人気ブログランキング |

タグ:子育て ( 45 ) タグの人気記事   

発見   

2011年 02月 28日

あいかわらす親バカ街道驀進中のいなぞうでございます。


トイレは順調にこなし、いまのところオネショもせずに、なかなか優秀なrinなのですが、もちろん一人でトイレに行って帰ってくることまでは出来ません。自己申告を受けたのち、トイレに連れて行き、アヒルちゃんの子供用便座を設置して…という手順を手伝ってやらねばなりません。

で、ウンチの場合、以前は個室で一人になりたがったのですが、最近は「全部出たら教えてな」と言って立ち去ろうとすると「おっとって♪」と可愛らしい声で懇願するのです。これを振り切ってリビングでテレビを見ることの出来る親が居たら鬼ですね(爆)。

もちろん排泄の一部始終に付き合う羽目になります。

子を持つ親なら分かっていただけると思いますが、子どもがウンチを気張っているときの顔って、なんとも言えずカワユイのです。
rinは何をしてもカワユイですが、ウンチを気張っているときのカワユサは世界選抜クラスです(爆)。

傍に居てもすることがないので、その可愛い顔をしげしげと眺めているわけです。

で、ふと、この可愛さはどこかで見たことがあるなと…。


記憶を手繰り寄せること数分。ビンゴしました。
そう、綾瀬はるかに似ているのです(爆)。

これはウソでもジョーダンでもなくホントに似ているのです。
綾瀬はるかって困り顔の美人ですよね。あの雰囲気がrinの気張っている顔と瓜二つ(笑)。

2歳男児であそこまで綾瀬はるかに似ているのはrinぐらい…(もうエエか)。


いなぞうのちょっとした発見なのでありました。



c0193648_0143156.jpg


こんな画像をアップしてアクセス数を増やそうなんて、まったく考えてません。
検索したなかで、これがrinの気張り顔にいちばん似ていただけです(笑)。

by ina-elise | 2011-02-28 00:19 | ジュニア | Trackback | Comments(10)

危ないよ、気を付けてね…   

2011年 02月 25日

久しぶりの自転車ネタ。といっても、いなぞうが乗っていたのではなく……。


家の近くを歩いていると、向こうから二人乗りの自転車が…。
後ろの荷台に女性が横座りした男女。ま、大人のすることゆえ、二人乗りぐらいで目くじら立てるつもりはありません。

ところが、横を通りすぎる時に乗っている女性をチラッと見て驚きました。
なんと!? 妊婦さん!

ほんの一瞬だったのでよく分かりませんが、結構お腹は大きくなっていたから八か月ぐらいでしょうか。大事そうにお腹を手で押さえていたので、間違いなく妊婦さんです。
撫でさするようにお腹に手を添えるのは、妊娠した女性が本能的にする仕草なのでしょうね。その仕草とやってること(自転車二人乗り)のギャップの大きさに驚いてしまったわけです。


万が一ってことを考えないのでしょうかねえ…。
転倒しないまでも、なにかの拍子に急制動とか、バランスを崩して後ろに乗っている人間だけが飛び降りないといけなくなる、なんてことは万が一どころか「結構よくあること」のように思いますが…。


いなぞうは子どもを自転車の荷台に載せて荷物扱いすることを認めず、inazumaに不満を言われてます。でも、「不便や…」と不平を言いながらも強行しないのは、こちらが考えていることが伝わっているからだろうと思っています。
世の中のお母さんがたから大バッシングを受けるかもしれませんが、目先の便利さとリスクとのバランスを考えたら、子どもを載せた二人乗りやましてや三人乗りなんて、恐ろしくてできません。


街なか(とくに都会)は、以前と比べて色んな意味でずいぶんとリスキーになっていってるのに、リスクに対する感覚の鈍感な人が増えていってるような気がします。

あまり鈍感な人ばかりになると、どこかでヘンな規制がかかって、かえって住みにくい世の中になるんだけどなあ…。
みんなで作ろう住みよい社会!

