人気ブログランキング |

<   2014年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧   

カニと鉄 その弐   

2014年 02月 26日

翌日は竹野からさらに西へ…

c0193648_127387.jpg


餘部といえば、40代以上の方なら、痛ましい事故の知らせとともに地名を記憶している人もいるだろう。いまは新しい橋梁に架け変わっていて、古い線路が少し残されており、その上を歩くことなどができる「空の駅」になっている。

c0193648_1301657.jpg


c0193648_131529.jpg


c0193648_1321836.jpg


c0193648_1335291.jpg

拙い写真では上から覗いたときの不安感というか恐怖が伝わらんな…。

下から見上げると
c0193648_13518100.jpg


折り返しの列車を待つ間の1時間半ほどを過ごして、帰路はひとまず豊岡まで。
今回の旅のメインといっても過言ではない、北近畿タンゴ鉄道の「あかまつ」号に乗車するのであった。

c0193648_1395438.jpg


rinを喜ばせるのが目的だったはずなのに、乗ってみると車内のいたるところにさまざまな工夫が凝らしてあって、親のほうが喜んでおりましたか。

c0193648_1451250.jpg


c0193648_147889.jpg


c0193648_148790.jpg


c0193648_149033.jpg


c0193648_1492142.jpg


楽しかったことは画像の多さで伝わりましたやろか。
豊岡から終点の西舞鶴まで2時間あまりの列車を堪能した。あかまつ・あおまつに乗車するには乗車整理券として300円が必要(おまけに6歳以下の幼児でも小児運賃が必要)だが、それぐらいは払う価値ありの列車である。この春には新しく「くろまつ」も運行される予定だとか…。

不採算路線として切り離された三セクが企業努力で頑張っているのを応援するという、ささやかな社会貢献としても乗ってみてもいいのではないだろうか。貸切も出来るらしいからCLUB111でイベントでも企画する?(笑)。


で、わぁわぁ言うておりますうちに終点の西舞鶴。

ここで再びJRに乗り換え、特急まいづるで京都まで、さらに新快速で大阪までという遠回りな鉄ちゃん的帰路となったのであった。

切符を買う時に最寄りの小さな駅の初老の駅員には、帰路の意図が理解してもらえず苦労したのだが、rinにもinazumaにも大好評(とくに北近畿のあかまつ)だったので苦労は報われたのであった。

by ina-elise | 2014-02-26 02:08 | | Trackback | Comments(2)

カニと鉄   

2014年 02月 24日

我が家恒例のカニ喰い旅行。お宿はいつもの竹涛。年に一度のカニはここと決めているから。遠く、関東からやってくる常連客も多数いるらしい。値は張るけど、それだけの価値はあると思う。

ふだんなら雪の心配さえなければクルマで行くところだが、今回は子鉄の望みもかなえるべく電車移動。

c0193648_2272451.jpg

行きは素直に「こうのとり」で城崎温泉まで。

一の湯に浸かり、温泉街をぶらぶらと。
途中で呑んだ地ビールは美味かった。

でもって城崎温泉から一駅の竹野まで。

宿に着いたら、いつものように浜辺を散策。もう何年も通っているけど、いつもと同じように過ごすのが心地よい。貝殻拾いをしたり、追いかけっこをしたり…。
inazumaは今年はアオサ採りにはまってましたな(笑)。ただいま台所には大量のアオサが…。

c0193648_22155513.jpg


広大な竹野浜を自分の庭のように使える贅沢。

 
腹ごなしが済んだら、お待ちかねのカニ!

今年も美味しいのが出迎えてくれた。いつも書いていることだが、その日に揚がったばかりの極上のカニを最高の状態で食べさせてくれる宿は、たぶんそんなに多くない。竹涛はそんな極上の宿の一つだ。

食べ始めると食うのと呑むのに忙しいから写真を撮っているヒマなどない。今年は途中からrinがパシャパシャやりだして、あとから確かめるとカニの写真だけで100枚ぐらい撮っていやがった(爆)。
そんな中から比較的写りの良いものを。

c0193648_22263325.jpg

これは女将さんが焼きガニをサーブしてくれているところ。
ちょうど良い加減のところで、「はい♪」と手前の皿に手渡してくれるので客はひたすら喰らうだけ。
鍋も刺身もいいけど、カニは焼きがいちばん美味いんだな。

なんやかんやで2時間半ほどの宴は終了。今年も美味いカニを満喫した。
で、酔いに任せて早めに就寝。

翌日は完全な鉄の旅になるのだが、ダラダラと長くなりそうだから今回はこのへんで。
次回へつづく。

ただし、明日から2日間は激しく忙しいので、更新は3日後ぐらいかなあ…。

by ina-elise | 2014-02-24 22:36 | | Trackback | Comments(2)

