人気ブログランキング |

<   2013年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

鉄の道を行く ~梅小路機関車館編~   

2013年 08月 27日

今年の夏はだらだらと忙しい。仕事量は大したことないのに、万遍なく仕事が入っていて、八月最終週のこの時期まで仕事が入っているのはホントに珍しい。

そんな中で今日は貴重な休日。

酷暑で疲れた体を休めるというプランもあったのだけれど、rinを連れて出かけることにした。行先は京都。仕事用に買っている回数券が期限内に消費できなさそうだったもので…。
夏の仕事で使うことを見込んで買っていたのだが、あまりの暑さにクルマで行ってしまったのだった。


そんなこんなで10時すぎには京都。

子鉄のrinが相手だから行先はもちろん梅小路機関車館。
まずはバスに乗って梅小路公園まで。ちょうどよいタイミングでシャトルバスがやってきた。乗客はすべて水族館の最寄バス停で降りるのを尻目にオイラたちは梅小路公園前まで。京都駅と梅小路公園を往復しているシャトルバスは機関車館のすぐ近くまで行ってくれるからホントに便利だ。

c0193648_2331231.jpg


SLスチーム号に乗り~の、運転席に座り~の、機関車の勉強し~の、で楽しく過ごす。

c0193648_2344578.jpg


c0193648_2354551.jpg


c0193648_2361186.jpg


行ったり来たりで3時間ほども過ごしたか。
たぶん、ここの滞在時間としてはかなり長いほうだと思う。rinも十分に堪能したようなので、外に出て公園のレストランで昼食にした。公園内唯一のレストランで、みんな考えることが同じなのか、かなりの待ち時間。
ところが「テラス席なら待たずにご案内できます」と…。

店員に尋ねると「暑いと思いますよ~♪」ということだったが、試しに外に出てみると涼しい風が吹き抜けて、むしろ心地よい。何十分も待つことと天秤にかければ、迷う余地はなしで即決。

c0193648_23131887.jpg


たぶん先週までだったらオイラも待ったと思う…(笑)。

結局、食事が終わるまで他の客は誰も来ず、静かにテラス席で優雅にランチを楽しんだ。ほんのちょっとだけ、バリかマレーシアの孤島にでも居る気分に浸った。

で、本日の最後の仕上げは公園からの電車見学。

芝生広場の南東側の端っこに行くと、JRの線路が間近で、駆け抜ける列車を見ることができる。
少し離れてはいるけど新幹線まで見られるのでrinのような子どもなら何時間居ても飽きない場所なのだ。

c0193648_2322442.jpg

特に山陰本線はすぐ目の前を走るから、なかなかの迫力だ。

c0193648_23263224.jpg


ほかにもサンダーバードやらスーパーはくとやら、貨物列車やら…。
京都駅手前は列車の種類が豊富だから楽しいな。
って、オイラが鉄ちゃんになってるやん!
30年ほど前なら、鉄ちゃんとかアニヲタとか、ツバを吐きかけるぐらいの勢いで見てたのに…(爆)。

そんなこんなで一日楽しく過ごして帰ってきた。

公園に入るだけならタダなので、もう少し涼しくなったら弁当を持って公園に遊びに行くというのもアリかもしれないな。

by ina-elise | 2013-08-27 23:40 | ジュニア | Trackback | Comments(2)

お帰り♪   

2013年 08月 19日

行ってきたで、復活ライヴ!

c0193648_0135954.jpg


オイラの青春とともにあるバンドだからね。もちろん行けるなら行くわけですよ。

実は義姉が数年来のファンクラブ会員で、そのつてでチケットを取っていただいた。感謝感謝。

最近のチケットのシステムって当日行くまでどの席になるのか分からないのね。みんなで祈りながら出てきたチケットはアリーナ!やや後ろめではあったが、ちょうどステージの真ん中あたりでホントに良い席だった。

真夏の野外ライヴということで、しこたま水分を用意して…。
一時間ほど前にはスタンバイOK。
実はこっそりrinも連れて行ったの。膝上での観覧。聞き分けの良い子なので、多少はダルそうにしていたところはあったものの、ノリノリの両親の気持ちに水をさすこともなく最後まで過ごしたのは立派であった。


セットリストを晒すようなことはやめておこう。

一曲目から四十代以上のファンにはたまらん選曲だったということだけは書いておくか。
右斜め前のオバちゃんなんか一曲目から号泣…(笑)。
ま、オイラもあまり他人のことは言えまへん。
汗か涙か分からんもので顔中がきちゃないことになってましたか…(笑)。
だってサザンが目の前で唄ってるんだもん。


そんなこんなで3時間あまりのライヴを終えて帰ってきた。
疲れてるんだけど、妙に興奮して眠れそうにない。明日も仕事だけど、まあ、こんな日があってもいいだろう。

c0193648_028474.jpg


帰りの電車で「毛ガニの居るサザンを見るのは何年ぶりだろう?」なんてことをinazumaと話しながら帰ってきたのであった。

お帰り♪ サザン!