書き始めの趣旨と全然違う結論だな…(笑

by ina-elise | 2011-02-25 06:48 | 自転車 | Trackback | Comments(6)

成長してるのか!?   

2011年 02月 19日

c0193648_15263462.jpg


今日は保育園の生活発表会。
一年間の保育園生活の成果を披露してくれるらしい。

事前に何をするのかをrinに聞いても、「教えな~い♪」と、もったいをつけられていたので、どんな発表なのかはホントに知らないままに行くことになりました。


ゼロ歳児のひよこ組の演技が終わると、rinたちのうさぎ組の登場です。
「かもめの水兵さん」を歌いながら踊るというものでしたが…


rinは直立不動…(笑)。

口は動いているので、歌は唄っているようでしたが、隣のメグちゃんがニコニコと全身ノリノリで踊っているのに、rinはピシッと直立不動。

緊張しているのか!?

思わず「オマエは東海林太郎かっ!?」と…。
このツッコミも、いなぞう夫婦には分かっても、周りのお母さんたちには分からないだろうなあ…(爆)。


帰り道で直立不動の件を尋ねると、なんやかやと説明をしておりました。
言い訳だけは一人前のようでございます。

by ina-elise | 2011-02-19 15:24 | ジュニア | Trackback | Comments(0)

においフェチ   

2010年 12月 26日

相変わらずの親バカですが、rinは日に日に成長しております。最近はほとんど対等に話が出来るようになってきたので、ホントに面白い。
「ふん、ふん♪」と聞いてやると、いくらでもしゃべり続けます。しまいにネタがなくなって、口から出任せに適当なことをしゃべりだすのがタマにキズですが、それもご愛嬌ということで…。

とにかく周りの大人のやってることや言ってることをよく見聞きしています。だから不用意なことは言えなくなってきました。
このあいだもスーパーの駐車場で、何度も切り返しをする下手くそドライバーに進路を塞がれていたときに、いなぞうより一呼吸早く、
「なにしとんねん!? コイツ!」とrinがつぶやいておりました(爆)。

はてさて、どんな大人になりますやら。


でもって今のお気に入りは匂いを嗅ぐこと。

街を歩いていても「パンのいい匂いやなあ♪」とか、
「これ何の匂い?」などと話しかけてきます。

家でワインを開けると、必ず「いい匂いする!」(匂いを嗅ぎたいという意味のrin語)と言って、コルクの匂いを嗅ぎにきます。いなぞうが無意識にやってるのを見て、真似してるのだと思いますが、コルクに鼻を近づけて真剣な表情を浮かべているのを見るのは微笑ましいものです。

それともう一つのお約束はコーヒー。
我が家は手動のミルで豆を挽くのですが、最近は「ガリガリしたい!」と言って、豆を挽くところから手伝ってくれます。力の入れ加減など意外と難しいのですが、ずいぶんと上手になってきました。
で、ドリッパーに挽いた豆をセットすると「いい匂いする!」と…。

これまた鼻息荒く匂いを嗅いでおります。

将来はソムリエか、はたまたバリスタか!?


ま、どっちでもいいけど…。
出来ればコーヒーも語れるソムリエとか、ワインも語れるバリスタとかがいいですね(笑)。


今のいなぞうのささやかな夢は、豆を挽くところからrinが全部一人で淹れた美味しいコーヒーを飲むことです。
まだあと10年ぐらいかかるかなあ。でも、きっと美味いだろうなあ…。







飲んだら泣くかもしれん…(爆

by ina-elise | 2010-12-26 23:51 | ジュニア | Trackback | Comments(6)

ゲージツ   

2010年 11月 29日

先週の土曜日のお話。
rinの通う保育所の作品展なるものがありました。日々の活動報告の一環として、図画工作を見せてくれるという有り難いイベント。もちろん、父ちゃんはカメラ持参で見に行くのです。