生活を発表する   

2014年 02月 22日

今日はrinの通う保育園の生活発表会。

まあ、学芸会みたいなもの。
rinは保育園では上から二つ目の4歳児クラス(ぞう組)なので、それなりにグレードの高い演技をみせてくれた。

rinたちの演目は「ヘンゼルとグレーテル」

rinはヘンゼル役だから主役なんだけど、なんと!? ヘンゼルが6人ぐらい登場してましたか…(笑)。

結構たくさんセリフがあったのを間違わずに堂々と言えてたので、しっかりと褒めておいた。
毎年見ていると、我が子の成長というものがひしひしと伝わって、それはそれで感慨深いものがある。

劇のあとは楽器の演奏があったのだが、そのときは隣の女の子を横目で見ながら懸命に演奏していたのがいとをかし。画像は今回はナシということで…。


でもって明日から竹野へ恒例のカニ喰いツアーに出かけるのだ!
今回は列車の旅で、rinへのサービスもこめたオプション付き。最近は親も鉄が楽しみになりつつあるので、カニと鉄を存分に楽しんでくるとしよう。

by ina-elise | 2014-02-22 23:16 | ジュニア | Trackback | Comments(2)

こてこて   

2014年 02月 17日

rinは、こてこての大阪人として順調に成長しているようで、毎週末の楽しみは「吉本新喜劇」。
座長のお気に入りは茂ジイ。最近のお気に入りギャグは吉田豊の「ドリル」ねた。一人で「ドリルすんのかいっ、せぇへんのかいっ」とか、「毛細血管がいっぱい集まってるところ、ワキ~!」とか言って遊んでいる。兄弟がいなくて掛け合いにならないのが可哀そうだが、きっとノリツッコミの上手い大阪人になることだろう(笑)。

というわけで今日は、なんばグランド花月に行ってきた。実は劇場で吉本を見るのはオイラもはじめて。

c0193648_22441594.jpg


少し早めに着いて、昼飯を食ってから道具屋筋をうろうろしたり…。

ちょうど劇場の入り口に吉田豊がいたので、なんとrinは「生ドリル」をやらせてもらったのであった。非常に良い写真になったのだが、もちろんここには掲載しない。

そんなこんなで開演。

まずは漫才や落語を楽しむ。NON STYLEはテレビよりも劇場のほうが面白かったか。まるむし商店も久しぶりに見た。まるむしが出てきたときに後ろに座っていた若い女の子たちが「これ誰?」と言っていたのがいとをかし。
中田カウス・ボタンはもちろんのこと、桂文珍もさすがの安定感であった。ただ、劇場ではいわゆる落語ネタは演らないのね。

で、お待ちかねの新喜劇。

rinの要望を満たすべく、辻本茂雄が座長の回をチョイスしたのだが、ホントに面白かった。唯一rinにとって残念だったのは、吉田豊は登場したものの、すっちーが出ていなかったので、ドリルがなかったことか。まあ、それは仕方がない。

それにしても立ち見まで出ている満員の観客を大爆笑の連続で楽しませるのだからすごいね。我々家族も二時間半ほどのあいだ笑いっぱなしであった。

rinが「また行こね♪」と言っていたから、いずれまた行くことになるかな。

c0193648_2313282.jpg

by ina-elise | 2014-02-17 23:03 | アミューズメント | Trackback | Comments(2)

雪道ウォーキング   

2014年 02月 16日

恩師のヤマちゃん先生に誘われて、近鉄主催の「酒蔵みてあるき」というイベントに参加してきた。ほぼ毎週末に行われているイベントの一つで、この日は近鉄・五位堂駅から8キロほどの道のりを歩いて「長龍」の蔵をまわる行程。

inazumaはあいにく仕事だったので、rinと二人で参加することにした。

大阪では土曜の朝にはほとんどの雪が解けていたが、奈良は降雪量が相当多かったようで、コースは雪国の様相を呈していた。

c0193648_11124941.jpg

これは真美が丘という住宅街のあたりだが、シャーベット状の雪が水たまりになっていて歩くのに難儀した。rinの靴も長距離を歩くのには長靴より履きなれた靴のほうがよかろうと普通の運動靴を履かせたのだが、大失敗。途中でスノトレを買う羽目になって散財…。

c0193648_11153447.jpg


コース途中の竹取公園。

広大な敷地で、1日遊べそうな良い公園であった。こんど天気の良い日に家族で遊びに行ってみよう。
ただし、この日はスキー場のよう。
弁当をここで食べたのだが、寒かったね…。

なんやかんやで長龍に到着。

c0193648_1118060.jpg


ここでrinが大活躍!

