今年も一年頑張りました   

2017年 12月 24日

昨日のことになるが、本年の締めくくりレースとして長居公園で行われた長居ハーフマラソンに出走してきた。
実は、奈良マラソンでメタメタにやられて、体が疲れたというより心が疲れていて2週間まったく走っていなかった。3日前に時間ができたので、走ろうかなとも思ったのだが、結局走らず…。
一抹の不安があったものの、2週間ほどで急に走れなくなるわけでもなかろうし…。

というわけで、レース。

この日は、序盤から5分台前半で突っ込んでみることにした。たとえ練習不足であっても、気持ちはつねにサブ4。
長居公園の周回路を7周半するレースで、序盤は混雑のため自分のペースで走れなかったが、2周目からは落ち着いてきた。3周目あたりからはペースの同じ人を見つけて、ついたりつかれたり。駆け引きというわけではないが、他のランナーと競争することで、自分のペースも上げることができるのは、普段の練習ではできないことだ。

結果的にはハーフまでの距離なら、5分フラットから5分10秒ぐらいのペースで走れる力はついてきたようだ。あとは、このペースをフルの距離まで維持できる走力を鍛えることができるかどうかということだな。




c0193648_22413814.jpg


グロスタイムでは1時間50台だが、手元の時計では1時間49分55秒だった。最後の200mほどのあがきがなかったら、50分は切れていなかったはず。こういう踏ん張りが大事だと自分では思っている。少なくとも、15㎞前後から抜きつ抜かれつしていたライバル5人ほどの全員に勝った。今夜の「陸王」ラストの茂木選手みたいなもんだな…(笑)。

冗談はさておき、苦しいときに追い込む力と根性を養うことがサブ4につながるはずだ。
ハーフを1時間40分台でコンスタントに走れる力を身につけることが当面の目標ということになるかな。



[PR]

# by ina-elise | 2017-12-24 23:10 | ランニング | Trackback | Comments(0)

がらくた   

2017年 12月 18日

昨夜の大阪ドーム公演に行ってきた。
なんと座席はアリーナBブロック! かな~り前で桑田の姿を見ることができたよ。

やっぱり桑田のライヴはいいねえ。
昭和の香が漂うステージであった。ついでに観客も昭和臭が満載…(笑)。観客の平均年齢は50を超えてたんでないかい!?
もう、そういうアーティストになってきたということだな。

でも、ホントに心の底から楽しめる3時間あまりだった。

c0193648_21535090.jpg
なんと、今年は大晦日の年越しライヴに横浜まで出かけるのだ。毎年応募はしているけど、初めて当たった。今年は良い年越しになりそうだ。


[PR]

# by ina-elise | 2017-12-18 22:02 | アミューズメント | Trackback | Comments(0)

神戸の次は奈良   

2017年 12月 10日

神戸から中3週で奈良マラソン。実力的にはギリギリの範囲内だが、まあなんとかなるでしょうと…。
c0193648_09472461.jpg
例によって「いなぞう」ゼッケン。デザインからしてこちらが前だと思い込んでいたら、実は後ろ前だった…(笑)。
気づいたのがスタートして5㎞付近。なんか周りの人たちと違うなあと思って、シャツの首元をめくると「L」ってタグがついてた…(爆)。
その場で着替えて背中にゼッケンを背負おうかなとも思ったのだが、せっかくの名前入りゼッケンなので、恥ずかしいけどそのまま走ることにした。たぶんシャツの後ろ前なんて誰も気にしてないからね。気づく人がいるとしたら、同じペースで走り続けているランナーぐらいだろうし…。

というわけでレーススタート。

いちおう神戸で4時間15分を達成している以上、目標はサブ4。奈良はコースが厳しいことで知られるが、いまの感じなら行けるような気がしていた。入りの5㎞は混雑の中の走りで、29分。これは想定通りで、軽くウォーミングアップのつもり。このあとは順調に27分台のラップを刻む。25㎞までは完璧なサブ4ペースだ。

ったのだが…

天理教の教会本部でぜんざいをいただいたあたりから非常に体が重い。ハンガーノックというわけではないと思うのだが、エネルギー切れなのか、気持ちがポジティブな方向へ向かわない。要するに前半で実力以上に飛ばしすぎたということなのだろう。
そんな状態で30㎞手前の激坂を迎える。そら、あかんわな。この坂を歩いたら値打ちがないと自分に言い聞かせて、めちゃくちゃ遅いペースながら、なんとか走りきったが、そこで完全に足が終わっていた。

そこからの10㎞あまりは、ただの苦行でしかなかった。
ふくらはぎだけではなく、太ももやら脇腹まで、今まで経験のない部位まで痙攣し始める。三度目のフルマラソンで、初めてコース上を歩いたよ。給水で立ち止まることはあっても、コース上を歩かないというのが唯一の自慢だっのに…。