ところが、前日は仕事仲間との呑み会。
それも酒豪の遊び人で知られる猛者たちが相手。息子の作品展があるから中座などということが許されるわけもなく…(はじめからそんなつもりもないけど…笑)。

仕事を終えた9時すぎから始まって、気がついたら知らない店でヒゲの濃くなりはじめた、おネェさんと盛り上がってました。
えびぞうは可愛そうな目に遭ったらしいけど、いなぞうは大丈夫でした(笑)。

店を出たのは8時前、8時半には帰宅しシャワーをササッと浴びて、いざ出発!

c0193648_442439.jpg


青空が眩しい…。
でも父ちゃんは頑張るのだ!(爆)。


中に入ると、子どもたちの力作がズラリと…。

c0193648_4442067.jpg


rin作「秋」

本人が関わったのは指ペッタンぐらいだと思われます。

c0193648_4455235.jpg


rin作「ロボット」

どちらも先生の苦労と工夫のあとが忍ばれます(笑)。
本人は「上手に作ってるなあ♪」と言われて鼻高々でした。


先生がサービスでアレコレ声を掛けて説明してくれるのだけど、酒臭いのを悟られないように息を吸い続けながら頷いていたら気を失いそうになりました(爆)。

by ina-elise | 2010-11-29 04:53 | ジュニア | Trackback | Comments(2)

秋晴れ♪   

2010年 10月 04日

土曜日のことになりますが、rinの保育所の運動会でした(といってもrinが保育所を所有しているわけではありません、念のため…って、どっかで見たネタだな。完全なパクリ…自爆)。

予報では曇りでしたが、さすがは晴れ男親子、すがすがしい青空が広がっていました。ていうか、10月なのに暑い!

c0193648_0511517.jpg



まだrinは1歳児クラス(半数以上の子どもが2歳になっていますが…)なので、運動会といってもほとんどゴマメ扱いです。まぁ仕方がないといえば仕方がない。

それでも1ヵ月ほど掛けて入念に練習した踊りを披露してくれました。「スーパーワン」というNHKの番組に出てくるヒーローなのだそうですが、親は全く興味がないので、どんなキャラクターなのかは知りません(笑)。

とにかく園児全員が「スーパーワン」に扮してダンスをしたあと、怪獣と闘うというストーリー。
親からすれば一生懸命に演技をしている子どもの姿が見られれば十分なので、ネタなどはどうでもいいのです。

しかも保護者参加型で、inazumaは中に入っているから父ちゃんは大忙し。
首からデジイチをぶら下げ、右手にはホームビデオ、おまけに母ちゃんのためにコンデジをオケツのポケットに入れて、まさに三所責めの大活躍(爆)。

動画も撮れる一眼レフなんか無駄な機能だと思っていましたが、こういう時には便利かも? と思ってしまいました。


演目はこれ一つだけだから終わってしまえば撤収。
10時すぎには帰り支度をしておりました。このあたりは楽といえば楽ですね。


ヒマだったから来年のために上のクラスの子どもたちのカケッコの流し撮りなども試してみました。
走っているスピードが遅いので、カメラを振るスピードがなかなか合いません。
何枚か練習するうちに、それなりのも撮れるようになりましたが、シャッタースピードはもっと落としたほうが良さそうです。てことは練習しといて良かったってことですね。
来年はバッチリ臨場感&躍動感のあるカケッコ写真を撮ってやろうっと♪

by ina-elise | 2010-10-04 01:20 | ジュニア | Trackback | Comments(4)

子鉄!?   