参加賞の抽選会があって、3人分のガラガラをまわしたところ、2等と4等をゲット!
商品は樽酒とぐいのみ。
もともとクジ運のあまりよくない子なのだが、自分のものではないときには力を発揮するタイプか。周りに幸せを振りまく子ということにしておこう(笑)。

帰りは箸尾駅から王寺経由で、軽く反省会を行ったのちJRで帰ってきた。

足元の悪い中、一言も文句を言わずに頑張って歩いたrinは偉かった、と大げさに褒めておいた(笑)。
ヤマちゃん先生にも大変お世話になった。ありがとうございました♪

by ina-elise | 2014-02-16 11:26 | | Trackback | Comments(3)

気になる   

2014年 02月 04日

健康ネタを続けるつもりはないのだが…。

ただいま職場まで徒歩で通勤している。といっても今日で二日目、しかもずっと続ける気は初めからない。
この時期は、授業という名の肉体労働が激減する時期であるので、少しでも運動不足を補おうという思いつき。他にもいくつか理由があるのだけど、面倒だからここには書かない。

マップの距離測定機能を使って職場までのルートを確認すると、合計距離7.46km、徒歩換算時間1時間52分と出た。オイラはジャスト90分で歩いているからペースとしてはまあまあか。どうせ歩くならチンタラ歩いても意味がない、というかいちおう仕事場へ向かうのが目的なので時間がないから、心拍数が若干上がる程度にはシャキシャキと速めのピッチで歩いている。
立春なのに全国的に真冬の寒さだった本日であるが、職場に着いたころには軽く汗ばんでいた。

往復だから15㎞ほどを3時間あまりかけて歩いたことになる。忙しいときにはとてもじゃないが、2月限定ということで…。

歩きだとふだんは立ち入らないような路地でも構わずに踏み込んでいけるのが楽しい。こんな所にこんな店があったのね、などと思わぬ発見をするものだ。

そこでちょっと気になる看板を発見。

c0193648_2318222.jpg


会社の名前も変わっているといえば変わっているのだが…。

「信仰」の「仰」の字が気になる…。
真ん中の払いというのかな、ヒゲは要らないのよね。仕事柄、こういうのはヒジョーに気になる…。

さて、なんと読ますのだろう?
やっぱり「シンコウ」か!?

看板の場合は、文字でもデザインみたいなもんだから、業者は注文どおりにどんな字でも作るのだろうけど、誰か気づいて何かいう人はおらんかったのかいな?
それとも、深~い意味があるのかしら?

激しく気になる!

場所は緑橋の交差点から北東方面に少し入ったところです。

by ina-elise | 2014-02-04 23:24 | ジャンク | Trackback | Comments(0)

駆ける春るるる   

2014年 02月 03日

年末年始は食いすぎた。でもって呑みすぎた。トシもトシだし、健康に気遣って節制を…
てなわけでもないのだが、inazumaにそそのかされて「ファミリージョギング大会」なんてものに出てみた。

大阪城の外周コースを一周(3.8km)。

c0193648_22412583.jpg


タイムはアレだよ、5歳児のペースに合わせてのものだから…(笑)。

それにしてもrinはとてもよく頑張った。走っているあいだ、ほとんど歩かなかったからね。いままでに2回、ほぼ同じコースを練習したのだけど、そのときは少し歩いてしまったのだった。でも本番は歩かなかった!
「しんどいの谷間」を乗り越えれば苦しさが減るということを学習したようだ。
なんにせよ家族で一緒に走るというのは楽しいものだ。うかうかしてるとrinに負ける日が案外早く来るかもね。


気軽な大会ではあるけど、エントリーは750名を越えていたとか。世はランニングブームですな。
走るといえば、このところはタイヤのついてるものばかりだったけど、自分の足で走るってのも少しは気持ちのいいものだ。

inazumaは春先に10㎞のレースにエントリーしているらしい。
昨夜、湯舟に浸かりながら足をマッサージしていて、あまりにしょぼくれてしまった自分の足に愕然とした。オイラも10㎞ぐらいは走れるようになろうと思ったとか思わなかったとか…(笑)。

将来の目標は家族そろって石垣島マラソン出場!ってか!?(自爆)

by ina-elise | 2014-02-03 23:03 | 家族 | Trackback | Comments(4)