最後は残りの距離を数えて、ただただ終わりを待つ感じで、全然楽しくなかった。そんな中で、名前を呼んで励ましてくれた方々には感謝だ。後ろ前を気にせず、前にゼッケンをつけておいて良かったよ…(笑)。

ゴール付近で、3時間ちょいのタイムで早々にゴールした同僚と、応援に来てくれていた同僚の二人に励まされるものの余力はまったくなく、愛想をふりまく余裕もなかった。

ただ、そんな状態でもネットタイムで4時間26分26秒だったのは収穫か。
こうやって、サブ4.5で走り続けていれば、コンディション次第ではサブ4を達成できる日も来るのかな。少なくとも前半のペースを維持できなかったということは、現時点ではサブ4の実力はないということだ。それだけは、よ~く分かったよ。
とりあえずサブ4達成したかったら、筋トレやれっちゅうことやね…。

c0193648_09464771.jpg
このフィニッシャータオルは、今までもらったものの中で、質感もデザインも最も優れているんでないかな。
はてさて、来年のリベンジはあるのかなあ…。



[PR]

# by ina-elise | 2017-12-10 17:17 | ランニング | Trackback | Comments(2)

サブ3達成!   

2017年 12月 05日

先日の日曜日、仕事仲間とリレーマラソンに出場してきた。実は、職場でリレーマラソン部を立ち上げたのだ。監督はなぜだかワタクシ…。

で、鶴見緑地公園でおこなわれた「OSAKA シティランニングフェスタ2017」というのに出場したのである。今回は7名の参加。若くて走力のある人がいるので、我々のチームは、そこそこ速いのだ。今回のフルのリレー部門は61チームの参加。なんとか一桁順位を狙ったのだが…。

大会の雰囲気が緩いわりには、本気モードのチームが多く、10位前後まではポジションを上げるものの、そこから上にはなかなか食い込めない。8位あたりまで上げては、抜かされる、という展開を繰り返して結局10位でフィニッシュ。
でも、みんながそれぞれに力を出し切ったおかげで、タイムはなんと2時間59分54秒。見事サブ3達成だ。
c0193648_22172350.jpg
1.6kmあまりの周回コースでたすきをつないで26周。
自分の場合は、7分前後が限界のタイムだった。これぐらいの距離を全力で走るのってキツイんだよね。来週の奈良マラソンに向けて、いいスピード練習になった。
この勢いを借りて、奈良でサブ4達成、といきたいところだが、はてさてどうなりますやら…。



[PR]

# by ina-elise | 2017-12-05 22:25 | ランニング | Trackback | Comments(0)

調整   

2017年 11月 27日

すっかりマラソンブログになり果ててしまった感のある今日このごろ、みなさまいかがお過ごしでしょうか?
先週の神戸マラソンで4時間15分まで来た以上、次の目標はもちろんサブ4。「サブ4を目指してます」と言っても、はったりにはならないレベルには達したということだ。

今は暇があれば、4時間を切るにはどうすればいいかを考えている(笑)。
現時点で可能なラインで、サブ4のためのプランは…

「1㎞5分40秒のラップを刻み続ける」

これでイーブンペースで走れば、5㎞で28分20秒。10㎞で56分40秒。ざっくり57分と考えて、40㎞で228分。残りを12分で走れれば、サブ4だ。

もちろん、コース状況やコンディションによって、機械のように同じラップを刻み続けることはできないが、目安にはなるし、このペースなら今の自分にも不可能ではないような気がする。

というわけで、イメージトレーニングも兼ねて、「ランニング・ハイ!2017 in ばんぱく」というイベントのハーフマラソンの部に参加してきた。フルマラソンのダメージは解消していたし、2週間後の奈良マラソンに向けてちょうどよい調整になるはずだ。

参加者はそれほど多くなかったが、真面目なランナーばかりで、練習には好都合の大会だった。

もちろん、入りのペースは5分40秒…

のはずだったのだが、周りに刺激されて、5分10秒前後…(笑)。
想定より1㎞で30秒近く速いが、ハーフだからこのまま行けるかもと考えて、そのペースを維持することにした。自分としては最後まで走りきれるギリギリのペースだ。

結局、最後の2㎞ほどは、5分30秒近くまでペースが落ちたが、なんとかゴール。
1時間47分11秒はハーフの自己ベスト更新だ。
c0193648_22092912.jpg
このまま単純に×2だと、3時間30分台だが、それは無理。でも、20分あまりの余裕があることを考えれば、4時間切りも不可能ではないという気がしてきた。いずれにしても近い将来に達成できるのではないかと思う。

奈良はコースが厳しいことで定評があるので、難しいかもしれないが、早ければ来年2月の紀州口熊野かな…。
このトシになって、人生に目標が出来るのって悪くないんでないかい!?




[PR]

# by ina-elise | 2017-11-27 22:28 | ランニング | Trackback | Comments(0)