2010年 09月 27日

目が覚めると抜けるような青空。乾いた空気が気持ちいい。
幸い仕事もないし、こんな日曜日は出かけねばなりますまい。ただしコブつき…。

いなぞうは休日なんだけど、inazumaはあいにく夕方まで仕事なのです。てことはrinの面倒を一人で見てやらなければなりません。時間が長いので中途半端なことでは時間を持て余しそうで、ここは父ちゃん力が試される局面です。

そこで起き抜けにrinに聞いてみました。

「エリーゼで気持ちよ~くドライブするのと、大阪駅に電車を見に行くのと、どっちがいい?」

rinはニッコリ微笑んでひと言「電車見に行く♪」と…。

鉄ちゃんに育てた覚えはないんだけど、rinはクルマより電車が好きみたい。英才教育のつもりで三ヶ月の頃からTipoを手の届くところに置いていたのが裏目に出たか!?(爆)。


というわけで大阪駅まで行って来ました。

着いてしばらくは人の多さと騒音の五月蝿さに戸惑っていたようですが、慣れてくるにしたがって図鑑で見かけた電車を見てはウキャウキャとはしゃいでおりました。

いなぞう自身も知らなかったのだけど、「タンゴエクスプローラー」とか「スーパーはくと」なんかも大阪駅で見られるのですね。

rinの場合は関空快速や丹波路快速でも喜んでいるので、なんでもいいんだけど…(笑)。
でも、2歳で近畿圏の快速を全車種見きわめるというのは、それはそれでスゴイと思うのですが…。


c0193648_013151.jpg


本日いちばんのお目当てはコレ。
トワイライトエクスプレスです。
最後尾から先頭まで歩いて見学しました。というか、発車の時刻に間に合いそうになかったので、途中から抱っこ&ダッシュ…(笑)。

一度は乗ってみたい電車ですねえ…。
フェリー並の金額でクルマを積めれば、迷わずコレで北海道まで行くんでけどなあ…。


c0193648_019271.jpg


rinも大喜びでした。

歩き回りのはしゃぎまわりで疲れたのでしょうね。晩飯食って、風呂に入ったらコロリンと寝てくれたので、久しぶりにF1をゆっくり見れました。
いなぞう的には面白いレースでした。

by ina-elise | 2010-09-27 00:27 | ジュニア | Trackback | Comments(6)

負うた子に…   

2010年 09月 25日

このところrinの会話能力が飛躍的に成長しており、普通に会話できるようになってきました。電話でもこっちから話を振ってやると、キチンと言葉を返してきますから大したものです。そのぶん屁理屈もこねだしていてムカつくことも多々ありますが…(笑)。

最近は相手の急所を突くという技まで覚えたみたいです。

外から帰ってきて、いつまでたっても手を洗おうとしないので
「あ~あ、可愛そうに…。手を洗わへん子はオヤツも食べられへんなあ…」
と言うと

ニヤリと横目でこちらを見て
「父ちゃん、スピード出しすぎるからパトカーに捕まんで。第二京阪で…」

と返してきやがりました。

一瞬、絶句する父…。
「第二京阪で…」とわざわざ付け加えるところがニクイというかムカつくというか…(笑)。


そんなこんなで親子の会話を楽しんでおりますが、大人を小馬鹿にするようなクソ生意気なクソガキにはなって欲しくないので、そろそろケジメというものもビシッと教えんとイカンなあ、と考えつつある今日このごろなのでした。


ところで、話は変わって速報。
ル・パルナスさんのヤードに我がC3ピカソが到着した模様。
来月中には納車されそうです。

ピカソが来た頃には免許がない…
てなことにならないようにrinの教えを守って安全運転で参りたいと思います。

by ina-elise | 2010-09-25 02:42 | ジュニア | Trackback | Comments(6)

じぇり~!   

2010年 07月 08日

このところ、我がままというか、駄々っ子ぶりがはげしくなってきているrinなのでございます。

自我の芽生えと好意的に受け取る向きもありはしますが、日々接している親の身ともなれば、「エエかげんにさらせよ、コラッ!」とパチキの一つも入れてやりたくもなるというものです(笑)。
いまのところ鉄拳制裁を下したことはありませんが、ただただ甘やかすというのもどうかなあ、と思い始めた今日このごろ…。


