぐりを楽しんだり…

c0193648_10355282.jpg

松江名物の「ぼてぼて茶」をたしなんだり…
(あっ、コレ食べないほうがいいですよ。要するに薄~いお茶漬け。ご飯粒が残った茶碗を綺麗にするためにお茶を掛けて食べることがあるよね。あんな感じの茶漬け。ようこんなもんを売り物にするな、という代物であった。)

小泉八雲記念館にも行きたかったのだけど、列車の時間が気になったので、昼飯がわりに地ビールを呑んで松江駅まで戻ることにした。

二日目の宿は皆生温泉にしたので、松江から米子まで特急やくもに乗って三十分ほど。
今回は「松江・出雲ぐるりんパス」という企画切符を利用した。周遊区間の列車はフリーで乗れるのがありがたい。そのうえ松江城や堀川めぐり、水木しげる記念館などもタダという太っ腹の切符で、大いに利用させていただいた。

そんなこんなで米子駅到着。

境港線の鬼太郎列車に乗るのは翌日のお楽しみに取っておいて、とりあえず零番線ホームだけ見学してみた。

c0193648_104835100.jpg

c0193648_10501570.jpg

いろいろ出迎えてくれるので居るだけでも楽しい。

でもって皆生温泉まで。

夕刻の到着だったけど無理やりプチ海水浴。
c0193648_105147100.jpg



こうして楽しい二日目も更けていくのであった。

その三へ続く。

by ina-elise | 2013-07-26 10:57 | | Trackback | Comments(0)

鉄の道を行く ~出雲の国編 その一~   

2013年 07月 25日

21日の日曜日から二泊三日で家族旅行へ出かけた。
行先は島根・鳥取方面。いわずと知れた、子鉄のrinの要望とinazumaの温泉満喫の要望の二つを満たすプランである。

旅のスタートは新大阪7:53発の「みずほ」(これオイラが毎週岡山までの通勤に使っている便)。前日、深夜まで呑んでたから、かなりキツかったけど、とうちゃんは根性で起きるのだ。

でもって岡山で伯備線の「やくも」(9:05発)に乗り換え。
c0193648_11345469.jpg


先頭のグリーン車はパノラマカー仕様になってるのね。
しかも、なんと!? 五日前の予約で先頭の一番席が空いていたので、すかさずキープ。結構な出費になってしまったが、rinを喜ばすためだから…。
と言いながら最近は子どものためなのか自分のためなのかよく分からなくなってきていたりもする…(笑)。

c0193648_11411777.jpg
c0193648_11414038.jpg

働くオジサンの真後ろで呑む旅の酒は美味い!

c0193648_11443828.jpg

rinのおかげで、こんな記号の意味も分かるようになってきた。「ロ」はグリーンの証ですな。いちおう記念に撮っておいた。

そんなこんなで、岡山から終点の出雲市まで。3時間あまりの列車の旅。家を出たのが7時前だから5時間以上経過している。距離的にはともかく時間的には遠いねえ…。

出雲市駅で愛弟子に出迎えていただき、ここからは4人で出雲大社へ。
といっても目的の半分はコチラ。
c0193648_11525145.jpg


rinは、フジCSでリバイバル放映されている「みんなの鉄道」シリーズの中でも、なぜだか一畑電車の回がお気に入りで、2歳になる頃から繰り返し何十回と録画を観ている筋金入りの一畑マニアなの。上の黄色いやつも「やくも」の車窓から一目見ただけで「あっ、南海車両のやつや!」と言っておりましたな。

c0193648_11594811.jpg

なんとなくノスタルジックに…


で、川跡駅で出雲大社線に乗り換えて出雲大社へと。

c0193648_1212225.jpg

これが出雲大社号。

c0193648_1222723.jpg

出雲大社の大鳥居までたどり着いたところで、「コンパクトフラッシュがいっぱいです」とカメラがのたまった!?

仕方がないのでサブとして持って行ったS100をメインに昇格させることにした。
それにしても県庁所在地の駅前でCFが買えない街ってどうなのよ…。クルマで行ってれば国道沿いを流していれば量販店を見つけられたんだろうけど…。
というわけで、ここからはEOS40Dは単なる数キロの重りと化した。とほほ…。


えっと、長くなりそうだから一旦このへんで。
その二へ続く。

by ina-elise | 2013-07-25 12:12 | | Trackback | Comments(2)

世界文化遺産   

2013年 07月 03日

土曜日の話になるが、世界文化遺産登録を記念して行ってきた。



富士は富士でも有馬富士。
c0193648_840652.jpg



JR新三田駅近くにある有馬富士公園が面白いということを聞きつけ、rinを連れて行くことにした。天気が良かったのでエリーゼで父子二人旅。
駐車場は台数十分なので、よほどのことがない限り満車になることはないだろう。駐車場も入園も無料とは、三田市も太っ腹だ。

で、公園。

c0193648_8441632.jpg

ここは放牧のし甲斐がある所だ。

ただ、rinは親がそばに居ないと一人で公園で遊べないタイプのようで、完全放牧というわけにいかないのが面倒ではある。

c0193648_8452694.jpg


鬼の家やら子どもの村やら迷路やら、いろいろあってたっぷり遊べる。
小学校低学年ぐらいまでなら、ここで半日以上遊べるのではないかな。

ただ、この公園の良いところは、遊具の広場だけではなく、広大な敷地が整備されていて里山を散策するような風情が味わえるところにもある。
というわけで、rinを連れて散策してみた。

暑い日だったので、熱中症に注意しながら、かれこれ5㎞以上も歩いただろうか。

c0193648_8521324.jpg


途中でゴザを敷いて昼寝zzz…
あやうくハチに刺されるところだった…(笑)。

このあと学習センターのようなところで昆虫の生態などを軽く勉強。
暑いときは冷房が効いているからいいかも。


なんやかんやで朝からたっぷり遊んで夕方には帰宅。
なかなか楽しい公園だったので、また遊びに行こう。「次はピカソで母ちゃんも連れて行こな♪」とは、rinの弁。
ああ、そうしよう…。

by ina-elise | 2013-07-03 08:57 | ジュニア | Trackback | Comments(2)