by ina-elise | 2013-08-19 00:33 | アミューズメント | Trackback | Comments(6)

あれこれサンデー   

2013年 08月 16日

世間は、お盆休みの一週間だったようだが、オイラはフツーに仕事。それも、この夏でいちばんの忙しさ…。
忙しいことはありがたい話だが、この殺人的暑さには参った…。

てなわけでブログを更新する気力も体力もなく…。


話は先週の日曜日のこと。

あまりに暑いから川にでも泳ぎに行こう、という話になったのは、さらに三日ほど前のことだったか。
で、木津川の上流にある笠置キャンプ場に行ってきた。

初めて行ったけど、なかなか良いところですな。

何がいいって、入場料が大人300円と激安。5歳児はタダということで、我が家の場合家族で600円なり。しかも駐車場代は不要!

この日は午前中に墓参りに行ってから駆け付けたので、昼ごろの到着だったから、既にかなりの人が来ていたけれど、河原が広いのでなんなく自分たちの場所をキープできる。

水はお世辞にも綺麗とは言えない(ていうかメチャ汚い)けれど、まあ、チャプチャプと浸かっている程度なら問題ない。個人的には、人がわんさか泳いでいるところで犬を泳がせるのはやめてほしいなあと思った。

c0193648_2237181.jpg


川遊びをして一服しているところへ、例の漁師からホットコール。
イカ釣りのリベンジを果たしたらしい。

夕方には受け取る約束をして、もうしばらくは川遊び。
rinもすっかり満足したのを見て退散。

ここはまた行きたいですな。最大の欠点は、河原の砂埃がひどくて、半日クルマを停めてるだけで、愛車が真っ白になっちゃうことでしょうか。


そんなこんなで、釣果の受け取り。
毎度毎度ありがとさんでござんす♪

メインはイカなんだけど、こんな魚が…

c0193648_22425971.jpg

これ、なんだか分かりますか?

カジキのちっこいやつだそうな。
かじやんがカジを釣ったってことですな(笑)。

で、コレどうする?

もうちょっと大きければ迷いなく刺身にするんだけど…。

将軍さまに、頓智を試されている一休さんになったような気分…(笑)。

とりあえず腹から開きにしてみた。
c0193648_2247427.jpg


捌く前まではピカタとかフライとかも考えてたのだけど、思ったよりも身の厚みがなかったので、芸がないとは思いながら、そのまま軽く塩をして焼くことにした。

味は間違いなく美味かった。
inazumaが美味い♪美味い♪と言って食ってたから良しとしておこう。
まあ、こんな魚が食えるのも、かじやんがいてくれるからこそだ。

あまり面白味のない食い方で、期待はずれでしたか。ごめんなさい。
でも、美味しかったよ。

イカは、その日のうちに2ハイを刺身とゲソ塩でいただきました。身はまだ冷凍にしているものが残っているので、また刺身にして楽しみまする♪

by ina-elise | 2013-08-16 23:04 | ジャンク | Trackback | Comments(2)

鉄の道を行く ~出雲の国編 その三~   

2013年 08月 01日

その二のあと、しばらく間があいてしまった。ちょっと忙しい時期に入ってきたのでね…。


二泊目の宿は皆生温泉の「ゆるり」という宿。
c0193648_9155410.jpg

この宿は満足度が高かった。
しつらえ、接客、風呂、食事、すべてにおいて◎
また季節を変えて行ってみようかな…。

で、いよいよ三日目。

この日の目的はコチラ。
c0193648_9191791.jpg

米子から境港まで走っている境港線はゲゲゲの鬼太郎のキャラクターがラッピングされた車両を走らせている。現在は六種類のキャラクターがあるそうだ。

c0193648_9204969.jpg

オイラたちが乗ったのはねずみと猫の二両編成だった。

乗ってしまえば田舎の単なるディーゼル車なんだけどね…(笑)。

c0193648_9234966.jpg


境港駅では砂かけばばあと猫むすめにねずみ男が出迎えてくれた。
暑いでしょうねえ…(笑)。

このあとは水木しげるロードをスタンプ押しながら散策し、水木記念館に立ち寄り、海鮮丼を食ったら旅もいよいよ終わり。

c0193648_9264411.jpg

帰りはこの二両編成だった。

この頃には親は二人ともぐったり疲れ…
rinだけがいつまでもはしゃいでおりましたな。ホント子どもは元気だこと…。

c0193648_9275664.jpg



なんやかんやで、鉄分多めの二泊三日の旅であった。
次に出雲へ行くときはクルマで行こう…(笑)。

by ina-elise | 2013-08-01 09:30 | | Trackback | Comments(0)