で、昨夜のことでしたか、風呂入れはinazumaに任せて、上がってからの身の周りの世話をしていたのです。いつもどおり聞き分けよくニコニコと…。

風呂から上がって寝るまでの一時間ほどは、まったりと過ごせる親子の大切な時間でもあるわけで、出来る限りいろいろと遊んでやってます。

この日も軽く遊んで、茶を飲ませようとすると、ほんのひと口しか飲まない。
「もっと飲んでエエで」と声をかけると、
ニヤッと笑いながらコップを置いて、ひとこと
「ゼリー食べる」と…。

そういえばina母の実家がある愛媛の親戚から大量の伊予柑ゼリーが送られてきたところだったのです。
ホントよく覚えているな、コイツ…。

で、「寝る前にゼリーなんか食べませ~ん♪」
と返してやりました。
ま、このあたりまではよくあるやりとり。

それでもゼリー、ゼリーとうるさいので、
「ああ、分かった分かった、言うこと聞かへんヤツは、とっとと寝なさい、ゼリーなんか食べへんといったら食べへん!」とキツク言い切って、rinを寝室へ運び込み襖をバタバタと閉めてやりました。

もちろん暗い部屋で泣きじゃくっていますが、しばらく放置すれば泣き寝入りするだろうという計算だったのです。ところが10分以上経っても泣き止む気配がありません。
そうこうするうちにinazumaが風呂から上がってきて「どうしたん?」と。

かくかくしかじかと事情を話すと、母子で会話をしだしました。
「なんで泣いてんの?」
「父ちゃんに怒られた」

(おお、ちゃんと事情は理解できとるやないか)

「なんで怒られたん?」
「ゼリー…」

ここで、ハタと思い出したのでしょう、ここから「ゼリー、ゼリー」の連呼が始まりました。
「ゼリー食べたい! ゼリー食べる! ゼリー、ジェリー、じゅぇり~!!!」

あまりの執念深さが逆に面白くなってきて、思わず「樹木希林かっ!」とツッコミを入れてしまいました(30代以下には分からんツッコミだろうな…笑)。inazumaが咄嗟に反応して親が二人して笑うものだから余計に泣きじゃくるrin。

かれこれ30分以上も「ゼリー」を連呼しながら泣きじゃくったでしょうか、激しく泣きすぎて発作を起こしそうな気配すら感じたので、胸にトントンと手を当てて、「分かったから、少し落ち着きなさい」と声を掛けてやると、ようやく泣き止みました。

自分でもよく分からんようになってたんでしょうかねぇ…。
あんなに泣き続けたのは初めてでした。

それにしても、これって我が強いってだけで済む話なのかな?
ふつう諦めて寝るやろ。
誰に似たんだ!? ったく!(爆


c0193648_1562736.jpg

by ina-elise | 2010-07-08 02:04 | ジュニア | Trackback | Comments(10)

シール欲   

2010年 06月 19日

連続で子育てネタです。

このところrinのトイレ成功率がずいぶん上がってきました。
まだまだオムツが取れるというところまではいきませんが、お兄ちゃんパンツと併用できるぐらいのところまではきているようです。

c0193648_9324017.jpg


inazumaが工夫をして、こんなものを用意した影響も大きいようです。
ウンチ成功のときは大きいシールを貼って良いことになってます(笑)。
シール貼り付け位置はバラバラで日付通りになってませんが、親も本人もあんまり気にしてません。

最近は朝の寝起きにトイレへ連れていくと、オムツは綺麗なままで、シャーッと溜まったオシッコを勢いよく放出なんてこともしばしばあります。

「すごいなぁ♪ 大人みたいやな」
と声をかけてやると
「大人みたい!」
と、はしゃいでおります。

本当の大人までには、まだまだ時間と苦労が山盛りあるんだけどね…。


トイレ・トレーニングはプレッシャーになってはイカンというのを、ものの本で読んだことがあります。
いまのところはrinも親も遊び半分のいい加減なスタイルがいい加減なのでしょう…。

by ina-elise | 2010-06-19 09:43 | ジュニア | Trackback | Comments(2)